« 『売国者たちの末路』書評掲載に深謝します | トップページ | 各社世論調査と総選挙に向けての三大警戒事項 »

2009年7月19日 (日)

何があっても私が決めさせていただく解散の実施

「政権交代」を実現して日本政治を刷新するか。それとも、これまでの自民党政治を維持するのか。「政権交代」の是非を問う総選挙が実施される。

麻生首相は7月21日に衆議院を解散し、8月30日に総選挙を実施することを決める。

「何があっても私が決めさせていただく解散」

である。

総選挙は権力奪取をめぐる戦いである。戦いに勝利し、大事を成就するには「天の時、地の利、人の和」が整うことが必要である。

自民党は、このすべてを欠いている。

麻生首相は「解散については、しかるべき時期に私が決めさせていただく」と発言し続けてきた。そもそも、麻生首相は昨年10月10日に発売された月刊誌に論文を掲載し、「私は決断した。国会の冒頭、堂々とわたしと自民党の政策を民主党の小沢一郎代表にぶつけ、その賛否をただした上で国民に信を問おうと思う」と臨時国会冒頭の解散を宣言した。

昨年10月の衆議院解散を月刊誌で宣言した。

ところが、自民党内部の調査で、総選挙敗北予想が示されたために、解散を先送りした。雨が降り始めたので、ひとまず雨宿りする選択を示した。

その後、麻生首相の首相としての資質欠如が原因となり、内閣支持率が下落の一途を辿った。このなかで、3月3日に民主党代表小沢一郎氏の秘書が突然逮捕された。政治情勢の転換を狙っての謀略であるとの疑いが濃厚である。

この一件が発生したのちに、風向きが変化したが、小沢一郎氏が政権交代実現を優先して柔軟な対応を示したために、情勢は再び転換し、内閣支持率は再低下した。

このなかで、小泉改革の象徴である郵政民営化の縮図とも言える「かんぽの宿疑惑」が表面化した。麻生内閣の鳩山邦夫総務相は「かんぽの宿疑惑」を摘出し、日本郵政の経営体制を刷新する方向で行動した。麻生首相がこの方向を後押しして、日本郵政の経営体制を刷新し、解散・総選挙に進む道があった。

麻生首相はこの最後のタイミングを自ら手放した。雨宿りをやめて歩き出すタイミングは何度もあった。しかし、麻生首相は決断できなかった。決断できない間に、雨は本降りになった。

4月から総選挙前哨戦の大型地方選6連戦が始まった。名古屋市、さいたま市、千葉市、静岡県、東京都議選、奈良市の首長選および議会選だ。この地方選で自民党は6連敗した。東京都議選では自民党と民主党の得票率が26%対41%となった。自民党にとっては、土砂降りの本降りになった。

麻生首相の雨宿りは、江戸川柳にいう、

「本降りに なって出てゆく 雨宿り」

そのものになった。

人気ブログランキングへ

東京都議選後、自民党内で麻生おろしの動きが本格化した。麻生首相は解散を決定しない限り、首相、総裁の座から引きずり降ろされる情勢に直面した。麻生首相は、最終的に「麻生おろし」を回避するために解散の決断を下した。

「しかるべき時期」は、結果的に「土砂降りの時期」になった。

「土砂降りの総選挙」が決まることになって慌てふためいたのは、土砂降り選挙で落選しそうな議員たちだった。

麻生政権は2008年度に三度も補正予算を編成した。三度目の補正予算は14兆円の史上空前の規模になった。国民の生活不安を解消するに十分な予算規模だった。

ところが、麻生内閣はこの巨大な補正予算を官僚のお手盛りと大企業支援に集中させてしまった。わずか200億円の生活保護母子加算を冷酷に排除してマンガ博物館建設に117億円もの予算を配分した。この事例に、麻生政権の基本姿勢が象徴されている。

「かんぽの宿疑惑」では、日本郵政が郵政民営化の大義名分を隠れ蓑(みの)にして、貴重な国民資産を一部の外資系企業に私物化させようとしていたのではないかとの疑惑が一段と強まったが、麻生首相は疑惑を封印する方向に舵を切った。

こうした状況を踏まえて、国民はようやく、政権交代の必要性を痛感することになった。政権交代を求める国民の声が沸騰し始めている。

これまでの自公政権が実現してきたものは、

①大企業

②官僚

③外国資本

のための政治だった。

 これを、

国民のための政治

に変えるのが、「政権交代」の目的だ。多数の有権者が「政権交代」を明確に希求している。「地の利」も自民党ではなく、民主党にある。

 土砂降りの総選挙で落選の危機に直面した自民党議員が、沈みかけた船から海に飛び込むネズミのように、慌てふためいている。

 麻生おろしを画策した中川秀直氏-武部勤氏-塩崎恭久氏らと、これらの人々に連なる小泉チルドレンは、すべて次期総選挙での有権者による洗礼を恐れていると考えられる。

 麻生内閣では与謝野馨氏と石破茂氏までが、首相に直談判して退陣を迫ったという。しかし、自民党は昨年9月にお祭り騒ぎの総裁選を実行して自民党の総意として麻生太郎氏を新総裁に選んだのである。麻生氏が自ら辞任するのならともかく、自民党議員が麻生おろしに奔走する姿はあまりにもさもしい。

 逆に、麻生氏が自ら辞職すれば、3年連続の政権放り出しになる。福田康夫氏が2年連続で政権を放り出したことに対する国民の批判を自民党議員は記憶に留めていないのか。昨年9月に総選挙の顔として麻生太郎氏を総裁に選出した自民党に、麻生氏体制の下で総選挙に進む以外に道がないことは明らかだ。

 中川秀直氏が集めたとされる両院議員総会開催を求める署名。128名以上の署名により、両院総会の開催を求められるとのことであったが、署名した議員の考え方はまちまちだった。中川氏は自民党総裁選の前倒し実施を両院総会で決定することを念頭に置いていたと考えられるが、この前提があるなら署名を撤回する意向を示す議員が続出した。

 国民新党の亀井静香氏が「解散が自由民主党の解散みたいになった」と述べたが、けだし名言だ。沈みゆく船の甲板で激しい内輪もめが繰り広げられ、船長、副船長が非難合戦を始めた。

 政官業外電の利権ペンタゴン=「悪徳ペンタゴン」は既得権益、政治利権喪失の危機に直面して浮足立っている。テレビ各局も政権交代が実現すれば、これまで偏向報道を続けてきたことの責任を問われる。

 テレビ朝日「サンデープロジェクト」で必死に民主党を攻撃する田原総一朗氏も、その表情に焦燥感と悲壮感を隠せない。

 7月13日付記事

「都議選民主党圧勝と総選挙を勝ち抜く三大戦術」

に、共産党の戦術について論評した。自民党とともに民主党を攻撃対象とし、「政権交代」を積極推進しない姿勢が、共産党議席減の背景になった可能性を指摘した。

 こうした声に耳を傾けていただいたのかは分からないが、その後、共産党が総選挙に向けてスタンスを修正したことが報道された。民主党を必ずしも攻撃の対象とせず、個別事案ごとに政策協力を検討するスタンスが示された。

 野党陣営が、ますは自公政権を終焉させることを優先させることで結束するなら、より大きな力を得ることになるだろう。野党陣営は「人の和」を確保しつつある。

 孟子は

「天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず」

と記している。

 大事を成すにあたって「人の和」は何よりも重要である。

 自民党は、権力を維持するために、新勢力を創設して民主党との連携をはかろうと策を弄してくるだろう。民主党は日本政治を刷新するために、自民党と明確に一線を画さねばならない。野党連合での「人の和」を強固に構築することが何よりも大切である。自民党市場原理主義者と連携したい民主党議員は、民主党を離党してそれら勢力と民主党の外で合流するべきだ。

 基本を確認し、基本に沿って進むことが、大事を成すための戦術である。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『売国者たちの末路』書評掲載に深謝します | トップページ | 各社世論調査と総選挙に向けての三大警戒事項 »

麻生太郎氏・麻生政権(4)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何があっても私が決めさせていただく解散の実施:

» トホホ命名 「・・・解散」意気上がらぬ自民 [ひげログ人]
ひげログ人は、早々と「アホタロー解散」と命名しているが、「トホホ命名・・・・・意 [続きを読む]

» 無能無策の政治の裏でボロ儲けの貧困ビジネス [日本の片隅で「バカ!」と叫ぶ]
[PR]ADSL・FTTH徹底比較 <保護費ピンハネ問題>賃貸契約手続き、紹介団体が代行 千葉市花見川区の任意団体「シナジーライフ」が路上生活者にアパートを紹介し市からの生活保護費の大半を徴収している問題で、元入居者を支援する弁護士らが17日、不動産... [続きを読む]

» 自Endに油断は大敵!2005年郵政選挙の頃の日記(=ブログ)を読もう。あの時も自民は分裂がらみで当初劣勢が最後に逆転。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 2005・9・11郵政選挙は8月8日、  小泉内閣不信任決議案(岡田克也君外七名提出) ○議長(河野洋平君) 小泉内閣不信任決議案を議題といたします。     ――――◇――――― ○議長(河野洋平君) ただいま内閣総理大臣から、詔書が発せられた旨伝えられましたから、朗読いたします。    〔総員起立〕  日本国憲法第七条により、衆議院を解散する。    〔万歳、拍手〕    午後七時四分 の憲法7条解散により、翌月の投票日(9月11日)まで33日間の熾烈な選挙戦に突入しました。  忘れている人も... [続きを読む]

» ジャカルタホテル爆破テロ主犯は逃亡中のテロリスト [米流時評]
   ||| 怪しい客の友だちはアルカイダ |||  ホテル爆破テロ首謀者は逃亡中のマレーシア人テロリスト、ヌルディン・トップ  捜査当局はアルカイダ系イスラム過激派ジャマア・イスラミヤ分派の犯行と断定 米国時間 2009年7月18日 | インドネシア・ジャカルタ発 | AP通信ニュース速報 インドネシアの首都ジャカルタを代表する米国資本の5スター級ラグジュアリーホテル、JWマリオットとリッツカールトン・ジャカルタは、17日朝自爆テロの襲撃でホテルの一部を爆破され、死者8名、負傷者... [続きを読む]

» 「通信・放送の総合的な法体系の在り方」答申案に関するパブコメを送ろう!〜21日まで [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 総務省が情報政策審議会に諮問した「通信・放送の総合的な法体系の在り方」に関する答申案がまとまり、現在、パブリックコメントを募集中だ(http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02tsushin01_000021.html)。…というのは知ってはいたが、あとで考えようっと思っていたら、21日の締め切りまであと2日。しかも、21日といっても、正午までなので、実質的にはもう一日程度しかない。皆さん、もう提出しましたか?  幸い、インターネットに関する規制はかなり後... [続きを読む]

» <まとめ>お笑い自民党 [『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu]
32 :名無しさん@十周年:2009/07/20(月) 01:26:51 ID:HEpweaE+0 <まとめ>お笑い自民党  古賀は東国原の乱を起こしそのまま逃亡  しかもそれが武士の道とか意味わからんw  不信任は全員で否決したのに、翌日に麻生おろし署名が133名分も集まったw  津島も逃亡  鳩山弟は反乱  与謝野は退陣勧告で反旗を翻し、1日で鎮圧  石破も同じ  中川・塩崎・加藤武部らは反乱軍を起こし、1日で切り崩しにあい鎮圧  小池ゆり子は野田に... [続きを読む]

» 【衆院選】社会のダイナミズムを取り戻す為にもシロアリ体制を打破せねばならない【トレンド調査】 [ステイメンの雑記帖 ]
 ども♪ブログ主のステイメンです。  この1週間ほど諸事情により中々エントリをアップ出来ませんでしたが、本日ただいまより戦列に本格復帰致します。  さて、21日に迫った衆院解散を前に、反アホウ太郎の急先鋒たる中川(女)が個別にマニフェストを作成したり、元々が「雇われマダム」に過ぎないとは言え党内第二派閥の会長が突然引退を表明するなど、 自壊に向けまっしぐらの感すら漂っているのが都議選以降のシロアリジミンの惨状 である。  まぁそれ自体は、自業自得というべきものであるから、同情の余地は全くないわけだが... [続きを読む]

» 嘉田滋賀県知事就任三周年 [ 春 夏 秋 冬]
今日は海の日であるが、滋賀県には海が無い。 近江の海と呼ばれる湖はあるけれど・・・・・ 滋賀県の嘉田知事が今日二十日で、就任丸三年になられる。 嘉田知事は自己評価をCからBと低く抑えておられるけれど、 滋賀県民として、本当に良い方が知事になって下さったと、感謝している。 以前の知事のような人が、知事になっていたら、  *ほとんど飛行機が寄り付かない様な空港  *余り利用価値の無い新幹線の新駅  *何処から見ても必要性の無い大戸川ダムの建設 といった県民にとって必要の無い、しかも巨額の出費を必要とす... [続きを読む]

« 『売国者たちの末路』書評掲載に深謝します | トップページ | 各社世論調査と総選挙に向けての三大警戒事項 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ