« 森田実氏HPへの渡邉良明氏拙著書評に深謝 | トップページ | フジ新報道2001も不公平な4党討論方式を採用 »

2009年6月21日 (日)

副島隆彦氏との共著『売国者たちの末路』上梓

 

このたび、副島隆彦氏との共著

『売国者たちの末路――私たちは国家の暴力と闘う』

が祥伝社から出版されることになりました。6月24日に発売開始予定です。

 

 

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Amazon等のネットブックショップ、ならびに全国書店にてお買い求めくださいますようお願い申し上げます。

 祥伝社サイトより、本書のご案内を転載させていただきます。

 スキャナー不調のため、表紙画像と詳しいご案内は改めて掲載させていただきます。

 総選挙に向けて、必読の書と考えます。ご一読賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

 以下は、祥伝社HPからの転載です。

流れは、変わった!
衰退するアメリカ 小泉・竹中政治の闇と終幕 財務省利権 政権交代を阻止する勢力 地獄へひた走る世界経済
――
新たな時代を予測する、衝撃の対論!

危機を乗り越えるために――副島隆彦

植草さんは、小泉・竹中構造改革政治(2001年~2006年)の荒れ狂った嵐の中で、日本国でいちばんひどい目に遭った人である。例の痴漢冤罪事件の謀略である。

今や小泉純一郎と竹中平蔵を頭目とする売国奴たちが退場しつつある。彼らは日本国民から石の礫を投げられ、追われようとしている。私はこの8年間、自分の金融・経済本で、この頭目2人を含めたアメリカの手先となって動いた者たちを、名指しで厳しく批判してきた。このあとも「売国者たちの末路」をしっかりと見届けたいと思う。

植草一秀氏は、今すぐにでも日本国の金融・財政の担当大臣になれる人物で器の持ち主である。日本がアメリカ発の世界恐慌の嵐を何とか越えられるように、今こそ植草一秀という立派な男を皆で応援しましょう。
(本書「まえがき」より)

日本を苦しめる「悪」を許すな!(本書の内容)

「デリバティブのブラックホール」を生んだアメリカは謝罪せよ

なぜ財務省が「財政出動の大盤振る舞い」を許したのか

郵政民営化の本当の狙いは、巨大な「不動産」だ

「竹中大臣辞任」と「植草事件」の奇妙なタイミング

アメリカで「洗脳」された財務官僚

小沢一郎攻撃のきっかけは「米軍不要」発言だ

ドル暴落を支えつづけた日本の売国政策

 早ければ、週明けにも全国書店店頭にてお求めいただけると思います。

 このような出版を企画下さいました副島隆彦先生と出版の労をお取り下さいました祥伝社の角田勉様、岡部康彦様に深く感謝申し上げます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 森田実氏HPへの渡邉良明氏拙著書評に深謝 | トップページ | フジ新報道2001も不公平な4党討論方式を採用 »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/30204264

この記事へのトラックバック一覧です: 副島隆彦氏との共著『売国者たちの末路』上梓:

» 植草一秀氏&副島隆彦氏の新刊!! [ライジング・サン(甦る日本~世界へ)]
売国者たちの末路 / 私たちは国家の暴力と闘う 流れは、変わった! 衰退するアメリカ 小泉・竹中政治の闇と終幕 財務省利権 政権交代を阻止する勢力 地獄へひた走る世界経済 ――新たな時代を予測する、衝撃の対論! 危機を乗り越えるために――副島隆... [続きを読む]

» 『売国者たちの末路――私たちは国家の暴力と闘う』6月24日発売予定 [YAMACHANの@飛騨民主MAVERICK新聞]
売国者たちの末路 6月24日に発売開始予定 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/ ↑総選挙に向けて、必読の書かと思われる。(^^) +++++++++++++++++++++++++ http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396613341&jcode= 流れは、変わった! 衰退するアメリカ 小泉・竹中政治の闇と終幕 財務省利権 政権交代を阻止する勢力 地獄へひた走る世界経済 ――新たな時代を予測する... [続きを読む]

» 今日のサンプロ、西松はスルー? [東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆]
田原総一朗への退場勧告―佐高信の政経外科X〈10〉posted with amazlet at 09.06.21佐高 信 毎日新聞社 売り上げランキング: 159642Amazon.co.jp で詳細を見る 先週の放送では「ぽっぽ更迭」ってビックニュースがあったにもかかわらず、「やぶ蛇」になるのを恐れて、完全にスルーした素敵な番組。 電波芸人、田原の「サンプロ」。 今週は番組内で「西松欠席裁判」を取り上げ 御用応援団と合わせて 「小沢氏の説明責任…」を何回言うか楽しみにしてたのです... [続きを読む]

» 都議選の争点は新銀行東京と築地市場移転問題 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
☆概要 http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/0e052... 東京都議選、7月12日投開票(朝日新聞) 都議選は新銀行東京、築地市場移転が争点(日刊スポーツ) 新銀行東京、開業から4年連続100億円超の赤字(読売新聞) 09都議選:国政見据え決戦へ 「第1党」巡り自民、民主攻防 /東京(毎日新聞) 築地市場移転:豊洲新市場建設予定地、ボーリング現場公開 /東京(毎日新聞) 土壌調査に熱い視線 築地市場移転予定地 掘削作業を公開(東京新聞) 中央卸売市場移転 豊洲予定... [続きを読む]

» グリーン革命の怒れる若者たち・イラン現地レポート-2 [米流時評]
   ||| グリーン革命の怒れる若者たち |||  タイム誌記者テヘラン現地レポート<2> グリーン革命の怒れる若者たち  新しい中東へ! イランの民主化運動を支えるイスラム国家の次世代パワー イランの大統領選ではあからさまな不正開票が行なわれたため、テヘランやシラズなどの主要都市で、捏造改ざんされた開票結果に憤慨した一般市民が自然発生的に街に出て怒れる群衆を形成していた。そこへ黒づくめの武装警察が突入。無防備な市民に警棒で殴りかかった。 これが投票日翌日の13日土曜の朝。こ... [続きを読む]

» [児ポ法][新自由主義][裁判員制度]児童ポルノ禁止の動きとグローバリゼーション [月よお前が悪いから]
児童ポルノというと、如何にも小学校低学年程度の子供が大人に犯される映画や写真であるかのように思われがちですが、しかし、18才以下の淫行やセルフヌード・援助交際なんかが全て処罰対象に挙げられており、今週末から国会で自民案と民主案が審議に入る「改正」案ではこれ... [続きを読む]

» いつから「石原」を利する党になったんだ [東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆]
他の選挙区なら兎も角、 東京8区に候補者を擁立するとは、 共産党!お前は正気なのか!? まずは、東京8区の前回の選挙の結果。 次の選挙では、この選挙区より 民主党が社民党と共闘した事により東京6区より鞍替えした 社民党の保坂展人氏が出馬を予定している。 共産党はいつもの「死に票製造機」、前回擁立した、沢田氏を再び擁立予定らしいとの事。 東京8区では過去6回連続で 石原伸晃とかいう「カルト被れの、インポ親父の馬鹿息子」が大差で勝利している。 断末魔の悪い冗談とは... [続きを読む]

« 森田実氏HPへの渡邉良明氏拙著書評に深謝 | トップページ | フジ新報道2001も不公平な4党討論方式を採用 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ