« 選挙妨害に見える国策捜査は世論操作に逆効果 | トップページ | 選挙妨害を克服しかんぽの宿疑惑を徹底究明すべし »

2009年3月 6日 (金)

国策捜査と情報操作がまかり通る暗黒国家日本

自民党政権は、総選挙を目前にしたタイミングで次期首相に就任する可能性が最も高い人物にターゲットを絞り、不透明な部分の多い強制捜査を実行したと考えられる。検察、警察は行政部門に属する組織であり、広い意味での意思決定のトップには内閣総理大臣が位置する。

内閣のなかで行政官庁を統括する職務が事務の内閣官房副長官である。官僚組織のトップに位置する職務である。麻生首相は霞ヶ関を統括する事務の内閣官房副長官に警察庁長官を務めた漆間巌氏を任命した。麻生内閣は「警察国家」の色彩を強めている。

小沢一郎氏の秘書は西松建設が政治団体を通じて行った献金が、西松建設からの献金であると認識して受け取ったとの嫌疑をかけられている。認識の問題が問われている。

小沢一郎議員の政治団体が西松建設の政治団体から献金を受け入れたことについて強制捜査を受けたが、まったく同じ形態で献金を受けた国会議員の政治団体が自民党に10団体も存在する。献金リストは3月5日付記事「選挙妨害に見える国策捜査は世論操作に逆効果」に掲載した。

3月5日、6日になって驚くべき情報が報道された。

ひとつは、政府高官が「今回の疑惑追及が与党に波及することはない」と明言したと報道されたことだ。

いまひとつは、西松建設と小沢一郎氏の事務所との間で献金額などの詳細を話し合っていたのは、逮捕された大久保氏ではなく、大久保氏の前任の秘書であったとの報道がなされたことだ。

「きっこのブログ」様が指摘されるように、逮捕された大久保氏は、現在、接見禁止の措置が取られて取調べを受けている。大久保氏がどのような話をしているのかは、捜査当局と接見している弁護士しか知りえない。

私が冤罪事件で逮捕、勾留された際には、マスメディアによる虚偽情報に加えて、山口正洋氏が、私に接見した事実もまったく存在しないのに、「債券・株・為替中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら」に事実無根の捏造記事を掲載してネット上で重大な情報誘導を行なったため、大変な迷惑を蒙った。

山口氏は昨年、山口氏のブログ記事を福島中央テレビの男性アナがブログに盗用したことを訴え、訴訟提起も辞さないとの発言を示した。毎日新聞、産経新聞、朝日新聞は山口氏を賞賛する記事を掲載、あるいは雑誌連載を行っていたため、私は内容証明郵便の送付、または本ブログを通じる意見表明により、お詫びと訂正、新聞社としての適正な対応を求めたが、山口氏をはじめ、すべての関係者が頬かむりをしたままである。

話が横道にそれたが、接見禁止の取り扱いを受けている被疑者の発言は捜査当局がリークしない限り、表には出てこない。捜査当局は世論誘導を図るために情報をリークするが、3月5日記事に記述したとおり、その内容には虚偽がふんだんに盛り込まれている。

「きっこのブログ」様が「関係者の話」の胡散(うさん)臭さを指摘されているが、指摘の通りである。「関係者の話」としておけば、メディアは無責任な内容を記述したい放題になる。

この意味で、連日、マスメディアが大きく取り上げるさまざまな「リーク情報」には、十分な警戒感をもって接しなければならない。私が巻き込まれた冤罪事件の場合、メディアが流布した虚偽報道のごく一部を対象に訴訟を提起したが、メディアが裏づけをまったく取らないまま情報を流布した実態が明らかにされた。

「政府高官が今回の疑惑が与党に波及することはない」と発言したとの報道についても、その真偽を確かめる必要があるが、ネット上ではこの政府高官が漆間巌官房副長官ではないかと伝えられている。仮に、この発言が事実だとすれば、今回の措置が「国策捜査」であることが明白に裏付けられることになる。

しかし、仮に与党にも捜査が波及したとしても、次期首相候補NO1の小沢一郎氏周辺を標的にすることと、与党議員をターゲットにすることとの間には天と地の差が存在するのであり、「国策捜査」の疑いはまったく晴れない。

むしろ、自民党の一部にも問題を波及させることにより、「国策捜査」批判をかわすとの戦術が取られることも想定される。したがって、自民党議員への波及が生じたからといって、「国策捜査」疑惑を否定することはできない点に注意が必要だ。

「国策捜査」とは、政治的な背景をもって司法・警察権力が活用されることを指す。小泉政権発足後、この意味での「国策捜査」が積極的に活用されてきたことは、紛れもない事実だと私は判断している。

与党議員は民主党が「国策捜査」批判をすることについて、「民主党が政権を獲得したら、国策捜査を実行することを表明しているようなもの」だと批判する。このことは、与党のなかに、政権交代が生じる場合、悪事が白日の下に晒(さら)されて罪を問われることを心配する議員が多数存在することを自白しているようなものだ。

民主党が政権を獲得する場合、新政権は「国策捜査」を実行するのではなく、「国策捜査」の疑いがある過去の事案について、徹底的な真相解明を実行するのだと考えられる。その「真相解明」によって、問題が明確になれば、適切な対応が取られなければならない。

また、政治力によって隠蔽されてきた重大な犯罪事実が存在するなら、法の正義に基づいて、適正な対応が取られることになるだろう。与党議員は、政権交代が生じる場合の、新政権のこのような適正な法の運用を強く恐れているのだと考えられる。

日本国憲法は内閣総理大臣に行政権を委ね、また裁判所人事についても内閣に基本的な任命権を付与している。その結果、日本の議院内閣制においては、内閣総理大臣の制度運用の手法によっては、内閣総理大臣が三権を掌握してしまう危険性が内在していると言わざるを得ない。この問題は、いずれ、根本的に再検討される必要があると思われる。

小沢氏の秘書にかけられている嫌疑が、単に企業からの献金を政党支部でなく政治団体で受け入れたというものであるなら、今回の検察の対応、マスメディアの対応は常軌を逸していると言わざるを得ない。与党議員に対しても「法の下の平等」に基づく適正な対応が求められる。

マスメディアは小沢代表秘書の大久保氏が、西松建設に請求書を出していた、あるいは献金額を話し合っていたとの報道を繰り返したが、3月6日になって、そのような行動を取っていたのが大久保氏ではなく、前任者であるとの情報が浮上した。

前任者とは高橋嘉信元衆議院議員であると見られる。すでに「宮崎信行氏のブログ」「カナダde日本語」の美爾依さんが高橋氏に関する詳しい情報を提供してくださっている。高橋氏とは私も面識があるが、元々は小沢代表の秘書をされていた人物だが、現在は小沢氏と敵対する位置に立っている。

次期総選挙では小沢氏の所属選挙区である岩手4区から自民党公認候補として立候補する予定である。ここから先は推測になるが、今回の一連の捜査は、小沢氏を政敵とする自民党公認候補である高橋氏サイドからの情報提供が出発点になっている可能性がある。「政治的謀略」の匂いがもとより強く立ち込めている。

麻生首相は「マキャベリ」の権謀術数から学ぼうとしているのかも知れないが、権謀術数の底が浅いと、すぐに目的、手口が明らかになってしまう。

西松建設が東北地方での事業拡大を期待して献金をしてきたと述べていると伝えられているが、企業の献金は基本的に利潤動機に基づいているだろう。政党助成金制度を拡充したのであるから、企業献金を全面的に禁止することを検討するべきではないのか。

日本経団連会員企業が自民党に1年間に29億円も企業献金を行っているが、その結果として、自民党が発表する政策には、ハイブリッドカーに対する巨大な補助金政策、エコ事業に対する巨大な補助金政策が盛り込まれているのではないか。

マスメディアの行動に二つの目に付く点がある。ひとつは、西松からの献金を受け入れたことを「受託収賄」の印象を伴って報道する傾向があることだ。このことは昨日付記事に記述した。本日、小沢代表が記者の質問に、「収賄のような伝えられ方をしているのは遺憾」との趣旨の発言を示していたが、当然のコメントである。

いまひとつは、マスメディアが民主党内の「反小沢勢力」の言葉だけを拾って強調して報道していることだ。

これまで、本ブログで記述してきたように、民主党内には「市場原理主義」と「対米隷属外交」を基軸とし、自民党内の「小泉竹中一家」と通じる勢力が存在する。これらの勢力は民主党内で、小沢氏からの権力奪取を虎視眈々と狙っている。マスメディアは民主党内の反小沢勢力の発言を誇大報道し、小沢氏辞任の世論操作を懸命に展開しているのだと考えられる。

「悪徳ペンタゴン」勢力にとって、当面の最大の目標は小沢一郎氏の影響力排除である。政権交代を恐れる「悪徳ペンタゴン」勢力にとって、最大の脅威は小沢一郎代表なのである。小沢一郎氏が代表を辞任して、「小泉竹中一家」と通じる人物が民主党代表に就任すれば、「悪徳ペンタゴン」の目的は達成されるのだ。

問われているのは、国民の賢明さと、民主党議員の見識である。国策捜査の主張を躊躇する民主党議員が多数存在するが、警察・検察権力が政治的に利用されているのは覆い隠すことのできない真実であると考えられる。

国の命運を定める総選挙を目前にしての、驚くべき国家権力の行使に対して、民主党は腹をくくって正々堂々の闘いを展開するべきであると思われる。一般国民が偏向メディアの土石流のような情報操作によって影響を受けることは回避しがたいが、国民に真実の情報を伝達する努力を全力で注ぐべきである。

日本の命運が不当な権力行使と不正な情報操作によって歪められることを、何としても阻止しなければならない。

人気ブログランキングへ

ランキング

« 選挙妨害に見える国策捜査は世論操作に逆効果 | トップページ | 選挙妨害を克服しかんぽの宿疑惑を徹底究明すべし »

小沢代表秘書不当逮捕(1)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/28497772

この記事へのトラックバック一覧です: 国策捜査と情報操作がまかり通る暗黒国家日本:

» 国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行さんも勝利宣言、漆間巌官房副長官(事務)が国策捜査を白状しちゃったので当然だが、。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 最近はどうもその手の憶測、推測、はたまた邪推、あるいは流言・蜚語的なるものを「陰謀論」とひと括りにして切り捨てるのが一部左派ブログと言われている人に流行っているらしい。(笑)  かつては、権力者が流言・蜚語を恐れ、取り締まったりしたようだが。(笑)  われわれ一般庶民にとって、頭のウォーミングアップとして必要なんじゃないかと思いますよ、専門家じゃないんだし、。権力はマスゴミ使って情報操 作をバンバンやっています。こちらの方でも、やられっぱなしではなくて時には、憶測、推測、あるいは邪推も織り交ぜて情... [続きを読む]

» 植草一秀氏に警告と言うか、アドバイスと言うか... [ラサ#lhasaのブログ]
この記事で植草氏は、小沢氏の秘書逮捕は国策逮捕、はめたのは麻生総理とほとんど断定しているように見えるが、 ある程度断定できるだけの根拠があるんでしょうか? 国策逮捕だってことはおいらも確信していますが、麻生総理の仕業と言うのは違うと思ってます。 この記事....... [続きを読む]

» 自民党には捜査の手が及ばない [報恩感謝 ありがとうございます]
[[item(http://www.youtube.com/v/9KrzD_50gAw,425,355)]] [http://www.youtube.com/watch?v=9KrzD_50gAw NHK NEWS 自民党には容疑が及ぶことはない]  どうして、自民党には捜査の手が及ばないのか考えてみた。 {{{  検察官はそれぞれが検察権を行使する独任官庁であるが、結局のところ検察権は行政権に属し、全体として統一されたものでなければならないことから、検察官は検事総長を頂点とした..... [続きを読む]

» マスコミ報道は信じてはいけない!領収書は無かった!! [パタリ]
小沢氏の秘書の大久保さんがタイホされたのは 「領収書があった」からだというニュ-スが流れた。 しかし、実際は領収書はなかった。 小沢氏の当時の秘書は大久保氏ではなく、 自民党岩手4区支部長で次期衆院選自民党公認候補予定者、 高橋嘉信元衆院議員 だったそうだ。 マズコミはわざと誤った情報を流し、国民欺こうとしている。 植草さんもマスコミの流す操作された情報で名誉を著しく毀損された被害者である。 彼は名誉毀損裁判で次々と勝っている。 このことからも、マズコミの流すニュ-スが信用できないことがわかる。 日... [続きを読む]

» 日本郵政のありえない怠慢  [東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆]
日本郵政が不動産売却等の検討を行うという建前で設置した 「第三者検討委員会」 人選や委員の数を見ただけで、疑惑解明とは程当遠い「ただの消防団」ということは、はっきりしていますが、 (参照:過去エントリー) 委員会を開催したのに、待てど暮らせど「議事録」すら上がって来ない。 報告書なら兎も角、ただの議事録ですよ。議・事・録・。 こちらの 議事録作成の東京反訳(株) によれば 1時間半の 議事録作成の納期は通常で3ー5日、特急だったら2日でできる。 第2回 2009年... [続きを読む]

» 政府高官発言、これが報道と言えるのか [ジョディーは友達]
 検察はなぜ、でっちあげをするのか?  有罪率99%は、異常である。日本では裁判 [続きを読む]

» 警察も検察も国家体制維持のためにのみ存在する。そのためには倫理上許されない捜査も正当化される! [SWANの 「Trust me!」]
 なんともご親切なことに、政権側から、今回の西松建設献金事件の小沢代表秘書逮捕に至る一連の過程が、政府が仕込んだ自作自演であり、民主党小沢代表に限定した捜査をするように、検察に指示していることを白状し... [続きを読む]

» 「かんぽの宿」問題から目を逸らすための小沢秘書の国策逮捕? [月よお前が悪いから]
と言うことで、小沢一郎・民主党党首が西松建設から「裏金」を貰っていたとのかどで東京地検特捜部が第一秘書を逮捕して、連日嘘とも本当とも付かない検察発信の情報がばらまかれているのに胡散臭くも辟易としておりますが、興味深い発言が政府筋からありました。 http://ma... [続きを読む]

»  戦前の雰囲気を感じる [政治]
最近今の世界が戦前と似ているように感じている人が 多くなって来ているような気がします。 このようなことを感じられる。 日本の歴史教育もまんざらではなかったのかも知れない。 気づければ防げるかも知れない。 ただ未だ足らないはず。   ... [続きを読む]

» 西松建設巨額献金事件 自民党にも波及 自民有力議員側に 6,000万円 [ひげログ人]
本日の地方紙一面に、「自民有力議員側に 6,000万円」と大見出し。 西松関係者 [続きを読む]

» がんばれ、イチロウ! [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
いやはや、ヤップデイ報告の続編を書きたいのだけど、やはりニホンのイチロウくんのことが気になって、ネットにつなぐとつい関連ニュースを読み漁ってしまいます。笑っちゃうのは、自民党のセカンドフロア(二階)氏やシンキロウ(森喜朗)氏が、あわてて「金」を返すって報じられていること。返すったって、もう解散しちゃった政治団体に、いったいどうやって返すんだろう???ここら辺からも、口先だけってことがバレバレですわ(笑)。 そして、もっと笑っちゃうのが、今回、問題とされている西松建設のダミー団体を経由した献金方... [続きを読む]

» 「国策捜査」批判と田中森一元特捜検事 [マジック・バス]
「国策捜査」発言を批判=小沢氏喚問要求も−自民各派  小沢一郎民主党代表の資金管理団体をめぐる違法献金事件に関し、同党幹部が東京地検... [続きを読む]

» 第三者検討委員会 第2回議事録 [東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆]
日本郵政、不動産売却等に関する第三者検討委員会 第2回 2009年(平成21年)2月25日議事録が公開されました。 第2回議事録[PDF:26kバイト](以下 内容添付します) 不動産売却等に関する第三者検討委員会(第2回)議事録 ○ 日 時:平成21年2月25日(水)15:30 ~ 17:00 ○ 出席者:川端委員長、黒田委員、澁井委員 説明者(事務局、不動産企画部) ○ 場 所:日本郵政株式会社3階 第二応接室 (委員長) 議事次第に沿って進めます。 最初に「郵政民営化... [続きを読む]

» ありがとう/国策捜査/「国策捜査」:最新情報 [ありがとう]
「39サーチ」では、あなたが入力したキーワード「国策捜査」に関する最新の感謝情報をインターネットから徹底検索しています。 「国策捜査」:最新情報 「国策捜査」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロード bidders TSUTAYA ...... [続きを読む]

« 選挙妨害に見える国策捜査は世論操作に逆効果 | トップページ | 選挙妨害を克服しかんぽの宿疑惑を徹底究明すべし »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ