« 亀井金融相の財政政策主張に歴史的正当性あり | トップページ | ZAITEN1月号B.フルフォードの憂国対談 »

2009年12月10日 (木)

日本の警察・検察・裁判所制度の前近代性

旧日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)の粉飾決算事件で、旧証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)罪に問われた元会長窪田弘被告(78)など旧経営陣3名の上告審判決で、最高裁第二小法廷(古田佑紀裁判長)は12月7日、「審理が不十分」として3人を執行猶予付き有罪とした二審東京高裁判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。

予想通りの最高裁決定である。

私は本ブログに2008年7月19日、

「長銀事件逆転無罪判決の闇」

と題する記事を記述した。

以下にその全文を転載する。

「旧日本長期信用銀行の粉飾決算事件で、最高裁判所は7月18日、執行猶予付き有罪とした1、2審判決を破棄、元頭取ら3人に逆転無罪を言い渡した。

刑事事件で最高裁が逆転無罪判決を出すのは極めて異例である。

日本の三権分立はおとぎ話である。内閣総理大臣が三権を掌握し得るのが実態である。政治権力は司法、警察、検察に対しても支配力を及ぼすことが可能である。

今回の最高裁判決の真のターゲットはこの事件にはないはずだ。旧長銀と類似した事案で裁判が行われている「日債銀事件」が謎を解く鍵である。

「日債銀事件」では大蔵省OBで国税庁長官を務めた窪田弘氏が起訴され、1審、2審で執行猶予付き有罪判決が出されている。

大蔵省、財務省は、同省最高幹部を経て日債銀に天下りした窪田氏の有罪確定を回避することを最重要視してきた。

長銀事件が最高裁で逆転したことが、日債銀事件に影響する。

日債銀事件で同様の逆転無罪判決が出されるなら、ここに示した仮説が間違いでないことが判明すると考える。

日本の権力構造の闇は限りなく深い。」

私はこの記事に続いて2008年7月20日に

「長銀事件逆転無罪判決の闇(2)

と題する記事を掲載した。

 以下にその全文を再掲する。

「旧長銀粉飾決算事件における異例の最高裁逆転無罪判決の裏側に、財務省主軸「官僚主権構造」の闇が存在することは、確かであるように思われる。

旧日本長期信用銀行の粉飾決算事件で最高裁判所は7月18日、1、2審で執行猶予付き有罪判決を受けた元頭取ら3人に逆転無罪を言い渡した。この問題に関連する追記。

  担当裁判官の一人である、津野修最高裁判所判事の経歴は以下の通り。

1961 国家公務員採用上級試験合格

1961 司法試験合格

1962 京都大学法学部卒業

1962 大蔵省入省 

1967 板橋税務署長

1971 日本貿易振興会フランクフルト事務所駐在員

1978 内閣法制局参事官

1983 大蔵省主税局税制第三課長

1985 福岡財務支局長

1986 内閣法制局第三部長

1992 内閣法制局第一部長

1996 内閣法制次長

1999 内閣法制局長官

2003 弁護士登録(第一東京弁護士会所属)

2004 226- 最高裁判所判事

(出典 Wikipedia

津和野氏は正真正銘の元大蔵官僚である。

財務省(大蔵省)による内閣法制局支配は、「財務省(大蔵省)主軸官僚主権構造」を支える根幹のひとつである。

 今回の判決には財務省の意向が深く関わった可能性が高い。

判決の真の狙いは、「日債銀事件」の被告人の一人である、旧大蔵省最高幹部で国税庁長官を務めた窪田弘氏の無罪獲得にあると考えられる。 

日本は暗黒権力の下に統治されている。」

人気ブログランキングへ

このときに指摘した通りの展開になっている。

元財務省職員の高橋洋一氏は数十万円相当の金品を窃盗し、現行犯で捕捉されたにも関わらず、逮捕もされず起訴もされず、無罪放免になった。

防衛医大教授の強制わいせつ事件では、最高裁が事実誤認を理由に異例の逆転無罪判決を示した。

この事件の基本構造は、私が巻き込まれた痴漢冤罪事件とまったく同じものである。この点については、

2009年4月15日付記事

「痴漢冤罪事件に最高裁が逆転無罪判決を示した」

および、2009年4月16日付記事

「痴漢冤罪事件最高裁逆転無罪判決に関する補論」

に記述した。

 

名倉正博氏に無罪判決が示されたのは、同氏が防衛医大教授であることが強く影響したのだと考えられる。

 不審死が相次いだ問題で結婚詐欺容疑により逮捕されている埼玉県の無職女性の実名は木村佳苗氏であるが、マスメディアは木村氏に関しては実名報道を避けている。

 107人が死亡した2005年4月のJR宝塚線(福知山線)脱線事故で、神戸地検は12月4日、神戸第一検察審査会が業務上過失致死傷罪で「起訴相当」と議決したJR西日本の歴代社長3人を再び不起訴処分(嫌疑不十分)とした。

 政治資金規正法違反について、検察内部には1億円という立件に関する内規が存在したが、前民主党代表小沢一郎氏の公設第一秘書のケースでは、被疑事実が1億円をはるかに下回るにもかかわらず逮捕、起訴された。

 政治資金の問題では、賄賂性のある事案、裏献金などが「悪質性」が高いものとして立件の対象とされてきたはずであるが、小沢氏秘書の事案はいずれにも該当しない。

 自民党議員である二階俊博氏の秘書が政治資金規正法違反容疑でようやく略式起訴されたが、政権交代が実現していなければ恐らく立件されなかったであろう。

 つまり、日本の警察、検察、裁判所制度では、政治が絡むと正義も公正も「法の下の平等」も消えてなくなる現実が厳然と存在する。日本の警察・検察・裁判所制度の近代化が急務である。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 亀井金融相の財政政策主張に歴史的正当性あり | トップページ | ZAITEN1月号B.フルフォードの憂国対談 »

警察・検察・司法(2)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の警察・検察・裁判所制度の前近代性:

» 普天間飛行場移設問題 三連発 「日本の責任重い」北沢防衛相 [ひげログ人]
北沢俊美防衛相は、普天間基地移設問題の年内決着を先送りする日本政府の方針に関し「 [続きを読む]

» 『自民党の捜査潰しも......』押尾学事件 再逮捕の裏側にあった政権交代の影響『日刊サイゾー』 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください <日刊サイゾー総力特集!「押尾学事件」> http://www.cyzo.com/mt/mt-search.cgi?IncludeBlogs=1tag=%E6%8A%BC%E5%B0%BE%E5%AD%A6limit=7 「自民党の捜査潰しも......」押尾学事件 再逮捕の裏側にあった政権交代の影響[日刊サイゾー] http://www.cyzo.com/2009/12/post_3356.html 警察・検察当局... [続きを読む]

» グローバル化と監視警察国家への抵抗―戦時電子政府の検証と批判 (単行本) [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください グローバル化と監視警察国家への抵抗―戦時電子政府の検証と批判 (単行本) 小倉 利丸 (編集) 出版社: 樹花舎 (2005/04) 警察の軍隊化、軍隊の警察化、そして法執行機関のグローバル化が、電子政府という新しい権力の制度構築と連動している日本。こうした現状に対し、どのような批判的・原則的な認識を持つべきかを明らかにする論文を収録。 ★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください ... [続きを読む]

» まるで豚 横着 横暴 日本の検察 [木霊の宿る町]
知事抹殺 という本を Recommend 欄に貼りました 「国家の罠」を読んでいるので免疫ができていると思ったのですができていませんでした。上の二冊を読んで日本の検察のでたらめ、極道ぶりに改めて衝撃をうけました認識の浅かったことを反省して、これまで検察について述べたブログのいくつかを読み返しました日本を衰退させる裁判&検察&警察http://onomar.jugem.jp/?day=20091024事実検証を欠いた最高裁判決@佐藤優http://onomar.jugem.jp/?day=20090... [続きを読む]

» 労災問題などの行政訴訟と最高裁裁判官の人選問題(利権枠)」「愛、そして生きる 主権者は私たちです」BBSより転載。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 最高裁判所には、最高裁判所長官を含め全員で合計15名の判事がいます。先の8月30日の衆院議員総選挙ではその内9名の方が国民審査を受けました。  今までも言われてきた事ですが、教科書で教えられてきた三権分立とはかけ離れた現実があります。具体的に言うなら特に行政が関係するような問題では非常に政治的、恣意的な結論が出る例が多かったと言う現実です。  その現実は自民党と言う同じ政党が独裁的に政権党に居座り続ける事によりより強固になったと考えています。2009・8・30では歴史的な政権交代が行われました。こ... [続きを読む]

» 日本の検察 チンピラヤクザ、いちゃもんつけるが メシの種 (知事抹殺2) [木霊の宿る町]
読者のほとんどの方は検察と関係のない人生を送っておられると思いますが「nbsp;知事抹殺」を読めば、検察の横暴ぶりにふんまんやるかたない気分になると同時に、いつなんどき自分が渦中にまきこまれて理不尽な世界で痛めつけられることになるかもしれないと思うことでしょう思わないかたがおられたらそれはよほどの楽天家。バブル時代に日本が世界一リッチな国だと思ったかた(笑)検察というと巨悪をさばく正義の味方、聖職というイメージがありますが、この本を読むと聖職ではありません。なにもしていない通りすがりの人を... [続きを読む]

» ニュース「埼京線に痴漢防止カメラ」 [( ´,_ゝ`)プッとする日々]
JR東日本は年内にも、痴漢被害が多い埼京線の一部車両に全国で初めて、防犯カメラを設置する方針を固めた。・・・らしい。 [続きを読む]

» 国策捜査とは黒殺捜査 (知事抹殺 ・ 3) [木霊の宿る町]
http://www.japancanadajournal.com/nbsp; 林雨 第四十九回  国策捜査とは黒殺捜査  小野冬生 nbsp; 今では多くの人が知っていることばで五年前はあまり見かけなかったのが「国策捜査」。筆者は2005年5月に「国家の罠・ 外務省のラスプーチンと呼ばれて」(佐藤優・新潮社)を読んでそういう言葉があることを知りました。読者の皆様もそういう方がおられるのではないでしょうか。 nbsp; 佐藤優という卓越した書き手のお蔭で「国策... [続きを読む]

» 特捜 イコール 特高 イコール・・・(知事抹殺・4) [木霊の宿る町]
●検察なんておのまを含めて庶民にはまず関係のない世界です。警察と関わるとしてもせいぜい交通規則違反くらいなもの。交通規則なんてのはとりあえずこうしようというルールですからそれに違反したからといって重大な犯罪になるはずもありません。規則・親切・不親切 3 火星の交通信号http://onomar.jugem.jp/?day=20090913書きましたっけ、アメリカで自動車が普及し始めた頃には運転免許などという制度がなかったこと。今だと無免許運転は犯罪とされますが、よくよく考えれば免許なんてのは集金の為... [続きを読む]

» 特捜 イコール 特高 (知事抹殺・5) [木霊の宿る町]
●先日いただいたコメントのフォローです。コメント:検察庁特捜部は、危険な人物を葬るための政治警察です。特高警察の代わり設立されたものですよ。いつまでも騙され続けてはいけません。 | 大和 | 2009/12/16 10:26 PM |●このコメントの趣旨にあてはまる意見がないかとさがしたらこういうのがみつかりました。ビデオニュース・ドットコムという 番組を聞いた人のコメントです:http://www.videonews.com/ 本編、飯田氏の「イデオロギーで反発してくる人っていうの... [続きを読む]

« 亀井金融相の財政政策主張に歴史的正当性あり | トップページ | ZAITEN1月号B.フルフォードの憂国対談 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ