« 政治スキャンダルを政治闘争の断面と見る視点 | トップページ | ゴミ分別細分化とレジ袋撤廃運動の非合理性 »

2009年12月27日 (日)

政治の刷新なくして豊かな社会は実現しない

『金利・為替・株価特報』ご購読お申し込み受付のFAX番号を

050-3444-9587

に変更させていただいた。旧来の番号に送信下さっている方には大変ご面倒をおかけしておりますことをこの場を借りてお詫び申し上げます。

ご購読お申し込みを上記新FAX番号に送信下さいますようお願い申し上げます。

『金利・為替・株価特報』2009年12月25日号を発行させていただいた。2005年1月の創刊号から99回目の発行となり、2010年1月8日には第100号を刊行予定である。ご購読読者の皆様に心よりお礼申し上げたい。

本レポートは私が野村総研時代に発行していた『金利・為替・株価週報』、『金利為替株価旬報』をリニューアルして刊行を開始したものである。当初の『金利・為替・株価週報』の発刊は1990年である。2003年4月から2004年末までの休刊期間があるが、発行開始から20年の年月が経過したことが感慨深い。

1985年から2009年にかけての25年間における世界経済、政治、金融は、文字通り激動の連続であった。日本のバブル生成と崩壊、冷戦の終結、米国のS&L金融危機、湾岸紛争、細川政権の成立、消費税増税と大銀行倒産、ユーロ発足、ITバブルとその崩壊、9.11テロとイラク戦争、りそな銀行救済、オバマ政権発足、郵政私物化、日本の政権交代など、激動を象徴する歴史が刻まれてきた。

この間、日本の名目GDPは1995年から2009年まで、まったく増えなかった。15年間ゼロ成長が持続しているのだ。

物価は下落し、短期金利はゼロ、長期金利は2%という状況が持続している。1989年末に38,915円だった日経平均株価は2009年には7086円にまで下落した。いまも10,500円の水準にある。

日本経済のパイがまったく変わらないなかで、分配の構造が激変した。弱肉強食奨励の経済政策は、ほんの一握りの人々に法外な所得獲得を認める一方、大多数の国民の所得を減少させた。年収が200万円に満たない労働者が3分の1を占めるという新しい貧困問題を日本にもたらしたのである。

日本は世界第2位の経済大国の地位にありながら、極めて多数の国民が生活苦にあえいでいる。年間に自殺者が3万人を超す状況が10年以上も持続している。生活保障、年金、医療、介護の不足は極めて深刻である。また、ハンディキャップを背負った人々に対する施策もあまりにも貧困である。

社会の構造、経済の構造を変革するためには、まず政治が変わらなければならない。残念ながらこれまでの日本では、国民を幸福にする政治が行われてこなかった。特定勢力が政治を支配し、特定勢力の幸福が追求されてきたのだ。

『金利・為替・株価特報』では、こうした問題意識を念頭に置きながら、内外の政治、経済、金融の分析を示してきた。経済活動にとって、金利、為替、株価の変動は極めて重大である。

金融変動を洞察するには、単に経済動向を分析するだけでなく、経済に重大な影響を与える政策動向を考察しなければならない。政策決定はまさに政治過程である。

私の経済政策に関する研究ならびに政策提言は、現在の民主党、国民新党、社会民主党と軌を一にする部分が極めて大きかった。鳩山政権与党議員との個人的な関係が極めて深い。

こうした経緯から、『金利・為替・株価特報』が多数の与党国会議員の手元に届けられているのである。日本政治を主権者である国民の幸福を実現するための存在に変革するために、私も微力ながら力を注いで参りたいと考えている。

ブログでの情報発信もその一環であるが、レポートもこの目的実現のために生かされることを願っている。

人気ブログランキングへ

『金利・為替・株価特報』2009年12月25日号=099号

のタイトルは

「株価危機脱出も、拭いきれない景気リスク」

以下に目次を紹介する。

1.【新春展望】算命学から見る2009年

2.【政策】焦点の2010年度予算

3.【政治】政権交代と抵抗勢力

4.【株価】株価反発はいつまで続くか

5.【為替】ドル反発の持続力

6.【金利】長期金利は急上昇するか

7.【日本経済】停滞感続く日本経済

8.【世界経済】比重増す中国経済

9.【投資】投資戦略

日本政治刷新を希求する国民は、政権交代の目的を実現するために、鳩山政権をしっかりと支えてゆかねばならない。守旧派勢力=悪徳ペンタゴンは鳩山政権攻撃を激化させているが、原点に立ち返って現実を見つめ直す必要がある。

守旧派勢力=悪徳ペンタゴンの政治への逆戻りを許してしまえば、日本に未来はない。利権複合体による政治支配を根絶し、主権者国民による政治を確実に定着させなければならないのだ。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 政治スキャンダルを政治闘争の断面と見る視点 | トップページ | ゴミ分別細分化とレジ袋撤廃運動の非合理性 »

鳩山民主党の課題」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治の刷新なくして豊かな社会は実現しない:

» 郷原信郎氏の記者レク--大久保秘書やマスコミについて [ライジング・サン(甦る日本~世界へ)日はまた昇る]
郷原氏と言えば元検察官であり、総務省の顧問でもある。 あの3月3日に始まった検察、自公、CIAによる「小沢落とし」の謀略に、真っ向から、日本で唯一まともな意見を発している方だ。 マスゴミと検察について記者レクで重要な点を指摘しています。 検察側、自公側の人間にと... [続きを読む]

» マスコミに狙われ始めた小沢系議員 [Kirokuroの床屋政談日記]
本題の前に、ネットニュースサイト「阿修羅」で、私が以前ブログに書いた記事が引用されてるので、興味のある方はご覧になってください。民主党の小沢一郎幹事長の「天皇の政治利用」...... [続きを読む]

» 民主党の支持率が下がったこのドサクサに、こんなクソ野郎がいる。 [ひげログ人]
政治家の中には、こんなクソ野郎がいる。 「自民・山内参院議員が離党=改革クラブ入 [続きを読む]

» 【改訂】年次改革要望書 年次別一覧(1994-2008)~米国の内政干渉と植民地化の歴史 [父さんの日記]
年次改革要望書 年次別一覧(1994-2008) を改訂した。在日米国大使館が2009年版の年次改革要望書を公開してからの更新を考えていたが、本年は未だ公開されないため、最新版の公開を待たず新たに編集し直し改訂することにした。この年次改革要望書 年次別一覧(1994-2008)は、読まれる方の傾向として年次改革要望書を中心とした資料を一度にまとめて幾つも閲覧される方が多い。初版の構成は下記の通りとなっている。■年次改革要望書 ~米国による内政干渉の歴史~■報告書(米国の要望実現への進捗レポート)・フ... [続きを読む]

» 日本のマスコミが非常に歪んでるとは前から思ってたけど、偶然見つけた海外記事と比べての検証が非常に興味深い。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
日本のメディアによるレスリング男子選手のメダル投げ捨て表現について (2008.08.17) ※SOBA:下記写真以外動画の紹介などもあります。さらに詳しくは上記リンク先でお願いします。それにしても日本のマスコミは歪んでいると言うより以前に病んでいると言う方があってるかも知れません。それほどまでしてゆがんだ情報を与え洗脳してわれわれをどこに連れて行こうとしているのでしょうか。 ←選手がメダルを手放す寸前の写真。 SOBA:日本のメディアが「投げ捨てた」と表現したのとは様子が全く違っています。愛するレ... [続きを読む]

« 政治スキャンダルを政治闘争の断面と見る視点 | トップページ | ゴミ分別細分化とレジ袋撤廃運動の非合理性 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ