« 各党マニフェストを比較する報道番組の偏向 | トップページ | 植草一秀氏の刑事事件弁護団声明 »

2009年8月 2日 (日)

メディア攻撃を超え無血市民革命を成就しよう

8月30日の総選挙まで1ヵ月となった。

テレビ番組では、次の二つの傾向が観察される。

①民主党の政策の細目を取り出して、民主党を攻撃する。

②橋下徹大阪府知事を出演させて、地方の主張を第三極の主張として大きく取り上げる。

テレビ各局の民主党攻撃は異常である。最も強い存在が集中砲火を浴びるが、テレビ各局も各政党も民主党を最強の存在であることを認めているのだと考えられる。

橋下徹氏が地方と国の協議機関設置を求めた。民主党のマニフェストにこの点が盛り込まれず、橋下氏がクレームをつけた。この点に関連して鳩山由紀夫民主党代表が、正式なマニフェストで対応する意向を表明した。すると、御用メディア各局は、鳩山代表発言に噛みついた。重箱の隅をつつく対応だ。

また、インド洋への自衛隊派遣について、鳩山代表が政権を獲得しても直ちに撤退はしないと発言した。その後、検討の上で来年1月の法律の期限切れをもって撤退する意向を示した。メディアはこれらの発言を批判するとともに、かつて小沢民主党代表が自衛隊派遣を憲法違反だと述べたことを問い質す。街のごろつきにようなからみ方である。

テレビ朝日「サンデープロジェクト」では、今日もまた田原総一朗氏が民主党を懸命に攻撃した。

予算運営で2010年度の財政赤字が2009年度を上回るかどうかを問い質した。2009年度の第一次補正予算では3兆円も埋蔵金を使っており、通常の予算編成を行なうと、中立の予算編成でも2010年度予算では財政赤字が3兆円増加する。景気支援型の予算を編成すれば、財政赤字はさらに拡大する。

田原総一朗氏と財部誠一氏は、民主党が2010年度予算で国債発行額を増加させたら下野するとの言質を取ろうと必死の形相だった。

このような低劣な罠にかかってはならない。民主党は財源調達について、景気情勢を踏まえた調整枠を設けるべきである。財源を満額調達すると景気には中立の影響を与えることになる。景気支持のスタンスを政策に反映するなら、財政赤字を拡大させなければならない。

民主党はマクロ経済政策の自由度を確保しておくべきである。「サンデープロジェクト」のようなさもしい番組から制約を受けることを確実に排除しておかなければならない。

サンデープロジェクトでは民主党の長妻昭議員が自民党の財源の不明確さを指摘すると、田原氏が「まずは民主党から」と述べて、民主党の財源問題を論じ、結局そのまま時間切れになった。初めから自民党の財源問題を論議する考えがないのだ。

番組が約束した「かんぽの宿」徹底検証も何の説明もなく反故にされたままだ。

人気ブログランキングへ

8月30日の投票日まで、御用メディアの民主党攻撃が続く。政権交代を希求する主権者である国民は、メディアの偏向報道に左右されずに、必ず投票所に足を運び、政権交代推進勢力に1票を投じるべきである。

御用メディアが地方首長を頻繁に出演させているのは、渡辺喜美氏新党に最後の望みをつなぎたいからであると考えられる。このグループと渡辺喜美氏新党とを連結させて、民主党に向かう投票を減少させようと考えているのだと思われる。

道州制は地方分権の決定打でない。道州が新たに創設されれば、屋上屋が形成されるだけである。日本のような狭い国土で、道州制を導入する意味はない。国と地方基礎団体の二層構造を目指すべきである。

基礎自治体は40万人程度の人口を必要とするだろう。数百人から2、3万人の自治体にすべての機能を求めるのは無理がある。人口40万人を目安に基礎自治体を300程度に再編成するべきだ。40万人の人口を擁すれば、それぞれの基礎自治体に行政機能の全体を委ねられ、委ねるべきである。

地方分権の論議は民主党が先行している。地方分権を論じるなら、民主党案をベースにするべきところ、橋下氏などが地方分権を言いだしているのは、民主党に地方分権の主導権を持たせないためである。橋下氏がテレビのバラエティー番組に出て騒いでいるころから、民主党は地方分権論議を詰めているのだ。

総選挙に向けて不安が残るが、「無血市民革命」実現を目指す主権者である国民が力を合わせて、何としても政権交代を実現しなければならない。

繰り返しになるが、

官僚のための政治

大資本のための政治

外国資本のための政治

を排除して、

「国民のための政治」

を樹立することが、政権交代を実現する最大の目的である。

 政権交代が実現しても、それはゴールではない。スタートだ。

 「国民のための政治」を確立してゆかねばならない。

 この点で、民主党が「政治献金全面禁止」提案に踏み切った意味は極めて大きい。

 「企業献金全面禁止」については鬼頭栄美子弁護士が素晴らしい論考を示して下さった。さらに、「神州の泉」主宰者の高橋博彦氏が繰り返し、ブログで説得力のある論考を示して下さった。

 7月28日付記事

「「企業献金全面禁止論」の理論基盤が確立された」

に記述したように、私は民主党の小沢一郎前代表秘書が不当逮捕された本年3月3日以降、本ブログで繰り返し、「企業献金全面禁止」の提案を示してきた。

3月6日
「国策捜査と情報操作がまかり通る暗黒国家日本」

3月11日
「既得権益勢力VSレジスタンス戦線の激闘」

3月15日
「国策捜査・選挙妨害の裏は「かんぽの宿」疑惑つぶし」

に、その主張を記述した。

 私がこの提案を示したあとで、民主党小沢代表が3月17日の記者会見において企業献金全面禁止の提案を示した。私の提案を受けていただけたのなら光栄である。

 本ブログでは、その後、

3月18日
「小沢一郎代表続投による政権交代実現を期待」

に小沢代表による「企業献金全面禁止提案」への賛意を示し、

3月22日
「「企業献金全面禁止」の是非が総選挙最重要争点に」

に、個人的見解を要約して示した。

 企業との関係が民主党中心の政権における最大の懸念要因であった。小沢前代表の秘書逮捕をきっかけにして、民主党が企業献金全面禁止に舵を切ったことは非常に意義深いことだった。

 政権交代を実現して「国民のための政府」を樹立する。これが、次期総選挙の課題である。本ブログでは、これまでの提言を本ブログで繰り返し掲載させていただく。「悪徳ペンタゴン」の攻撃をかわして、何としても政権交代を実現しなければならない。最後の一瞬まで気を抜いてはならない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 各党マニフェストを比較する報道番組の偏向 | トップページ | 植草一秀氏の刑事事件弁護団声明 »

決戦の総選挙(3)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メディア攻撃を超え無血市民革命を成就しよう:

» 8月末の選挙を甘く見てない?低投票率作戦進行中、 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 マスゴミ使った情報操作で5%から10%くらい投票率低下はありうるよ。 クリックすると、左「それが大事」、右「愛は勝つ」 マスコミの 野党優勢(予想)に要注意 100人のうち 暑いなで二人 宿題みるで一人 (どうせ)野党優勢だろで?人 油断棄権で-何% 夏の選挙は低投票率狙い 命落とすな 自公を落とせ 選挙に行こう衆院選!  警戒すべきは、マスゴミの 1、野党優勢情報⇒暑いし、どうせ野党が優勢なら、俺が、私が、一人くらい投票しなくても。 2、自民党も民主党もどちらも同じようなもの報道。⇒どちらも同じ... [続きを読む]

» 「日本の正体」  長谷川幸洋氏のご紹介 [ライジング・サン(甦る日本~世界へ)日はまた昇る]
ここ2日ばかりブログは休んでいました。 その代わり何冊かの新書を買いじっくり読んでいる最中です。 各党のマニフェストが出揃いましたが、相変わらず自民党のマニフェストは内容が曖昧だ。 それは政策を進めるに当たっての工程表等もなく、それこそ民主党に散々「ザイゲン!... [続きを読む]

» イランの新世紀革命で甦る米独立宣言スピリット [米流時評]
 ||| イランの第二革命と米国独立建国精神 |||  21世紀型民主主義の継承 イランの第二革命で甦る米国の独立宣言と建国精神  80年代イスラム革命の宗教国家から、基本的人権尊重の近代国家の民主主義へ  イランのグリーン革命を、メディアを介してではあるが目の当りにし  テヘランの若者や市民の、死も恐れない果敢な行動を知るにおよんだ。  これまでは、イラン・イコール・悪の枢軸国のイスラム狂信派という  ブッシュ時代のネオコン的先入観に染まっていたアメリカ人にとって  3つのシ... [続きを読む]

» 植草一秀氏を筆頭に国民全員で悪徳ペンタゴンをぶっつぶせ! [ライジング・サン(甦る日本~世界へ)日はまた昇る]
「阿修羅」さんに貼ってあったYou-Tubeの動画です。 「植草事件の真相掲示板」にも貼ってあったので、こちらでも貼り付けます。 映像付きで見ると非常に分かりやすい。 ブログを持っている方で植草氏を応援し身の安全を守りたい方は、是非ブログに貼って、まだ知らない国民に教... [続きを読む]

» 道州が新たに創設されれば、屋上屋が形成されるだけである [『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu]
植草一秀の『知られざる真実』 2009年8月 2日 (日) メディア攻撃を超え無血市民革命を成就しよう 道州が新たに創設されれば、屋上屋が形成されるだけである。日本のような狭い国土で、道州制を導入する意味はない。国と地方基礎団体の二層構造を目指すべきである。 基礎自治体は40万人程度の人口を必要とするだろう。数百人から2、3万人の自治体にすべての機能を求めるのは無理がある。人口40万人を目安に基礎自治体を300程度に再編成するべきだ。40万人の人口を擁すれば、それぞれの基礎自治体... [続きを読む]

» フレッツ光が開通しました [緑の選挙サポートセンター           〜選挙に出ようよ〜]
おかげで各種設定で、ほとんど一日がつぶれました。それに新し物好きなのであれこれやっていたら、もうこんな時間です。ブログの更新も二日分まとめてです。それにしてもフリーソフトはまだXPの方が動くようですね。新しいパソコンはVistaなので、どうもソフトとの相性が...... [続きを読む]

» 深夜のオマケです [緑の選挙サポートセンター           〜選挙に出ようよ〜]
ジョーン・バエズの「勝利を我らに」直訳すれば、「わたしたちは、(困難を乗り越えて)打ち勝つだろう」です。意志の未来形、懐かしいですね(笑)。ついでにもう一つ。マーチン・ルーサー・キング牧師の「私には夢がある」日本語訳もオマケです。近藤勇さん、引用させて...... [続きを読む]

» 「一票一揆」と「一罰(×)一揆」で日本を変えよう! [8/30〝一罰(×)一揆〟で腐敗司法に天誅を!]
8/30衆議院選時の国勢調査でも貴殿に有罪判決を下したインチキ判事らの×つけ運動を展開したくTBを張らせていただきます。 スローガンは、「8/30〝一罰(×)一揆〟で腐敗司法に天誅を!」 〝一票一揆〟と〝一罰一揆〟で日本を変えよう! 参加方法、期日前事前投票もあるの...... [続きを読む]

» 植草元教授が収監 [ちたま研究所]
とうとう植草元教授の収監日がやってきてしまいました もうすぐだな…とは思っていたのですが前夜の植草元教授のブログ 2009年8月 2日 (日) メディア攻撃を超え無血市民革命を成就しようでは、ただの一言も明日収監とは書かれておらず(T_T)ウウ… 飯山一郎先生のブログで気がついた次第。 ああ、それにしても植草(元)教授の(元)といちいち入れなくてはならないのが悔しくてなりません あのような政治的謀略のために植草氏は全ての地位を失ったわけですから。 私達の想像を絶する苦しみでしょう。 今でも多くの人... [続きを読む]

« 各党マニフェストを比較する報道番組の偏向 | トップページ | 植草一秀氏の刑事事件弁護団声明 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ