« 貴方は二人の代議士の一人だけを悪と言えますか | トップページ | 民主党内転覆分子によるクーデターを許すな »

2010年1月31日 (日)

民主党利己主義者批判と『金利為替株価特報』

体調を崩し、十分に記事の更新をできないことをお詫び申し上げます。

民主党の前原誠司氏、岡田克也氏、野田佳彦氏、枝野幸男氏などが相次いで小沢一郎民主党幹事長を批判する発言を展開していることに対して不快感を拭えない。

これらの人物に共通するのは、「検察絶対主義」である。

日本の主権者は国民である。

検察が絶対者ではない。冤罪事件が相次いで明らかになっているように、検察は絶対の存在ではなく、取り返しのつかない重大犯罪を重ねてきたと言って過言でない。

政治資金規正法の運用には曖昧な部分が極めて多く存在する。運用次第ではほとんどすべての政治家が摘発されてもおかしくない規定が内包されている。

そもそも「罪刑法定主義」の大原則が満たされていないとの根本的問題が存在する。

その検察が強制捜査に動いたからといって、直ちに結論が示されるわけではない。

「法の下の平等」が損なわれていることも明白である。

「無罪推定原則」も近代民主主義国家においては、国家権力から人権を守るための大原則のひとつである。検察と御用メディアが一体化して展開される土石流のような無責任極まりない集中攻撃は「重大な人権侵害」そのものである。

他方で、懲役1年以下の罰則規定が設けられている重大犯罪である「国家公務員の守秘義務違反は野放し」にされている。

昨年の3.3事変の公判を見る限り、検察の行動の正当性は極めて希薄である。

小沢一郎民主党幹事長が記者会見などで積極的に説明責任を果たし、無実潔白を主張しているさなかに、党内から批判の声をあげるのは、この機に乗じて党内政治力学を変化させようとの、品性下劣なさもしい心情を際立たせるものでしかない。

民主党を中心とする政権樹立は、前原氏らの力によるものでない。政権交代を実現しようとした主権者である民衆の力によるものなのだ。その主権者の声を不正に党内力学における私的利益のために利用しようとする姿勢に憤りを感じる者が圧倒的に多いことを彼らは見落とすべきでない。

民主党が抱える最大の問題は、党内に悪徳ペンタゴンとつながる不正分子が無視できない規模で潜んでいることだ。この問題をクリアできなければ、日本政治刷新の大事業は実現し得ない。

1月29日に『金利・為替・株価特報』第101号を発行した。

1月23日付記事
「『金利・為替・株価特報』発行日変更のお知らせ」

に記述したように、第101号より『金利・為替・株価特報』の発行日を変更させていただいた。2月からは原則として毎月第2、第4金曜日の発行とさせていただく。

政治情勢も緊迫の度を強めているが、経済金融も再び動揺の傾向を示し始めている。『金利・為替・株価特報』第101号では、内外の政治経済金融問題についての分析、考察を示しているので、ぜひご高覧賜りたい。

人気ブログランキングへ

以下に第101号のタイトルおよび目次を掲載する。

タイトル「権力闘争が激化するも新政権勢力に粘り腰」

<目次>

1.  【政局】小沢一郎民主党幹事長事情聴取の背景

2.  【政治】沖縄県名護市長選で移設反対派候補が勝利

3.  【政策】デフレ予算を回避した鳩山政権の課題

4.  【経済】緩やかな回復が見込まれる世界経済

5.  【米国】忍び寄る経済再悪化リスク

6.  【為替】ユーロの下落傾向が鮮明に

7.  【株価】株価本格調整の時期

8.  【政策】成長戦略に求められる三つの課題

9.  【投資】投資戦略

なお、お申し込みはホームページ掲載のお申し込みフォーマットにご記入のうえ、

050-3444-9587

または

020-4623-8897

までFAX送信賜りますようお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 貴方は二人の代議士の一人だけを悪と言えますか | トップページ | 民主党内転覆分子によるクーデターを許すな »

スリーネーションズリサーチ株式会社」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/33195971

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党利己主義者批判と『金利為替株価特報』:

» 訂正しない夕刊フジ「郷原信郎氏に特捜部経験はない」意図的な捏造か [南華のブログ]
夕刊フジに掲載された、次の記事の中で、「郷原氏には特捜部経験はない」という部分は、明らかに誤報と思われますが、いまだに訂正がありません。 それとも、夕刊フジは、郷原氏が経歴を詐称している、とでも言うのでしょうか。 特捜OBニヤッ…小沢特需で引っ張りだこ、素顔&本音は?  2010/1/30 16:57  今回の事件では、河上、宗像、熊崎3氏とも「特捜部は証拠に基づいた適正な捜査を行っている」 「聞こえてくる情報では、特捜部は立件に向けて自信を持っている」といった立場。  ... [続きを読む]

» 4億円の記載問題は、マスコミの時限爆弾だったw [雑感]
 昨年の12月末に民主党小沢氏の資金管理団体・陸山会が4億円未記載との記事が流れた。自分はその時から違和感を覚えていた。 なぜなら過去に、陸山会の4億円の記載の話を聞いた(見た)という記憶があったからである。確かに見た記憶はあるのだが、何処で見たものなのか思い出せずにいた。 この4億円の疑惑というか記載問題に火をつけたのは「世田谷の土地の登記の日付が違うと報じた」読売が最初であった。その後形を変えて後追い記事を一斉にマスコミが書き始め、いつの間にか、未記載とされ虚偽記載とされている。 (朝日では)2... [続きを読む]

» マスメディアよ、今こそ立ち上がろう! [報恩感謝 ありがとうございます]
 先週注文を出しておいた、週刊朝日1月29日号が、ようやく手元に届いた。発注から配送されるまで、1週間余もかかるとは。  それだけ、読まれていたということだろうか?  それとも、発注先の[http://www.bookservice.jp/ ブックサービス]に手落ちがあったのか?  週刊朝日にこれまでの報道とは一線をかくした記事が書かれていると耳にして、注文したものであった。  [http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%B9%E6%A9%8..... [続きを読む]

» 検察と法務省に民意で圧力をかけましょう! [父さんの日記]
今回の「1.15事変」(検察の暴走クーデター)については、どうも検察・マスコミへの国民の抗議・苦情・要求の声がかなり増しているようである。ただ、このことを報道する記事に具体的数字がないのが残念ではあるが、メディアにこのような国民の声が載り、検察とマスコミへの抑止力が働き始めたとするならば、歓迎すべき事態であり、更にその波を大きなものとしたい。 今回はこのことに関連し、「保坂展人のどこどこ日記」「田中龍作ジャーナル」「かっちょ様からの投稿」を取り上げたい。目的はただ一つ、「共感してくださる一人も多くの... [続きを読む]

» 小沢ニクシ ・ スキー八日目 雪質向上 [木霊の宿る町]
前原誠司や渡部恒三ら反小沢の民主党議員が小沢にけじめをつけろという趣旨の発言をしたそうです。 日本の大衆の多くは、みのもんたを始めとするワイワイ騒ぐワイドショー的報道のシャワーで頭が洗われて、なんだかよく分からないけど小沢は悪い奴だ、けじめをつけさせろという大合唱がおきているのかな、そういう大合唱の流れに前原らは乗ろうとしているのかなと思って読みました。これまでも書いてきたようにおのまは小沢の手法、スタイルをあまり好まないのですが、さりとて無実から有罪を生じさせるようなことをして彼を引きずり落とした... [続きを読む]

» 特捜とマスコミの手の内 [雑感]
 「未記載」なのか「誤記載」なのか、それとも「虚偽記載」なのかマスコミの圧倒的なリーク情報で暈されてしまい今回の問題点が見えなくなってきたw 「収支報告書に記載をしなかった」という事が問題にされていると言うことをまずは、踏まえなければ話にもならない。 週末の朝生を始めとし日曜日の各テレビ局の報道番組と同時にtwitterではリアルタイムでマスコミ批判や検察批判が起きている。その量の多さに目を見張る思いである。 完全に「 切り取った情報を流す大手マスコミ 」と「記者会見に参加をしているフリージャーナリ... [続きを読む]

« 貴方は二人の代議士の一人だけを悪と言えますか | トップページ | 民主党内転覆分子によるクーデターを許すな »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ