« 小沢氏辞任報道と「正義の勝利」に向けての戦略 | トップページ | 民主党次期代表が掲げねばならない五大公約 »

2009年5月11日 (月)

逆風を順風に転じさせる小沢民主党代表の英断

民主党小沢一郎代表の代表辞意表明会見が行われた。

小沢代表は次期総選挙での勝利、政権交代実現を優先し、不本意ながら代表の地位を辞することを決断した。このことが明瞭に伝わる辞意表明会見であった。

3月3日の小沢秘書逮捕は、結果的に振り返ってみても、筋の悪い「政治謀略」であったことは明らかである。本来、民主党は党を挙げてこうした「政治謀略」に抵抗するべきであった。「謀略」に屈服することは「謀略」を容認することであり、「謀略」を助長するものである。

この意味で、民主党は党を挙げて「政治謀略」を糾弾し、小沢氏代表体制を維持して総選挙に臨むべきであった。

ところが、この「正道」が二つの要因で維持されなかった。第一の要因は、一部民主党議員の腰の引けた対応が際立ったことだ。民主党内部には反小沢代表派の議員が少なからず存在する。こうした議員が、今回の「政治謀略」を党内政治に利用したことは極めて残念なことであった。

第二の要因は、「悪徳ペンタゴン」が小沢代表失脚を最重要目標に定めて、情報操作・世論操作を担う「御用メディア」が総力をあげて小沢氏攻撃を継続したことである。不正で低劣な情報操作だが、総力を挙げて展開されれば、総選挙にも影響が生じることを否定し切れない。

この二つの要因を踏まえ、小沢代表は「正道」を維持することを断念し、総選挙での勝利、政権交代実現を優先して、断腸の思いで代表辞任を決断したのだと思われる。

もとより、小沢代表は地位に恋々とするような政治家ではない。これまで何度も首相に就任する機会がありながら、政治ポストに執着することは一度もなかった。

小沢代表は「正義の筋を通す」ことと、「政権交代という大きな政治目標」を実現することを重視し続けてきた。この意味で、今回の代表辞任は、一時的に「正義の筋を通すこと」を脇に置いて「政権交代実現」を優先したものだと言える。

しかし、小沢代表は卑劣な「政治謀略」を容認したわけではない。政権交代が実現すれば、「政治権力による不正な警察、検察権力の使用」=「卑劣な政治謀略」を糾弾することが可能になる。順序は逆になるが、「正道」を回復することは不可能でない。大きな目標を優先して、「急がば回れ」の選択を示したのだと言える。

小沢代表が会見で明確に述べたように、小沢代表は引責辞任したのではない。西松事件に関する検察捜査の不当性を指摘しつつ、何よりも「政権交代実現」を優先し、民主党の挙党一致体制を確保するために辞任の決断を下したのだ。

麻生首相が小沢氏辞任の意味を理解できない旨の発言を示したが、漢字を読めないだけでなく、日本語の意味もよく理解できないのではないかと思われるコメントであった。

小沢代表が辞意を表明したことで自民党は攻撃の手掛かりを失うことになる。また、民主党が小沢氏辞任により、挙党一致体制を回復することができれば、最大の逆風を順風に変えることができる。

小沢代表は、代表に留まる場合の国民の得失と、代表を辞任する場合の国民の得失を冷静に比較考量し、代表辞任の決断をしたのだと考えられる。断腸の思いで立派な決断を示したと言える。

今後の問題が三つある。

第一は、民主党が適正な新代表を選出し、挙党一致体制を構築できるかどうかだ。

第二は、今後も激化すると予想される御用メディアの民主党攻撃に対してどのように対応するかである。

第三は、政権交代の目的、野党共闘に揺らぎを生じさせないことである。

ばらばらな民主党を取りまとめ、政権交代実現に手の届く位置に民主党をけん引したのは言うまでもなく小沢氏の力量だった。小沢氏が辞任することで民主党の結束が揺らぐ懸念がある。

第一の懸念を払拭するには、挙党一致で新代表を選出するとともに、小沢氏が引き続き、総選挙を指揮する要職に留まるなど、新執行部に残留することが求められる。

第二に、「悪徳ペンタゴン」の一角を担う「御用メディア」が本格的政権交代実現を阻止するために、民主党攻撃を継続することへの備えを急ぐことだ。小沢氏辞任にかこつけて「御用メディア」が小沢氏誹謗中傷報道を加速させる可能性がある。「引責辞任」でないことを執拗に攻撃する可能性もあるだろう。民主党は党を挙げて偏向報道に対応し、偏向報道を粉砕しなければならない。

小沢代表辞任に合わせて早速、権力の狗(いぬ)的存在に成り下がっている東国原宮崎県知事が、「説明責任が足りない」、「臭いものに蓋」、「民主党のイメージが悪化する」などの、見え見えの、権力迎合小沢氏批判を得々と展開している。情けないほどに醜悪(しゅうあく)な姿だ。

小沢代表が身を引いて総選挙勝利・政権交代実現を優先した意志を尊重し、民主党が本格的政権交代実現に向けて、挙党一致で揺るぎない方針を固めることが不可欠だ。

政権交代の意義は、これまでの利権政治を払拭することにある。60年以上継続した自民党政治は、「特権官僚」、「大資本」、「外国資本」の巨大利権を擁護し、「御用メディア」を用いて一般国民を欺く政治を維持し続けてきた。この「悪徳ペンタゴンによる利権政治」を破壊し、国民の利益を優先する政権を樹立することが政権交代を実現する意義である。

このために、小沢代表が提案した「企業献金全面禁止提案」を受け継ぐことが不可欠だ。また、「天下り全面禁止」提案を明確にマニフェストに盛り込むことも求められる。

麻生政権が掲げる2011年度消費税大増税に対しても明確な反対姿勢を明示することが必要だ。消費税大増税を論議する前に、「天下り利権」を根絶することが不可欠である。

「天下り根絶」、「企業献金全面禁止」、「消費税大増税阻止」の視点を踏まえれば、次期代表は菅直人氏を軸に選出するべきであろう。代表交代に伴って、この三つの方針が揺らぐことは、政権交代の意味を後退させることにつながる。

 

岡田氏が代表に就任する場合には、三つの方針を明示することが不可欠だ。ただ、岡田氏は前回総選挙で民主党を大敗させており、今回は出馬を控えるべきだ。菅直人氏は不当な理由で代表を辞任した。その雪辱を果たさせるべきだろう。

小沢氏の英断を生かし、民主党は結束して総選挙に勝利し、政権交代を実現しなければならない。小沢氏が推進した野党共闘も重要である。

小沢氏辞任とともに民主党内対立激化、野党共闘崩壊となれば、「悪徳ペンタゴン」の謀略が成就してしまう。小沢氏の意志を最大限生かし、民主党が挙党一致体制を確立することが政権交代への活路を確実にする。

この時期の代表辞任表明により、民主党は7月12日の同日選にも対応が可能になった。7月12日選挙でも8月選挙でも民主党は対応できる。小沢代表は総選挙勝利に向けて全力を注ぐものと考えられる。

柔軟な思考と対応が逆風を順風に転換する。政権交代を求める有権者も今日の小沢代表辞意表明をひとつの区切りとして、心機一転、政権交代実現に全力を注いでゆかねばならない。

ブログランキングのクリックお願いします!

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

       

知られざる真実―勾留地にて―

Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 小沢氏辞任報道と「正義の勝利」に向けての戦略 | トップページ | 民主党次期代表が掲げねばならない五大公約 »

小沢代表・民主党(2)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/29566598

この記事へのトラックバック一覧です: 逆風を順風に転じさせる小沢民主党代表の英断:

» 民主党・小沢代表が辞任を表明・・・マスコミの暴走はどこまで続くのか [路上で世直し なんで屋【関西】]
民主党・小沢代表が辞任を表明した。 記者会見では、「西松事件」に関して引責辞任する訳ではなく、「マスコミの世論調査によると、民主党支持率が急落しており、党内の混乱し、民主党が不安定になるから」と理由を語った。 記者たちによる「なぜ、辞任するんですか?」....... [続きを読む]

» 百万人のエクソダス・スワット谷の難民大移動 [米流時評]
   ||| スワット谷 少数民族の大移動 ||| タリバンの恐怖政治支配と政府軍攻撃を逃れて、国内難民と化したパシュトゥン族 和平協定を蹂躙したタリバンを猛攻する政府軍の空爆で、戦場と化したスワット谷 UN: Pakistan Fighting Displaces One Million Jets hit Taliban positions as refugees plea for pause, Zardari asks for help MAY 8, 2009 | Assoc... [続きを読む]

» 民主党は、不正義を勝利させ、敵を利した。 [ふじふじのフィルター]
 本日、小沢一郎氏が民主党代表を辞任された。小沢氏は、法にのっとって政治資金を受 [続きを読む]

» 【小沢代表辞任】手痛い打撃だが国民の未来のために立ち止まってはならない!【いざ!反撃】 [ステイメンの雑記帖 ]
 2009年5月11日。後世の日本人達にこの日は如何に伝わるであろうか?  シロアリ産経による執拗なまでの偏向報道に晒されてきた 民主党小沢代表が突然辞意を表明 した! (以下、引用開始) 小沢民主党代表が辞任 後任に岡田、鳩山氏浮上  民主党の小沢一郎代表(66)は11日午後、党本部で記者会見し、 代表を辞任する意向を表明 した。小沢氏は辞任に関し「(進退をめぐって)党内が乱れていては総選挙に勝利できない。政権交代という大目標を達成するため、自ら身を引くことで民主党の団結を強め、挙党一致をより強固... [続きを読む]

» 小沢一郎って奴は・・・ [Next Century.First]
「この催しは、政治資金規正法第8条2に規定する政治資金パーティーです。」   自民党の衆議院議員、K氏からの政治資金パーティーの招待状が届けられたのは2月に入ってからのことだ。  4月に催されたこのパーティーで、発起人として招待状に名を連ねていたのは森喜朗を始めとする自民党の錚々たるメンバーであった。  招待状にこうもストレートに「この催しは、政治資金規正法第8条2に・・・」と書かれてしまうとなんともあからさまで、滑稽にすら思えてしまう。聞くところによると、4月はこのような”政治資金パーティー... [続きを読む]

» 「拝啓、小沢一郎様」を一人でも多くの人に読んで欲しいと感じたから、リンク先のやり方の画像入り説明です(PC初心者向け)。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 平成海援隊BBSから生まれた、「小沢民主党での政権交代を!」の熱い思いよとどけ、とどいてくれの書簡集「拝啓、小沢一郎様」です。一通、一通書き手の熱い思いが伝わってきて読んでいると胸が熱くなります。  なお、最初に使ってみて使い辛さにちょっと驚きました。パソコン慣れしている小生でもそうなのですから、パソコンの初心者は推して知るべしです。  以下、画像入りで簡単に説明しておきます。 (クリックすると拡大。元の画面に戻るには写真右上の×。ココログの仕様変更(苦笑)) 1、「拝啓、小沢一郎様」のリンク先に... [続きを読む]

» [仙人的徒然草-274] 小沢の辞任会見は起死回生の妙手かもしれない [ガマ仙人の徒然草]
小沢の辞任会見 予想以上にすっきりした顔だった なぜこの時期に と思ったが もしかすると ベストに近いタイミングなのかもしれない 自民党の解散カードは これで8月9日以降に決定された 最悪完全追い込まれ解散となる アホウ太郎のフリーハンドはなくなった ....... [続きを読む]

» 民主党との訣別宣言 [どなんとぅ ぬ だぁ ]
小沢代表が辞任した。小沢自身の気とした高等戦略ではないかとの楽観論が見受けられる [続きを読む]

» 日本がどういう国かというと [八木啓代のひとりごと]
今回の豚インフルエンザ騒動で、数字がころころ変わったことに見られるように、メキシコというのは、かなり「いい加減」な国である。 私が何... [続きを読む]

» 小沢一郎の次の代表 [ろーりんぐそばっとの「ため口」]
結局Blogをざっとみたけど 民主党代表の後釜については ほとんどのBlogは 新聞等のマスメディアの情報を伝えているだけに見える。 その中で 雪斎の随想録 小沢一郎の「次」 鳩山・菅両氏では話にならない。 常... [続きを読む]

» つぶれそうな産経新聞に、情けは無用 [雑感]
次の選挙は、日本の国民が「 政権交代を望むか望まないか 」の選挙になるだろう。 言葉だけで、「 国民の多くは政権交代を望んでいる」 と伝えるマスコミは、どうでもよろしい。 潰れそうで、ジタバタをして虚偽報道・偏向報道を伝える「マスコミの言葉を信じろ」というほうが無理があり、説得性にかける。 マスコミは、散々「田中氏に繋がる」、「金丸氏に可愛がられた」、だから「小沢は黒」だと伝えてきたわけであるから、 経営状態が悪いから政府自民党に擦り寄り虚偽の記事・偏向の記事を書いた産経新聞といわれても何の反論があ... [続きを読む]

» 「せめて自らたにだけは、恥じなく瞑りたい」小沢一郎党首辞任に拍手を! [TORAYOSAの今日のきまぐれ]
オレがいま読んでいる本デマナンデイルノハ、維新後の通史から現代史を、『持丸長者』(広瀬隆)や『聞き書き鞍馬天狗のおじさんは』’竹中労)から、政治家・官僚・資本家(多くは閨閥をつくり、独占してきた)をあらいなおし、オレの都合から、「いま」を批判するという、ことを自分の教養として、頭にトレースしたいと、いうことで始めた。 いま、まさに5月11日、そこのことが起こった。 小沢おろしのメディアと一部党内霍乱・氾濫分子の圧力に、 「挙党一致体制」という私を捨てた、強い信念で小沢一郎は、大きな選択をした。 ... [続きを読む]

» 小沢代表辞任 有識者の考察 [豊中ではたらく社長のブログ]
まずは ランキングのクリックをお願い致します。 小沢代表の辞任後、マスコミによって一斉に新たな攻撃が始まりました。様々なメディアを確認したところ、どのような戦略をとっているのかが見えてきました。ところで、マスコミというのは何か新たな事件が起こった時、....... [続きを読む]

« 小沢氏辞任報道と「正義の勝利」に向けての戦略 | トップページ | 民主党次期代表が掲げねばならない五大公約 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ