« 「一・一五事変」の重大問題②推定無罪の無視 | トップページ | 鳩山総理「どうぞ闘ってください」は正論なり »

2010年1月18日 (月)

「一・一五事変」の重大問題③罪刑法定主義

 重大な問題が三つある。

①「公務員の守秘義務違反=国家公務員法違反」という犯罪容疑が放置されている可能性が高いこと

②「推定無罪」の大原則が無視されていること

③「法の下の平等」、「罪刑法定主義」の基本が損なわれていること

③「法の下の平等」、「罪刑法定主義」の基本が損なわれていること

について。

今回問題とされている、政治資金収支報告書への記載が事実と異なるとの事案は、重箱の隅をつつくたぐいのものでしかない。

 土地を購入する場合、手元資金が存在しても、手元流動性を確保するため、銀行融資を活用することはいくらでもある。融資実行が決済に間に合わず、手元資金などで一時的に資金を立て替えることもまったく不自然でない。

 納税等の関係で不動産登記の時期を多少ずらすこともまったく不自然でない。

 相殺される資金を政治資金収支報告書に省略して記載したとしても、悪質とはいえない。石川氏が「記載を省略した」と述べたことを、検察が、「虚偽記載を認めた」とか「犯意を認めた」などと勝手な解釈に代えてリークすることなど、日常茶飯事である。

 「南華のブログ」様が詳しく解説くださっているので、ぜひご高覧賜りたい。

 仮に水谷建設から献金があり、その記載が漏れていたとしても、そのこと自体は単なる「記載漏れ」であって、重大な事案でない。また、一方当事者の発言だけを不用意に信じることもできない。小沢幹事長の問題に関しては、小沢幹事長の元秘書で自民党公認候補として昨年の総選挙に立候補した高橋嘉信氏などが政治的思惑をもとに行動している可能性もあり、すべての情報に色が付いていることを十分に踏まえる必要がある。

人気ブログランキングへ

 この点を論じるのであれば、自民党議員の政治資金収支報告書における、これまでの記載漏れの事案に対する措置と十分に比較衡量する必要がある。

 仮に水谷建設から不動産購入の時期に入金があったとしても、そのお金ではなく別のお金を使って不動産を購入したと説明されれば、その説明を嘘だと立証することは極めて困難である。

 また、政党助成金が流用されているのではないかとの指摘をする人がいるが、この問題については、「雑感 日々思うこと」様1月8日付記事に、2005年2月2日の衆議院予算委員会での麻生太郎総務大臣(当時)の答弁を紹介してくださっているので、以下に転載する。

「麻生国務大臣 今の御質問ですが、基本的には、政党助成金というものは、いわゆる国民の信頼にもとることのないように適切に使用しなければならないということになっておりまして、いわゆる政党助成法第四条に細かく書いてありますのは、もう松岡先生御存じのとおりであります。

これは、基本的には、一般的に、政党は、政党交付金が国民から徴収された税金その他の貴重な財源で賄われるものであることに特に留意をし、その責任を自覚し、その組織及び運営については民主的かつ公正なものとするとともに、国民の信頼にもとることのないよう、政党交付金を適切に使用しなければならないと第四条第二項に明確に書いてあるところであります。

そこで、この政党助成法というのを読ませていただきますと、政党がいわゆる支出の相手方、金額等々というものは記載することになっておるんですが、政党助成法において求められておりますのは、政党から政党交付金による支出を受けた者までということになっておりまして、当該政党交付金による支出を受けた本人が受領した資金をどのようなものに用いたかについては、報告を求められないということになっていることになっております。(発言する者あり)それはどうなっておるかと。それは、ずっと政党の活動費として渡しておるわけでしょうから、そこのところで答弁がずっと続いてきておりますのは、御存じのとおりであります。」

自民党は政党交付金の使途について追及できないことを麻生太郎総務相(当時)が表明しているのだ。むしろ問題は官房機密費が総選挙のあとに消滅したことではないか。

政治資金を用いて不動産を購入したことがおかしいと発言する者が多いが、くだらぬことに貴重な浄財をばらまくより、不動産を取得し、有能な政治家を育成することの方がよほど優れている。不動産取得は「消費」ではなく、資金の「蓄蔵」である。資金価値を温存しつつ、政治家育成の場を確保することは極めて賢明な対応といえる。このことは、稿を改める。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 「一・一五事変」の重大問題②推定無罪の無視 | トップページ | 鳩山総理「どうぞ闘ってください」は正論なり »

小沢代表秘書不当逮捕(3)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「一・一五事変」の重大問題③罪刑法定主義:

» 長野県知事元公設秘書を自殺に追い込んだ東京地検特捜部の取調べに応じたら本当に命取りになる [南華のブログ]
 検察と徹底的に戦うことを宣言した小沢一郎氏に対し、検察の事情聴取に応じるべきだ、などというオコチャマ大臣やアホバカ議員が、民主党内にもいるようですが、とんでもない話です。  既に東京地検特捜部は、西松建設裏金問題の任意の取調べで自殺者まで出しており、歪んだ正義感や功名心に駆られた異常な集団であり、半日カルト暴力集団とも噂されています。    おそらく事情聴取に応じたら最後、証言を捏造してマスコミにリークしまくり、在宅起訴、幹事長辞任へと追い込み、小沢氏の政治生命を奪い、民主党政権を打倒し... [続きを読む]

» 多数のアクセスありがとうございます [南華のブログ]
日本一の経済学者=植草一秀先生のブログ「植草一秀の『知られざる真実』」を愛読しております。 この三日間で、何と八本もの記事をアップされ、いずれも素晴らしい内容なので、ここにそのタイトルを掲載させていただきます。 2010年1月18日 (月) 「一・一五事変」の重大問題?罪刑法定主義 「一・一五事変」の重大問題?推定無罪の無視 「一・一五事変」の重大問題?検察の重大犯罪 主権者国民レジスタンス戦線の勝利に向けて 2010年1月17日 (日) 3歩半遅れている竹中平蔵氏の経済... [続きを読む]

» 自民党は今更何を言ってもダメ。 八ッ場ダム上流、品木ダムに「ヒ素」大量含有隠し [ライジング・サン(甦る日本)]
検察の暴走が繰り広げられている現在、小沢氏に関する事以外に国民が見過ごしてはいけない新事実はわき上がってきた。 1月18日付けの「保坂展人氏のどこどこ日記」 によれば、八ッ場ダム上流にある品木ダムに大量の「ヒ素」が蓄積されていることがわかった。 それを国交省が... [続きを読む]

» 【政治定点観測】連日報道される小沢問題について [路上で世直し なんで屋【関西】]
こんにちわ、なんで屋です 本日は、各政治系有名ブロガーの定点観測をお伝えしたいと思います。 連日報道される「小沢問題」について挙げてみたいと思います。  ...... [続きを読む]

» 検察の暴走?!東京地検特捜部が通常国会直前に石川知裕衆議院議員を逮捕・・・そして今日から通常国会 [ボヘミアンな京都住まい]
今月13日に小沢幹事長の秘書だった大久保隆規被告の第2回公判があって、検察側の証人が検察の主張をひっくり返す証言をしましたが、その翌14日に小沢事務所や陸山会だけでなく大手ゼネコンの鹿島にまで一斉捜索、そして15日夜に小沢幹事長の元秘書の石川知裕議員を逮捕・・・杜撰な捜査とあまりの狼狽ぶり、そして裁判官・弁護士とともに法曹の一端を担う矜持はどこへやらで戦前の特高警察を思わせるような今回の石川議員の逮捕劇に呆れるやら怒りが湧きおこるやら。 ※以下、産経MSNニュースより... [続きを読む]

» 政治資金 不動産買い 秘書寮に 政治家育て(資金蓄蔵) 極めて賢明(まこと有意義) [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

« 「一・一五事変」の重大問題②推定無罪の無視 | トップページ | 鳩山総理「どうぞ闘ってください」は正論なり »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ