« コンビニの食品廃棄率をゼロにするための方策 | トップページ | 静岡で民主・社民・国民連合が価値ある勝利 »

2009年7月 5日 (日)

国政縮図の静岡県知事選と偽装CHANGE勢力

7月5日、大型地方選第4弾となる静岡県知事選が投票日を迎えた。

自公・民社国・第三極・共の四者が闘いを演じている。

 焦点は第三極の影響だ。第三極候補は元民主党参議院議員である。私もこの候補の後援会で講演したことがある。

 民社国が候補者を一本化していれば、民社国が問題なく当選している。しかし、一本化は成功しなかった。第三極からの立候補は、民社国候補の得票を減らす効果を有する。つまり、第三極の立候補は自公候補の援護射撃の意味合いが極めて強い。

 政権交代、日本政治刷新を望む有権者は、民社国候補に投票しなければ、その目的を実現することができないことを熟慮すべきである。

 第三極候補の応援に渡辺喜美氏が駆け付けた。本ブログで警告を呼びかけ続けている「第三極」=「偽装CHANGE新党」の効果が、静岡県知事選で測られることになる。

 偽装CHANGE勢力は、①小泉竹中一家、②小泉チルドレン、③官僚OBの会、④自民別働隊の地方首長グループ、⑤市場原理主義者、に存立基盤を置く。

 その主張は、①霞が関解体、②地方分権、③市場原理主義、に特徴がある。

①霞が関解体、と②地方分権、は民主党の提案の二番煎じである。この主張を掲げるなら、民主党に合流すれば良いはずである。それを、民主党に合流せずに「第三極」とするところがみそである。

「偽装CHANGE勢力」は「天下り根絶」を実行しないと思われる。「偽装CHANGE勢力」の中核に位置すると見られる中川秀直氏は、小泉政権の中枢にいるときに、天下り根絶に前向きの姿勢をまったく示さなかった。小泉竹中政権は、財務省を基盤に置く政権で、財務省の権益拡大に熱心だったのだ。いまさら、「天下り根絶」と言っても私はまったく信用しない。

繰り返すが、「偽装CHANGE勢力」創設の狙いは、国民の投票が民主・社民・国民の野党に集中することを阻止することにある。野党による過半数獲得を阻止できれば、自民を軸にする連立政権を樹立することが可能になる。

「偽装CHANGE新党」は自民党と連立を組んで、これまでの「政官業外電=悪徳ペンタゴン政治」を継続するのだ。

2007年の政治家別政治資金収入金額ランキングは以下の通り。

1中川秀直(自)  44955万円
2亀井静香(国)  37725万円
3平沼赳夫(無)  29512万円
4古賀 誠(自)  27879万円
5山田俊男(自)  27695万円
6松木謙公(民)  27695万円
7森 善朗(自)  27021万円
8麻生太郎(自)  23383万円
9鳩山邦夫(自)  23182万円
10
鳩山由紀夫(民) 22194万円

鳩山由紀夫氏の政治資金が問題にされているが、政治資金を最も多く集めているのは自民党の中川秀直氏である。

「偽装CHANGE新党」の基本政策は、「市場原理主義」である。セーフティネットを破壊し、弱肉強食を奨励し、弱者を切り捨て、格差社会を形成してきたのが「市場原理主義」である。

民主党内に市場原理主義者が存在することが、民主党の最大の問題であり、政権交代実現後にこれらの反党分子を除去することが求められる。

静岡県の有権者がこの基本構造を見抜くことができるかどうかが問題になる。日本の政治を刷新するには、「偽装CHANGE新党」ではなく、民・社・国の野党勢力が衆議院の過半数を確保し、本格的な政権交代を実現しなければならない。

テレビ朝日は、「偽装CHANGE新党」を全面支援しているように見える。フジサンケイグループ、日経グループも積極支援している。目的は、「悪徳ペンタゴンによる利権政治の死守」である。

TBSは連続ドラマ「官僚たちの夏」の放映を始める。官僚を美化するドラマだが、官僚OBによる「偽装CHANGE新党」を援護するものであると考えられる。

また、テレビ朝日は、石原裕次郎氏の23回忌法要を放送し、石原プロダクション作品を積極的に放送している。石原慎太郎都政を問う7月12日の東京都議選への支援活動であると解釈することができる。

マスメディアは、自民党の二階俊博氏、与謝野馨氏などの政治資金疑惑をまったく追及せず、鳩山由紀夫氏の政治資金問題だけを追及している。

また、何の意味もない地方知事の何の意味もない行動に公共の電波が占領され続けている。

日本は前近代国家だから、野党が総選挙で勝利するハードルはイランよりも高いと考えられるが、心ある国民が力を結集して、このハードルを越えなければならない。それにしても、総選挙を目前にしたこの時期のマスメディア偏向報道は目を覆うばかりである。私の言論活動を遮断することも卑劣である。

しかし、真実は必ず勝利しなければならない。

大型地方選第4弾の静岡県知事選は本日深夜には結果が明らかになる。静岡県の有権者が賢明な判断を示すことが望まれる。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« コンビニの食品廃棄率をゼロにするための方策 | トップページ | 静岡で民主・社民・国民連合が価値ある勝利 »

偽装CHANGE勢力」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/30413727

この記事へのトラックバック一覧です: 国政縮図の静岡県知事選と偽装CHANGE勢力:

» 自民党は、西川悪党グループを野放し増長させ、国民を無視している傀儡政党。 [ふじふじのフィルター]
 やっぱり、これは書いておかないとね。  日本郵政株主総会の翌日の30日の晩、 [続きを読む]

» 静岡県知事選は自民党崩壊の序章? [Kirokuroの毒吐き空間]
静岡県知事選で、民主・国民新・社民推薦の川勝平太候補が自公推薦の坂本由紀子候補らを破って辛くも勝利を収めた。 民主側は、推薦候補を一本化出来ず、分裂選挙となったにも関わらず勝利したということは、自民党がいかに地方の支持を失っているかという事実を世に知らしめた事になる。 ただ、個人的にはこの川勝平太ってのは元は安倍晋三のブレーンだったお方なので、心から喜ぶ気にはなれないが。 別に国民や県民のためになる政治を行えば、右翼だろうが左翼だろうが別に構わないのだが、安倍が良い例だけど「愛国政治家」っうのは、... [続きを読む]

» 静岡県知事選、民主・社民・国民新党推薦の川勝平太さんが当選 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
http://blog.goo.ne.jp/sithu... 静岡県知事に民主系の川勝氏 自公系の坂本氏破る(朝日新聞) 投票締め切る 静岡県知事選、深夜に大勢判(静岡新聞) 静岡県知事選挙の投票行われる 午後5時現在の投票率、42.18%と前回を上回る(FNN) 選挙:静岡県知事選 あす投開票 自、民「総力戦」(毎日新聞) 静岡県知事選投票始まる 深夜に大勢判明の見通し(共同通信) 静... http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/ecaac... ... [続きを読む]

» 静岡県知事選挙 マニフェスト [youtube動画☆最新ニュースblog]
静岡県知事選、嫌われているのは誰か タクシーを語る静岡県知事選の結果はびっくりしました。私の常識では静岡は保守が強く、かつ民主党陣営は有力候補者が2人立ちました。もうこれで99.99%決まりだと思っていました。しかし結果は0.01%の方でした。あの温厚な静岡県民が何かに怒っていたことはどうやら ...(続きを読む) 国政縮図の静岡県知事選と偽装CHANGE勢力: 植草一秀の『知られ ...静岡県知事選で、民主・国民新・社民推薦の川勝平太候補が自公推薦の坂本由紀子候補らを破って辛くも勝利を収めた... [続きを読む]

« コンビニの食品廃棄率をゼロにするための方策 | トップページ | 静岡で民主・社民・国民連合が価値ある勝利 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ