« WBC侍ジャパン優勝と産経新聞捏造記事掲載疑惑 | トップページ | 国策捜査政治謀略に踊る民主党内反小沢派議員 »

2009年3月25日 (水)

小沢民主党代表渾身記者会見とNHK情報操作報道

3月24日、午後9時半過ぎから小沢一郎民主党代表が記者会見を行った。多くの国民に心配と迷惑をかけたことを謝罪し、検察の24日の判断を踏まえ、民主党の役員会、常任幹事会の決定を踏まえて、代表職を続投する方針を示した。

時折、涙を見せるシーンが放映されたが、土石流のようなマスメディアの情報操作に、どれほどの重圧を受け続けたのかがよく分かる。

小沢氏の説明は明快である。小沢事務所は政治資金をすべて公開し、政治資金報告書に記載してきた。今回の秘書逮捕・起訴は、秘書が西松建設からの企業献金であることを知りながら、政治団体からの献金であると虚偽の記載をしたとの疑いによるものである。

巨額の政治資金を受け入れながら、西松建設からの献金であることを認識していなかったはずはないのではないかとの批判が寄せられている。しかし、小沢事務所は政治団体からの献金として事務処理しただけのことであり、寄付行為者が政治団体であったのであれば、資金の出所が西松建設であったとしても、政治資金規正法には反しないとの有力な考え方が存在する。

この問題に関して、元東京地検特捜部検事で、現在は法科大学院教授と弁護士を兼務している郷原信郎氏が、精力的に地検捜査の問題点を指摘されている。

3月24日にも、日経ビジネスオンラインに
「小沢代表秘書刑事処分、注目すべき検察の説明
 民主党、自民党、マスコミにとっても正念場の1日」
と題する、緻密で詳細な考察論文を発表されている。

マスメディア報道は、これだけ分かりやすい詳細な分析が提示されているにもかかわらず、小沢氏サイドを一方的に攻撃する偏向報道を続けている。NHKも自公政権に組織の存立と予算を完全に握られているからだろうか、民法と同様の偏向報道を垂れ流している。

小沢代表は記者会見で、秘書が嫌疑をかけられているような罪を犯していないとの認識を示すとともに、無実を主張して闘う姿勢を強調した。

NHKは不思議なことに、この記者会見報道を一通り終えた25日午前零時の定時ニュースで、新たなニュースを報道した。

報道内容は、「大久保隆規氏が検察に対して、最近になって「うその記載」を認める供述をしていることが関係者への取材で明らかになった」とするものだ。

お決まりの「関係者への取材」が出てきた。大久保氏は勾留されている。恐らく接見禁止の措置が取られているだろう。となると、大久保氏の発言を知ることができるのは、大久保氏の弁護人か検察しかないことになる。弁護人がこのようなことを話す可能性はゼロであり、情報は検察のリークによるものでしかないことになる。

検察のリークであれば、そもそも公務員の守秘義務に違反する。こうした守秘義務違反を地検特捜部は捜査して逮捕すべきとも思われるが、リーク情報ほどいかがわしいものはない。私も実体験としてよく知っている。

たとえば、大久保氏が政治団体の資金が西松建設に関連したものであるとの漠然とした認識があったと供述したとしよう。政治献金を受けた窓口はあくまでも政治団体である。しかし、その政治団体が西松建設と関わりがある印象を持っていたと述べたとする。

これを検察は、被疑者は「資金が西松建設のものであることを知っていた」と置き換え、さらに、「西松建設の資金であることを知りながら政治資金報告書にうその記載をした」と述べたように伝えるのだ。

今回のケースの真実を確かめたわけではないから、上記の表現は、ひとつのシナリオとして記述している。

郷原氏の指摘によれば、仮に資金拠出者が西松建設であっても、寄付行為者が政治団体であるなら、政治資金報告書には西松建設と記載する必要はないとのことである。このとき、問題になるのは、その政治団体が、「まったく実体のないダミー」である場合に、虚偽記載が問われるとのことで、問題は政治団体の「実態の有無」になる。

全国に政治団体は万単位で存在している。西松建設の政治団体がダミーであると認定されるなら、大多数の団体がダミーの認定を受けることは免れず、自民党議員事務所の大多数が摘発される可能性が高まると郷原氏は指摘する。

NHK報道は、小沢氏が秘書の政治資金法違反容疑を否定する発言を示したことを受けて、逮捕された当事者である大久保氏があたかも犯罪行為を認める発言をしているとの印象を与える報道を展開することを狙ったものである可能性が高い。

小沢氏が「秘書は罪を犯していない」との認識を示したのにもかかわらず、秘書が「犯行を認める供述をした」ということになれば、小沢氏の発言に矛盾が生じ、小沢氏を追い詰められると考えたのではないか。

午前零時の定時ニュースで突然、新情報が提示されることが極めて不自然である。

たとえば、大久保氏が次のような説明を受けた可能性もある。

政治資金規正法では資金拠出者ではなく、寄付行為者を記載すれば良いことになっている。上述した通りだ。このことを大久保氏に告げて納得を得たうえで、「寄付行為者が政治団体であるとの認識で政治資金報告書に政治団体を記載したのだろうけれども、その政治団体が西松建設と関係しているとはまったく考えなかったのか」と質問する。この質問に、大久保氏が「関連があると聞いたことはある」と答えたとしよう。

このやり取りを、検察が「大久保氏は献金が西松建設からのものだと知っていたとの趣旨の発言をした」、あるいは、それをさらに「大久保氏は西松建設からの献金であることを知りながら、政治団体からの献金であるとのウソの記載をしたと供述している」と検察がリークして、ニュース報道になることも十分に考えられる。

元自民党参議院議員であるとともに元東京地検検事で、現在弁護士をされている佐々木知子氏が、ブログ記事「小沢秘書逮捕に思うこと」
「政治資金規正法違反は,贈収賄と違って形式犯であり,その違反による強制捜査(逮捕)は従来1億円が基準であった。」
と明記している。

郷原氏も指摘するが、検察が主張する「悪質性」の根拠もまったく示されていない。

いきなり飛躍するが、結局、「政敵を追い落とすために警察・検察権力を不正、不当に濫用する「国策捜査」が実行されたことはまぎれもなく、自公政権に完全支配されるNHKを含むマスメディアが、小沢氏失脚に向けて、全精力を注いで偏向報道を繰り広げていると考えるべきだ。

民主党内部に、自公政権と通じる少数勢力が存在する。民主党執行部がこれらの民主党攪乱分子に交代すれば、今回の謀略は目的を達成する。

しかし、小沢代表は重圧に耐えて踏みとどまった。小沢氏は会見で「国民主権、国民の側に立った政権を樹立することだけを目指して頑張る」と述べた。

WBCでのイチローのような働きを出来るように頑張る」とも述べられた。「政官業外電=悪徳ペンタゴン」による既得権益維持の政治を打破し、国民を幸福にする政治を確立するには、小沢氏を先頭に立てて力を結集するしかない。

マスメディアは総力を注いで、小沢氏失脚工作を展開し続けるだろう。敵の動きを予知し、情報操作に惑わされずに、この闘いを勝ち抜かなければならない。壮絶な闘いに決死の覚悟で臨むしかない。

なお、『金利・為替・株価特報087号』の発行日を、政治情勢分析を織り込むために3月26日とさせていただきます。変則的な発行日が続き、ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

ブログランキングのクリックお願いします!

人気ブログランキングへ

ランキング

« WBC侍ジャパン優勝と産経新聞捏造記事掲載疑惑 | トップページ | 国策捜査政治謀略に踊る民主党内反小沢派議員 »

小沢代表秘書不当逮捕(2)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢民主党代表渾身記者会見とNHK情報操作報道:

» 小沢関連~恐ろしいまでのNHKの偏向 [誰も通らない裏道]
昨晩はNHKニュース7とニュースウォッチ9を見た(いずれも途中までで小沢一郎の会 [続きを読む]

» 「天の声」に素直に従って民主党代表続投を決断された小沢一郎氏 [らくちんランプ]
「らくちんランプ」の管理人スパイラルドラゴンです。今日は、2009年3月25日です。 まずは以下に紹介する、小沢一郎氏の民主党代表続投の一報を好意的に受け止めているブログ記事をご一読下さいませ。 東京地検特捜部の説明は支離滅裂だ:小沢一郎氏秘書起訴~3月24日夜の..... [続きを読む]

» これだけでも小沢民主を支持する価値あり⇒記者クラブ制度見直し、沖縄返還時密約政権取れば公開、取調べ可視化の司法改革。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 &、★倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストが110になりました。なお、このブログリストエントリーに下記を本日追加しました。 追記:私が現在登録しているTBPは、TBP「自民党政治」、TBP「民主党政治」、TBP「社民党や共産党」の3TBPです。この の猫ちゃんつながりと、友好TBPの郵政民営化凍結と野党共闘にトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗)) ※SOBA(3月25日)... [続きを読む]

» 企業献金と言えば自民党がはるかに多いことは誰でも知っている。で見辛い総務省の政治資金収支報告中主なPDFを一つにまとめました。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 平成19年分政治資金収支報告の官報を見たいと総務省のサイトに行ったのだが、これが案の定えらく見辛い。 ←総務省の「資料集 政治資金関連」のページから入った、「平成19年分政治資金収支報告書の要旨(平成20年9月12日付け官報)」のページです。  「政党本部、政党支部、政治資金団体、資金管理団体、その他の団体」などの項目があって、その下に細かくそれぞれにリンクがはってあります。ざっとリンクをクリックして確認してみたところでは官報全体では450頁から500ページだと思います。(下記、僕がひとつにまとめ... [続きを読む]

» 小沢代表の涙〜記者会見 [日々の思いを記す〜タキシード・仮面〜]
「みなさんの励ましがなければ耐えることはできませんでした」。  公設第1秘書の起訴を受け、東京・永田町の民主党本部で24日夜会見した小沢一郎代表(66)は、  「剛腕」のイメージを捨て去り、涙さえ浮かべながら支援者への謝意を表した。... [続きを読む]

» 政治思想サイトマップ [ラサ#lhasaのブログ]
旧政治ネタブログ旧ラサ#lhasaのブログ 城内みのるオフィシャルサイト 俺ももっと金稼いでゆとりが出来たら城内先生に献金したいなぁ ←クリックしていただけるとうれしいです [続きを読む]

» 頑張った「イチロー」と、頑張れ「一朗」 [ある信販会社宛の迷惑FAXから得た教訓]
WBCで盛り上がっていた昨日、 小沢一朗民主党代の秘書が起訴されました。 その後小沢代表は民主党代表の続投宣言をした。 金額の多い少ないは有るものの、 同じく西松建設関連の政治団体から献金受けている自民党議員。 彼等に対して検察は公正な公平は捜査... [続きを読む]

» never give up イチロー [SWANの 「Trust me!」]
 2009年3月24日、民主党小沢代表が代表職の続投を表明する会見を実施した。  小沢代表としては、現時点で可能な限りの、最も簡潔な話し方で、『疑惑』とされてしまった西松建設との関係について、検察当局... [続きを読む]

» すごい、ここまでやるか [ブログ「有為の奥山」]
 私は見ていないのだが、小沢氏が代表継続の記者会見をした後にNHKから「大久保秘書が西松建設からの献金だと認識していて、ウソの記載を認めている」との報道がなされたらしいが、それは、事実に反する報道であることがわかった。鈴木宗男氏が関係者・弁護士さんに確認されて、ご自身のブログに書いておられるので紹介します。... [続きを読む]

« WBC侍ジャパン優勝と産経新聞捏造記事掲載疑惑 | トップページ | 国策捜査政治謀略に踊る民主党内反小沢派議員 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ