« 既得権益勢力VSレジスタンス戦線の激闘 | トップページ | マスメディア総動員の情報操作・国策捜査との激闘 »

2009年3月13日 (金)

吉田茂が生んだ秘密警察国家日本とCIA

テレビメディアは執拗に小沢代表攻撃を続けている。それほどに、「既得権益勢力=悪徳ペンタゴン」にとって小沢一郎代表は脅威なのだと考えられる。

「悪徳ペンタゴン」は、政権交代が実現しても大連立に誘導できれば、既得権益を維持できると考えていると思われる。小沢代表さえ取り除くことができれば、大連立への誘導が可能と考えているのだろう。

しかし、小沢代表が民主党を指揮して政権交代を実現する場合、特権官僚と外国資本の利権は根本的に排除される可能性が高い。

特権官僚および米国権力と連携する政治権力が小沢代表に標的を定めて、異例の、そして異様な攻撃を続けているのは、このような事情を背景にしているからと考えられる。

西松建設への便宜供与の疑いを考えるなら、職務権限を持つ与党議員が優先されるべきだ。「きっこのブログ」様によると、西松建設の元社長は、東北地方での公共事業受注を期待して献金を行ったが、受注がまったく伸びないため、二つの政治団体を解散したと供述しているようだ。

小沢代表サイドの便宜供与を立証するのは難しいのではないか。

資金供出者が西松建設であることを認識していたとしても、寄付行為者が政治団体であれば、政治資金報告書には寄付行為者を記載するだけでよいとの判断を、東京地検特捜部OBの郷原弁護士が示している。これまで報道されている情報からは、小沢一郎代表秘書の大久保氏にかけられている嫌疑の内容が定かでない。

自民党清和政策研究会(町村派)の実質的領袖である森喜朗元首相や尾身幸次元沖縄及び北方担当相に対する献金と西松建設の受注の関係を捜査しないのも、不自然極まりない。また、次期総選挙で自民党から立候補予定の高橋嘉信元秘書に関する報道が皆無に近いことも驚くべきことだ。

一連の捜査は麻生首相が警察庁長官経験者の漆間巌氏を官房副長官に任命した時点から計画されてきた、小沢代表攻撃の「国策捜査」である疑いが濃厚である。麻生政権はマスメディアを総動員して、小沢一郎代表秘書逮捕の勢いに乗じて、小沢代表辞任を一気に実現させようと目論んだと考えられる。

しかし、その目論見は現段階で成就していない。二つの誤算があったと考えられる。ひとつは、漆間巌官房副長官が「自民党には絶対に波及しない」と発言し、「国策捜査」であることを自白したと誰もが受け取ったこと。いまひとつは、テレビメディア総動員のPRにもかかわらず、国民の多数が冷静な判断を示していることだ。

総選挙を目前にしたこの時期に、自民党議員が多数、まったく類似した状況を抱えながら、小沢代表の周辺だけを狙い撃ちにしたように、強制捜査が実施されたことに、直感的な不自然さを感じた国民が多数存在したと思われる。

司法・警察権力に対する国民の信頼は著しく低下している。メディアと司法・警察権力が政治権力からどれだけ独立しているのかが、民主主義の健全性を測るバロメータである。ネット情報がマスメディアによる情報空間の独占に風穴を開け、政治権力が支配する情報だけに接してきた国民の目に、少しずつ真実の情報が映し出される状況が生まれている。

BS11「にっぽんサイコー!」3月7日放送の田中康夫氏と田中良紹氏による対談のなかで、田中良紹氏が米国での体験談を語り、日本が北朝鮮と同じ範疇に分類されていたエピソードを紹介された。司法権力とメディアの現状が北朝鮮になぞらえられるとの見解が驚くほどの説得力を持つ。

現状から脱出するには、国民が真実に目を向けることが不可欠である。3月8日放送の「サンデー・プロジェクト」で田中真紀子議員が訴えたように「日本人がどれだけマチュアである(成熟している)のかが試される」。

マスメディアが提供する映像、ナレーション、コメント、数値に惑わされずに、冷静に、落ち着いて、客観的に判断できるかが試されている。

一連の騒動を冷静に見つめれば、その異様さ、不自然さは誰の目にも明らかである。なぜ、国家権力とメディアが連携して、この不自然な騒ぎを仕立て上げているのかを考察する、冷静な姿勢が何よりも大切である。一歩立ち止まって状況を見れば、事態の異様さに気付かぬはずはない。

田中真紀子議員は、CIAの関与を示唆した。

Photo 共同通信記者出身のジャーナリスト春名幹男氏の著書に『秘密のファイル CIAの対日工作(上・下)』(共同通信社)がある。

下巻第八章「政界工作」第1節に「日本情報機関の父・吉田茂」とある。

吉田茂氏の経歴について、上記著書から引用する。

「吉田は1878年(明治11年)、土佐自由党草分けの一人、竹内綱の五男として東京に生まれた。幼児に横浜の富裕な貿易商、吉田健三の養子となり、東京帝国大学政治科を卒業後、外務省に入省した。大久保利通の次男、牧野伸顕伯爵の長女、雪子と結婚。天津総領事、奉天総領事、イタリア大使、イギリス大使を歴任した。

 戦後、東久邇内閣、次いで幣原内閣の外相を務め、そしていよいよ首相の座に就くことになった。」
(ここまで引用)
とある。

 同書によると、吉田茂元首相は、①膨張主義政策を決めた1928年の東方会議をリードし、②「治安維持法」に死刑条項を設けたことに関与した、ことなどの理由により、GHQの情報機関に「吉田追放」を主張された。

 しかし、幣原内閣の下で、公職追放対象者の名簿作成にあたり、日本政府の窓口となってGHQと折衝したのが吉田茂外相であった。吉田外相はマッカーサー元帥との意思疎通を図り、さまざまな工作活動を経て公職追放を免れ、首相の座を獲得したと同書は指摘する。

 吉田首相は第三次吉田内閣が発足して1ヵ月半後の1949年3月にGHQ参謀第2部チャールズ・ウィロビー少将あてに以下の内容の書簡を送っている。

「日本の共産主義者の破壊的かつ反逆的な行動を暴露し、彼らの極悪な戦略と戦術に関して国民を啓発することによって、共産主義の悪と戦う手段として、私は長い間、米議会の非米活動委員会をモデルにした『非日活動委員会』を設置することが望ましいと熟慮してきた。」

 時代は米国で赤狩りのマッカーシー旋風が吹き荒れているころのことだったという。

 この延長上に1952年7月、「破壊活動防止法(破防法)」公布と同時に、「公安調査庁」が発足し、同時期に「内閣調査室」が発足した。「内閣調査室」は吉田首相が自分の元秘書官で警察官僚の村井順に命じて設置した情報機関であることが上記著書に記されている。

 同書はさらに、
公安調査庁、内閣調査室とも、米中央情報局(CIA)との友好的な協力関係を今も続けている。」、「CIAとこれら日本の情報機関との協力関係の基礎をつくったのが吉田である。」と記述する。

 昨年10月26日に渋谷から麻生首相宅までの徒歩ツアーを実行しようとした若者たちが、突然、公安警察に不当逮捕された。

 この若者たちは、
渋谷警察署の警官と打ち合わせをして、注意事項を聞き、了解を得て
渋谷を出発したが、

公安警察職員は、若者グループをマークしながら若者グループに接近し、

③グループ先頭の男性にぶつかると同時に「公妨(公務執行妨害)」と叫び、若者グループ男性3名を不当に逮捕してしまった。

明白な不当逮捕である。この不当逮捕を行ったのが公安警察である。

 ところが、メディアはこの逮捕を次のように伝えた。

「麻生首相宅を見学」と称し無届けデモ
(10月26日20:00のTBSニュース) 

26日午後、東京・渋谷で、麻生総理の自宅を見学するツアーと称して無届のデモ行進が行われ、参加者の男3人が警視庁公安部に逮捕されました。

26日午後4時頃、「渋谷区にある麻生総理の自宅を見よう」という、ネットなどでの呼びかけに集まった市民グループおよそ50人がハチ公前から行進を始めました。

しかし、事前に集会やデモ行進の申請をしていなかったため、警視庁公安部は市民活動家の男1人を逮捕、さらに、それを妨害しようと警察官に暴行するなどした男2人を公務執行妨害の現行犯で逮捕しました。

公安部は、再三警告を行ったにもかかわらず、行進などを行ったとしています。

(ここまでニュース原稿)

 一般に国民は、警察が中立・公正の存在で、「正義の味方」だと思っているが、これらの映像を見ても、この考え方に揺らぎが生じないか、じっくりと考える必要がある。この「渋谷事件」は氷山の一角であると私は考える。

「雑談日記(徒然なるままに、。)」様「BLOG版ヘンリー・オーツの独り言」様が、この問題を丁寧に紹介してくださっている。

 事務方の内閣官房副長官は官僚組織を統括する官僚トップの職位で、通常は旧自治省、旧厚生省出身者が務めてきたポストである。ところが、麻生首相は警察庁長官経験者の漆間巌氏を起用した。漆間氏は情報警察のエキスパートであり、麻生首相は警察権力を政治利用することにより、権力の掌握を図ろうとしているのだと推察するべきである。

 漆間氏についての考察は「世に倦む日日」様が詳しく説得力のある論説を掲載されているので、ぜひご一読賜りたい。

 日本が戦前の警察国家に戻りつつある。総選挙を目前にした警察権力の濫用と露骨なマスメディア支配を、有効にしてしまうか否かは、ひとえに国民の洞察力、眼力にかかっている。情報操作に風穴を開ける限られた存在がネット情報である。

 ネットから発信される「真実」の情報を、草の根から、一人でも多くの国民に伝達することによって、国民を情報操作の闇から救い出すことができる。われわれは巨大権力に抵抗=レジスタンスしなければならない。「新抵抗勢力=レジスタンス戦線」の連帯を広げる国民運動が求められている。

人気ブログランキングへ

ランキング

« 既得権益勢力VSレジスタンス戦線の激闘 | トップページ | マスメディア総動員の情報操作・国策捜査との激闘 »

小沢代表秘書不当逮捕(1)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/28592098

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田茂が生んだ秘密警察国家日本とCIA:

» 小沢関連~吉田茂が生んだ秘密警察国家日本とCIA [誰も通らない裏道]
・植草一秀の『知られざる真実』 ***** テレビメディアは執拗に小沢代表攻撃を [続きを読む]

» Modern Times [SWANの 「Trust me!」]
 私達が存在する今はまさに、『モダン・タイムス』の時代なのかもしれない。  そう、チャールズ・チャップリンが1936年に製作した、映画史に残る名作 『Modern Times』(Charles Cha [続きを読む]

» 警察も検察も国家体制維持のためにのみ存在する。そのためには倫理上許されない捜査も正当化される! [SWANの 「Trust me!」]
 なんともご親切なことに、政権側から、今回の西松建設献金事件の小沢代表秘書逮捕に至る一連の過程が、政府が仕込んだ自作自演であり、民主党小沢代表に限定した捜査をするように、検察に指示していることを白状し... [続きを読む]

» 東京地検特捜部の捜査はすべて「国策捜査」 [社会派? そこにある真実。]
 検察が政治・行政上、中立な立場だと誤解している人々がいるが、それは間違いである。  検察が中立な立場になりえないから、特捜部なる部署が検察内部につくられた。  もともと、法務省と検察庁は一体の関係であり、法務省の上層幹部は検察官たちが占める。  法務... [続きを読む]

» 吉田茂の見解=憲法9条の発案者は誰? [憲法改正社]
「日本国憲法9条の発案者が幣原?それはないよ」という吉田茂元首相の見解を紹介。 [続きを読む]

» 西松献金問題・漆間官房副長官の正体 [狐と狸とカラスどもに怒りを]
政府側に一人。 そして検察高官に一人。 これでなんでも出来てしまう。 まさか、とばかりは言えない。 田母神航空幕僚長を思い出して欲しい。 国民のほとんどは、自衛隊トップの一人があのような思想・信条の持ち主であり、あのような挙に出る人物であったなどとは考えもしなかったはずだ。 一人の狂信者、一人の確信犯にどれだけのことができるか? 考えれば恐ろしいことである。 幸い田母神は論文を出しただけで、放逐された。 しかし、未だにひっそりと権力の中枢にいて、自分の妄念を実現させようと機会を伺っている人間がいるか... [続きを読む]

» 漆間巌のクビを切れ・2 [木霊の宿る町]
★ 昨日の日記は人形町の町並みを書こうとしていたのですが突如として斧魔が現れて漆間のクビを切れと叫びました。ウルマを切れとオノマが叫ぶ。 あわてて口をふさいだのですが手遅れ。インフルエンザと似ていったん現れるとすぐには消えない斧魔。無駄に抵抗せず言いたいことを言わせます。 ブログの人気ランキング、昨日は720票、21位でしたが今日は1280票、13位になっています。 http://blog.with2.net/link.php?310164 昨日の訪問者数は388人でそ... [続きを読む]

» 天下りしたい高級官僚検察+自公党VS天下り廃止の小沢野党連合+国民 [パタリ]
天下りには12.6兆円使われている。 検察官も、おいしい天下りは継続させたい。 小沢君は天下りを廃止して、12.6兆円を国民に使いたいと思っている。 医療、年金、子供達に・・ しかし、検察官を初めとする高級官僚にはそれはとても損な話しだ。 自公党はおいしい天下りを援助してくれる。 だったら政権交代しないですむよう、 小沢君を捕まえちまおう。小沢君以外はどうせザコだ・・ それが今度の小沢国策捜査事件である。 天下りを継続させて国民を苦しめる自公党がいいか、 天下りを廃止して国民にお金を使おうとする野党... [続きを読む]

» 沖縄からもブーメランアタック炸裂 言語道断編 [東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆]
巷では引くに引けなくなった検察が、破れかぶれで暴走している様ですが… それはそれ、オイラはオイラでコツコツと、 尾身幸次↓を取り巻く悪事の証拠を地道に収集。 と、いう事で 沖縄からもブーメランアタック炸裂 追跡編② からのつづき 先のエントリーでは、 「沖縄科学技術大学院大学」と、その準備機関である 「独立行政法人 沖縄科学技術研究基盤整備機構」と、 尾身の沖縄後援会「沖縄幸政会」のつながりをメインに書きましたが、 今回はこの「沖縄幸政会」の会長、吉山盛安に... [続きを読む]

» 漆間巌のクビを切れ・3 [木霊の宿る町]
漆間巌のクビを切れ・シリーズは思った以上に反応がありました。 訪問者数は189人→388人→464人と二倍半に増えました。 人気ランキングの得点も720点→1280点→1560点と倍増です。 ランキング順位は21位→13位→11位と・・・ええと・・これは・・倍増それとも半減? http://blog.with2.net/link.php?310164 漆間(うるま)のクビを切れということに賛同された方だけが人気ランキングにクリックしたとすればシリーズ・2も464人中156人、す... [続きを読む]

» 三権分立は、互いの抑止力。国会が検察をチェックするのは当然 [ジョディーは友達]
 小沢秘書逮捕は、国民の検察に対する不信を増大させている。  行政のトップである [続きを読む]

» 消費税増税か、天下り廃止か、国民にはどちらが得か考えよう! [パタリ]
自民党は今まで国民を散々苦しめた。 後期高齢者医療制度という名前で年寄りイジメをした。 医療改革という名前で病院を潰して、満足に医者にかかれないように医療費を高くした。 派遣制度を改悪しワ-キングプアを作った。 ほとんどの国民の税金を高くした。 社会保障負担を大幅に増加させた。 「かんぽの宿」をタダ同然でオリックスにプレゼントしようとした。 その反面、おおもうけした大企業には大減税した。 金もちの税金を安くした。 天下りを温存し、しやすくした。 いま小沢ネガティブキャンペ-ンをマズコミと一緒に自公党... [続きを読む]

» 第三者検討委員会 第3回議事録 [東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆]
結果から言ってしまえば こんな→「郵政疑獄の深淵 COM6&COM7&茶番の検討委員会」 検討委員会に何の期待もしていませんが 有る意味期待通りにこの流れ この委員長が長銀破綻やライブドアでも調査委員会のトップだった事を思えば、 「なるほど!それらの事件もそーゆーシナリオだったのね」と よーく分かります。 おまけにこの人、放送倫理検証委員会委員長 「第三者検討委員会 委員長 川端和治」ですから、 マスコミ対策も万全ですね。 馬鹿馬鹿しくって話にならない、この委員会の議事録と意見書... [続きを読む]

» 平和で健康な社会をつくるために必要なシステム [billabong]
かおりさんのブログ 「原発と遺伝子と心」をよんでいて 記事に書こうと思っていたビキニ水爆被災 の番組を思い出した。 [続きを読む]

» 田中良紹氏の解説 [Easy Resistance]
人気ブログランキングへ参加しました、応援よろしくお願いします 田中良紹氏の解説 [続きを読む]

» 3790 ■ エゴイズム ワンマンの血継ぐ 犬野郎 (厚労省のサル)/■ 又出たで 出たとこ勝負の 無頓着 (どら)/■ 無頓着 分割ばなし 俺知らん (ななし) №6962〜6967 [アルデバランの 夢の星]
(1) 右サイドバー上部からリンクしています頭の体操「しりとり川柳」です。 a.前投稿「 ■ 脳もブレ からむばかりの アホウ節 (夢幻)/■ アホウ節 人には通じぬ さる言語 (どら)/■ さる言語 責任要らぬ 便利な語 (隠居長屋のピーチク) №6958〜6...... [続きを読む]

» マスコミ 15 [邪馬台国 下関]
North Korea Today http://www.pyongyangology.com/ http://www.pyongyangology.com/index.php?option=com_content&task=view&id=968&Itemid=99 [続きを読む]

« 既得権益勢力VSレジスタンス戦線の激闘 | トップページ | マスメディア総動員の情報操作・国策捜査との激闘 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ