« 遠吠えを繰り返す竹中平蔵氏は国会に出頭せよ | トップページ | 低劣「TVタックル」小沢代表失脚工作を粉砕 »

2009年5月 3日 (日)

楽観できない経済金融情勢と副島隆彦氏新刊

『金利・為替・株価特報2009年5月9日号』に、今後の金融市場展望を記述する。

内外株価が3月9日以降に反発し、3月以降に発表された一部の経済指標に、経済状況の好転を示唆するものが混在し始め、先行き楽観論が広がっている。

『金利・為替・株価特報』では、短期変動の参考指標として、日経平均株価と円・ユーロレートの強い連動関係を指摘してきた。昨年7月以降、日本円は、ユーロ、ポンド、加ドル、豪ドルなどの主要通貨に対して急激な上昇を示した。

2000年から2007年にかけて、日本銀行が超金融緩和政策を維持したため、日本円は米ドルに連動して長期下落傾向を示してきた。その蓄積されたエネルギーの反動により、日本円が急激に上昇した。

日本円の急激な上昇は日本の輸出産業を直撃し、製造業を中心に激しい景気悪化が広がった。連動して日本株価が急落した。円ユーロレートと日経平均株価のチャートを掲示するが、日本株価は円ユーロレートの変動に連動した推移を示してきた。

  

 

0502091

  Nikkei050209

 

 

『金利・為替・株価特報』では、両者の連動関係を指摘してきた。日本円が主要通貨に対して急上昇した昨年半ば以降、日本経済の急激な悪化についても警告を発してきた。

米国発のサブプライム危機に対応して、米国政策当局は迅速に、かつ大胆に対応を示している。日本の政策当局は1996-98年、2000-03年にかけて、不良債権問題が深刻ななかで、経済悪化推進の緊縮財政を実行し、事態を激しく悪化させた。

米国政策当局は日本の「失敗事例」を「反面教師」として活用し、今回、迅速な政策対応を示している。竹中平蔵氏は小泉竹中政権の政策対応を正当化したいのだと思われるが、残念ながら、竹中経済政策の失敗は明白である。

この点については、
4月12日付記事「「サンプロ」竹中平蔵氏「存在の耐えられない」誤謬」
をご高覧賜りたい。

①大型景気対策、②金融超緩和政策、③公的資金による資本増強策、が三位一体で実施され、株価が反発し、一定の安心感が広がっている。

しかし、先行きを楽観視するのは、時期尚早であると考えられる。三つの考察対象を示しておく。

第一は、IMFが4月21日に発表した国際金融安定性報告書(GFSR)で、米国・欧州・日本の金融機関が保有する不良資産の評価損が、2007年から2010年の4年間で4兆540億ドルに達する可能性があるとの見方を示したことだ。

また、金融機関が必要とする資本増強策が、今後1兆7000億ドルに達するとの見通しも示された。

第二は、この問題に関連して、IMFのストロスカーン専務理事が4月23日、IMF会合前の記者会見で「危機は終息には程遠いというのがわれわれの認識だ」と述べたことだ。

第三は、2007年以降の米国発の金融崩壊を的確に予測し続けてきた副島隆彦氏が、この4月30日に上梓された著書
『日米「振り込め詐欺」大恐慌』
で、NYダウが2010年にかけて3000ドル台にまで下落し続けるとの予測を示していることだ。

日米「振り込め詐欺」大恐慌―私たちの年金・保険は3分の1に削られる Book 日米「振り込め詐欺」大恐慌―私たちの年金・保険は3分の1に削られる

著者:副島 隆彦
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サブプライム危機に伴う金融機関の損失累計額予測をIMFは四半期に1度程度の頻度で公表しているが、予測値は時間の経過とともに拡大してきた。

米国政策当局は金融機関の資本増強策に充当するための公的資金枠をすでに100兆円以上確保してきたが、さらに170兆円もの資金が必要になるとの見通しが示された意味は重い。

NY株価は反発しているが、2007年以降の中期下落トレンドから脱したわけではない。

Ny0502093_2  

先述した二つのグラフが示すように、日本の株価は円・ユーロレートに連動して変動しており、日本円がユーロに対して下落する局面では日本株価が上昇しやすいが、日本円のユーロに対する下落が今後も持続する保証はない。

5月以降の経済・金融情勢については、十分な検討が求められる。『金利・為替・株価特報2009年59日号』では、この問題についての見通しを記述する。

副島隆彦氏の近著『日米「振り込め詐欺」大恐慌』は、米国オバマ政権の内情、米国金融危機伴う日本の損失、サブプライム金融危機処理の最終的な帰着点について、極めて示唆に富む分析を提示されている。

同書274ページには、私が巻き込まれた冤罪事件についての謀略的背景についても言及されている。同書はサブプライム金融危機の帰着点を見定めよと考えるすべての人に必読の書と言える。

 

 

ブログランキングのクリックお願いします!

人気ブログランキングへ

ランキング

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 遠吠えを繰り返す竹中平蔵氏は国会に出頭せよ | トップページ | 低劣「TVタックル」小沢代表失脚工作を粉砕 »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/29414821

この記事へのトラックバック一覧です: 楽観できない経済金融情勢と副島隆彦氏新刊:

» 自民党政治に異議・茨城県医師会+麻生と茨城県連との親密な関係 [狐と狸とカラスどもに怒りを]
戦後自民党政治を支えてきたのが、票と金。 その票と金を企業とともに支えてきたのが業界団体である。 ありとあらゆる業界が団体を作り、票と金の両面から自民党政治を支えてきた。 その自民党支持の最も強固な業界団体の一つが日本医師会である。 しかし、今その一角が崩れようとしている。 自民党相手に一歩も引かずに自分たちの主張を続ける茨城県医師会。 後期高齢者健康保険制度反対表明 次回総選挙において民主党候補支持表明 定額給付金を民主党に寄付を表明 次回県知事選に自民党候補ではなく現知事支持を決定 そして... [続きを読む]

» アメリカン航空感染か?ロス>成田169便の40名隔離 [米流時評]
  ||| AAロス帰国便 成田で40名隔離 |||   ロス発成田着アメリカン航空169便で乗客発熱、成田で乗客・添乗員40名隔離 米国時間で今朝10時42分、日本時間で5月5日早朝5時42分、MSNBCの通常番組に速報で「成田空港でAA(アメリカンエアライン)が着陸時点で、新型インフルエンザ感染の可能性のある乗客37名と添乗員2名を隔離」というニュースが。 このニュースは、日本ではすでに「シロ」と結論が出ていましたね。臨時ニュースで入ってきたので、未明のニュースとは別件だと思った... [続きを読む]

« 遠吠えを繰り返す竹中平蔵氏は国会に出頭せよ | トップページ | 低劣「TVタックル」小沢代表失脚工作を粉砕 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ