« 痴漢冤罪事件最高裁不当判決について | トップページ | サンプロがかんぽの宿疑惑適正検証を行なうか »

2009年6月28日 (日)

皆様の温かなご支援に感謝申し上げます

 日本の警察、検察、司法権力は腐敗している。私は今回の最高裁不当判決が示されるまで、慎重に裁判所批判を避けてきたが、現実は予想通りのものであった。

民主主義制度、基本的人権を守る上で、警察・検察・司法制度における前近代性除去は何よりも優先されるべき事項である。しかし、日本では政治家でさえ、これらの勢力を敵に回したくないとの理由から、本格的な改革に取り組むことを躊躇(ちゅうちょ)する。

本ブログでしばしば取り上げる「フランス人権宣言」がたった17条の条文のなかに、「政治的自由」、「法の下の平等」、「罪刑法定主義」、「適法手続き」、「無罪推定の原則」などを定めているのは、人権に対する警察権力行使に内在する危険性を深く認識したからに他ならない。

フランス人権宣言はアメリカ合衆国で自由主義精神の洗礼を受けたラ・ファイエットによって起草され、1789年にフランス国民会議によって議決され、1791年のフランス初の憲法冒頭に掲載されたものである。

爾来(じらい)、220年の時間を経た日本では、いまも警察・検察・司法制度、人権軽視がフランス人権宣言以前の状況に放置されている。この問題の潜在的な重大さは極めて深い。

日本の議院内閣制は、法令上の規定によって付与されている権能を最大に活用すると、三権を掌握する独裁者としての地位を内閣総理大臣に付与しかねない危険性を内包している。内閣総理大臣は警察・検察権力の上位に位置し、その活動を指揮し得る立場にある。また、最高裁長官の指名権、および最高裁長官以外の裁判官の任命権は内閣にある。

つまり、内閣総理大臣は司法権を掌握しうる地位にあるのだ。

日本でも建前上は「罪刑法定主義」、「適法手続き」、「無罪推定の原則」、「法の下の平等」、「政治的自由」を基本に据えていることとされているが、現実が異なる。

白川勝彦氏が指摘されるようにDue Process of Law=「適法手続き」の取り扱いが極めて杜撰(ずさん)である。このために、無数の冤罪が生まれている。

足利事件で菅家利和さんの無実が明らかにされ、菅家さんは17年ぶりに自由を取り戻した。しかし、17年の時間を誰も埋め合わせることができない。私たちが考えなければならないことは、目に見えない水面下に多数の冤罪被害者が存在することである。

今回の最高裁不当判決についてのコメントを掲載したところ、本当に多くの皆さまから身に余る温かなお言葉を賜った。心から深く感謝申し上げる。私が罪を犯しているなら、私は潔く事実を認め、罪を償う道を選択している。

98年事件、04年事件、06年事件のいずれについても、私は事実をありのままに述べてきた。天に誓って無実潔白である。心に一点の曇りもない。

「天知る、地知る、汝知る、我知る」との「四知」という言葉があり、拙著『知られざる真実-勾留地にて-』にも記述した。心に一点の曇りもないから、人の世でいかなる弾圧を受けようとも、恥じることはなく、正々堂々と前に向かって進んでゆくことができる。

同時に、多くの心ある人々が、真実を見つめようとし、私の言葉を信じてくれる。この心が私を支えてくれている。真実を見つめる皆様のお心に心から感謝を申し上げたい。

副島隆彦氏は著名人の立場にあり、実名を明らかにするなかで、私の言葉を信じて下さり、対談として著書を出版下さった。そのご決断に心より感謝申し上げている。一人でも多くの皆様に真実を伝えるうえで、この上ない大きな力を賜った。

ネット上でも本当に多くの皆さまから温かなお言葉を賜っていることに、深く感謝を申し上げたい。

 「神州の泉」様「カナダde日本語」様Aobadai Life」様「晴天とら日和」様「文藝評論家山崎行太郎」様「反戦な家づくり」様Easy Resistance」様「東京サバイバル情報」様「一秀君の同級生のブログ」様「どなんとぅ ぬ だぁ」様をはじめ、多数の皆さまから本当にありがたいお言葉を賜った。すべてを紹介申し上げられないが心より感謝申し上げたい。

 また、本ブログへの情報伝達の重責を担って下さっている「植草事件の真相掲示板」様にも、非常に多くの皆さまからありがたいお言葉を多数賜っている。

 

 また、日本電子新聞社様が、『売国者たちの末路 私たちは国家の暴力と闘う』について、ありがたい書評を掲載くださった。書評掲載にお礼申し上げるとともに、ご高覧賜りたい。

 次期総選挙が目前に迫り、日本は歴史上、最も重要な時を迎えている。フランス革命前夜と言い換えてもよいかも知れない。

 政権交代を実現し、警察・検察・司法制度の前近代性を除去しなければならない。日本に本当の意味での民主主義を初めて確立することが求められている。

 

 _72既得権益勢力である「悪徳ペンタゴン勢力」は総選挙まで、あらゆる手段を用いて、本格政権交代阻止に向けての工作活動を展開してくると考えられる。この時期の上告棄却もその一環であると考えられる。

 私も残された時間のなかで、可能な限り情報を発信する所存である。

 マハトマ・ガンディーの「真実と愛は必ず勝利する」の言葉を刻み、進んで参りたいと思う。

 Aobadai Life」様が拙著『知られざる真実-勾留地にて-』から、以下の記述を掲載下さった。

「人として生まれた貴重な時間をどう充実させるか。

 それが人生の課題だ。

 不条理や理不尽を与えられることもある。

 その困難、試練を乗り越える原動力は愛の力だと思う。

 『愛を知ること』が生きることの素晴らしさだと感じた。

 心と心は時空を超えてつながる。

 それを感じることができるなら、いかなる困難も克服できると思う。

 苦難を克服し、信念を守って生きてゆきたい。

 発言を続けることは危険を伴う。

 しかし、人はパンのために生きる存在ではない。

 いかなる妨害があろうとも屈服せず、

 勇気をもって今後も発言を続ける覚悟だ」

 ここで言う「愛」とは人間愛、「無償の愛」である。人を人として慈しむ心=「無償の愛」の力が人を救済すると思う。

 本当に多くの皆様から「無償の愛」を賜り、そのエネルギーは宇宙を貫く。

 微力ながら私も自分のできること、自分の使命を果たしてまいる所存である。なにとぞ今後ともご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 痴漢冤罪事件最高裁不当判決について | トップページ | サンプロがかんぽの宿疑惑適正検証を行なうか »

冤罪・名誉棄損訴訟」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆様の温かなご支援に感謝申し上げます:

» 植草一秀さんについて [湘南の片田舎から]
あまり日本のニュースに興味がなかった俺は、植草さんが痴漢をしたというニュースを見て、よっぽどストレスでもたまっていたのかという印象をずっと持っていた。しかし、その考え [続きを読む]

» 東国原知事の国政進出についての声を紹介します。勘違いは東国原や自民党の古賀という感じです。 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
☆概要 http://blog.goo.ne.jp/sithu... 東国原知事に衝撃 女性誌調査で「テレビで見たくない有名人」1位に(東京スポーツ ) 橋下知事、自民・古賀氏から衆院選出馬の打診 比例1位で(産経新聞)東国原氏転身「反対」87% 県内外から県庁にメール(共同通信) (引用)24日午前までに、宮崎県政への提言をメールなどで募る 「県民の声」に計108件の意見が寄せられた。「... http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/45adc... 東国原知事に... [続きを読む]

» [児ポ法][新自由主義]前回の法改訂以前の時点から共謀罪とのセット化が行われていたことが実証される [月よお前が悪いから]
保坂展人衆院議員(社民党)のブログより: マンガ太郎の「表現規制」暴走は、なぜ? 教育・こども / 2009年06月27日 (略)  ならば、物言えば唇寒し的な「規制ムード」に押し流されるべきではない。10年前、20年前の写真集や古雑誌などが「禁書指定」されて、『Santa Fe』レ... [続きを読む]

» 小泉純一郎の権力構造を破壊せよ! [わんわんらっぱー]
http://wanwanlapper.seesaa.net/article/122423159.html ○挨拶も出来ない小泉進次郎。小泉進次郎落選は全日本国民の悲願です。 「横須賀のお祭りでご対面。会場を走り回る小泉進次郎氏」 【しかし】 〔ひどい動画〕小泉進次郎候補が対立候補との握手を拒否 http://www.you... [続きを読む]

» おい、産経! 宣戦布告と取っていいんだな! [雑感]
  衆院選を目の前に控えたこの時期に「植草一秀氏の痴漢冤罪事件」に、最高裁が上告棄却を下している。 はじめの事件とされるのが、98年の東海道線車中でのことなのだが、この時から警察(公安)は、目を付けていたのだろうか。この時期には、テレビ番組に出演しはじめた頃のように思う。 2004年の事件の時は、まず被害者がおらず、目撃者が警察だということ。 98年の事件を2004年の事件に関連付けて報道をしている。そして2006年の事件へと続くわけだが起訴状による犯行時間の矛盾もあるし、九回目の公判では弁護側の証... [続きを読む]

» 植草一秀氏よ口封じに屈服するな! [報恩感謝 ありがとうございます]
= 植草被告の上告棄却、痴漢行為で実刑確定へ = 6月27日11時17分配信 読売新聞 {{{:  電車内で女子高校生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた元名古屋商科大大学院客員教授、植草一秀被告(48)の上告審で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は被告の上告を棄却する決定をした。決定は25日付。懲役4月の実刑とした1、2審判決が確定する。  1、2審判決によると、植草被告は2006年9月13日午後10時過ぎ、京浜急行の品川−京急蒲田駅間を走行中の電車内で、..... [続きを読む]

» 検証ー植草氏の裁判 [楽なログ]
 経済学者の植草氏が実刑判決確定により収監されそうで、選挙が迫ったこの時期を狙ってのものだと言われるタイミングである。彼はもともと、最近の鳩山総務相辞任(事実上更迭)に関わる一連の経済問題で政府側の不正を前から告発してきたし、その後は、著書やブログで政権批判と政権交代を訴え続けて来たのだから、言われても当然だろう。  しかし、当ブログは法律問題が中心で、そこから政治経済その他にも関わるというスタンスをとっているので、植草氏の裁判について特に検討してみよう。  まず、いつもノロノロとかモタモタ... [続きを読む]

»  「司法」を義務教育の教科に (旧記事改訂) [政治]
日本は法治国家だと思います。法というものがどのように司られているか ということを知らずに日本で生活をするのは本当に危険なことだと思います。 少なくとも裁判では真実や真理というものが殆ど明らかにされないと いうことぐらいの理屈は皆が習っておくべきだと思います。 当ブログでは「司法」を義務教育の教科にすることを提唱します。 司法は本当に大切なことで皆が勉強すべきことだと思います。 こうして子供の頃からしっかり司法というものを習っておいて、 この大事な裁判というものをより良くする為に皆で考えることが ... [続きを読む]

» 植草一秀氏への不当判決に憤る [DelightChannel]
 現内閣解体寸前、そしてマイケル・ジャクソンの訃報といったビッグニュースの影で、 [続きを読む]

« 痴漢冤罪事件最高裁不当判決について | トップページ | サンプロがかんぽの宿疑惑適正検証を行なうか »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ