« 「かんぽの宿」詭弁を弄する竹中氏と「郵政利権化」の策謀 | トップページ | KYキング小泉元首相と「報道ステーション」の誤算 »

2009年2月12日 (木)

「かんぽの宿」疑惑解明に慌てふためく小泉元首相

小泉元首相が麻生首相の「郵政民営化見直し」発言を批判した。麻生首相の発言については、2月6日付記事「「かんぽの宿疑惑」拡大と麻生コウモリ首相の迷走」に記述したように、一国の首相としての器量が不足している現実を如実に示す事例であると思う。

城内実氏、平沼赳夫氏、綿貫民輔氏、亀井静香氏など、郵政民営化についての思想、哲学をもとに、信念を貫いた人々がいる。麻生首相は小泉政権で自民党政調会長、総務相、外務相の要職を渡り歩いた。地位を確保するために節を屈したのである。

仮にこれまでの行動を、政権を獲得するための権謀術数と割り切り、首相に就任して、自らの思想と哲学に従って政権を運営しようとするなら、所信を鮮明に示して、直ちに解散総選挙に踏み切るべきである。

「かんぽの宿疑惑」は単なる突発的な不祥事ではない。「郵政民営化の真相を垣間見せる縮図」である。「かんぽの宿疑惑」が解明されることにより、「郵政民営化」の実態が「郵政利権化」、「郵政米営化」であることが広く一般国民の知るところになる。

「郵政民営化」を推進してきた「利権集団」は、巨大果実を収穫しようとする目前で「かんぽの宿」疑惑が表面化したことに、激しい焦燥の念を抱いている。「郵政利権化」を推進してきたマスメディアの狼狽(ろうばい)ぶりには驚かされる。

マスメディアは「かんぽの宿疑惑」報道を封殺する一方で、麻生首相の「郵政民営化見直し」発言を激しい勢いで批判している。

郵政民営化選挙の際に「4分社化の内容まで知っていた人はほとんどいなかった」と麻生首相が発言し、槍玉にあげられているが、この発言は正しい。

郵政民営化法、日本郵政株式会社法、その他関連法を熟知している国民などほとんど存在しない。「郵政事業の4分社化」には、国民の貴重な資産が特定勢力によって収奪されてしまう巧妙なカラクリが盛り込まれている。

「かんぽの宿疑惑」はまさに「郵政民営化の深層」を暴く爆発力を秘めている。小泉元首相は「定額給付金」を実行するための衆議院3分の2条項での再可決を否定する見解を示した。法案が衆議院で再可決されなければ、麻生政権は解散か総辞職に追い込まれる。

小泉元首相の発言は衆議院解散を誘導しようとするものである。早期の衆議院解散は正しい選択であり、国民の審判を受けた本格政権を樹立して100年に1度の危機に対応することが望ましい。この意味で、解散総選挙に政局が前進することは是認される。

しかし、小泉元首相の発言が国民の主張を代弁するものでないことは明確にしておく必要がある。小泉政権以来、安倍政権、福田政権、麻生政権と、与党である自民、公明両党は、国民の審判を受けずに政権をたらい回しにしてきた。

2007年7月の参議院選挙が直近の国政選挙だが、参議院選挙で国民は自公政権に明確にNOを突き付けた。参議院選挙の結果、参議院では野党が過半数を確保して、意思決定の主導権を握った。2005年9月の総選挙での意思表示を国民がみずから否定する意思を明確に示したのである。

小泉政権は「郵政民営化」を強行実施した。同時に「市場原理主義」に基づく「弱肉強食奨励政策」を実行した。日本経済が深刻な不況に直面し、小泉竹中政治の誤りが誰の目にも明らかになった。小泉竹中政治に対する根本的な再評価が広がっているのである。

「郵政民営化」は、「正義」の衣装に粉飾された「売国」の政策であった、と私は判断してきた。「かんぽの宿疑惑」はこのことを証明しつつある。「かんぽの宿疑惑」は「郵政民営化」との関連で真相を解明しなければならない事案だ。

このタイミングで「郵政民営化見直し」、「郵政4分社化見直し」論議が拡大することは、「郵政民営化=郵政利権化」を進めてきた利権勢力にとっての脅威である。

小泉元首相は国民の思考が2005年9月で立ち止まっているとでも勘違いしているのではないか。マスメディアは小泉元首相の発言をトップニュースで伝えるが、多くの国民は冷め切った気持ちで小泉元首相の映像を眺めていると思う。

小泉元首相は昨年9月の自民党総裁選に際しても、終盤戦に登場して小池百合子議員支持を表明するパフォーマンスを演じた。自分が動けば総裁選の情勢が変化するとでも勘違いしていたのではないか。しかし、影響力はすでに消滅していた。

「かんぽの宿疑惑」解明が進めば、日本郵政の西川善文社長が解任される可能性が高まるだろう。日本郵政株式会社法附則第2条および第3条に規定された、「かんぽの宿」売却および日本郵政株式売却が凍結される可能性が高まる。

郵政4分社化は、
①「ゆうちょ」、「かんぽ」の340兆円の資金が特定勢力に「収奪」されること、
②「郵便局ネットワーク」が将来的に「破壊」されること、
③日本郵政グループ保有の巨大不動産資産が特定勢力によって「私物化」されること、
をもたらす「工作」である。

小泉元首相は「郵政民営化」が見直されることを阻止するのに懸命である。「郵政利権化」に連なると見られるテレビ朝日をはじめとするマスメディアも、麻生首相の「郵政見直し」発言を激しく攻撃し、もはや国民からまったく支持されていない小泉元首相を「水戸黄門」の如くの演出を凝らして報道する。マスメディアは、「日本竹中新聞」や「テレビ小泉」のような偏向メディアに占拠されている。

小泉元首相が慌てふためいて麻生首相批判を展開し、衆議院の解散総選挙を誘導しようとしていることは、「かんぽの宿疑惑」解明が進むことにより、よほど「不都合な真実」が浮上することを暗示している。選挙による疑惑解明阻止を狙っている側面も感じられる。

「郵政民営化見直し」、「郵政4分社化見直し」の動きに過剰反応し、小泉元首相をかつぎ上げる政治勢力は、小泉竹中政治の「市場原理主義」を主導した勢力と完全に重なっている。この点は、「喜八ログ」様が注意深く監視してくださっている。

この政治勢力は同時に、「政府系ファンド」を推進し、「ゆうちょ」資金をサブプライム金融危機対策に流用すべきと主張する勢力とも重なっている。

さらに、この勢力が「政府紙幣発行」を提唱する勢力とも重なっている。「政府紙幣論議の背景」について、『金利為替株価特報2009年2月10日号』に記述した。本ブログでも記述する予定だが、結論から言えば、健全な政策ではない。より大規模な財政政策での対応が不可欠な局面であるが、財政政策を発動するのであれば「目くらまし」の奇策ではなく、「国債発行」の正道を選択するべきである。

ブログランキングのクリックお願いします!

人気ブログランキングへ

ランキング

« 「かんぽの宿」詭弁を弄する竹中氏と「郵政利権化」の策謀 | トップページ | KYキング小泉元首相と「報道ステーション」の誤算 »

郵政民営化・郵政利権化(1)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/28026639

この記事へのトラックバック一覧です: 「かんぽの宿」疑惑解明に慌てふためく小泉元首相:

» 9.11 日本の自由が死んだ日 [SWANの 「Trust me!」]
 2005 衆院選が9.11に実施された。  開票速報を見る限り与党が圧勝する勢いだ。  だけど、自民党は本当にみんなのイメージする自民党なのか? [続きを読む]

» 小泉に未来を任せていいのか? [SWANの 「Trust me!」]
 9月に行われる衆議院選挙の争点は何か? 郵政なんかじゃない。自民か民主かでもない。  一人の人間の価値を判断することでしょ? つまり、 小泉純一郎という名の狂人(病人)に国家の命運を任せてしまってい... [続きを読む]

» 「あきれた」小泉元首相ヨイショ番組「報道ステーション」 [ふしぶじゑ日記 ]
 21時55分のスタートから延々10分近く小泉“売国奴”元首相の郵政民営化見直し反対論を放送し続けた今夜の「報道ステーション」。その間対立意見を一切さしはさむことも無く、おまけにスタジオにカメラを戻したら田崎とか言う評論家が「麻生さんと違って小泉さんの言葉には説得力と重みがある。」とダメ押しのヨイショ。  制作してる人たちは「報道ステーション」なんてタイトルつけてて恥ずかしくないのか? 番組名の「報道」なんか付けないで「プロパガンダ」としてほしいです。  題して「プロパガンダステーシ... [続きを読む]

» 【目糞鼻糞】コイズミがアホウ降ろしに動いてもシロアリ政党ジミンの本質は不変だ!【権力闘争】 [ステイメンの雑記帖 ]
 今期限りで引退予定であり、自らの次男坊を4代目として後継者指名した コイズミが稀代の扇動政治家 であって政局感に長けた男であるのは紛れもない事実である。  だがコイズミが竹中と組んで推し進めた「構造改革」の結果はどうなったのか?嘗て「一億総中流社会」と言われた 分厚い中産階級層は完全に崩壊し、極一部の金持ちとその他大勢の低所得者層に二極分化した格差社会が固定化 しつつある。  さらに「規制緩和」「自立支援」の名の下に社会的セーフティネットがズタズタに破壊され、結果として 貧困が大きな社会問題 と化... [続きを読む]

» 「かんぽの宿」疑惑解明に慌てふためく小泉元首相(植草一秀の『知られざる真実』) [リアルの現在]
「かんぽの宿」疑惑解明に慌てふためく小泉元首相(植草一秀の『知られざる真実』) ... [続きを読む]

» 民主党の和田隆志、馬鹿はお前だ。麻生の言う「国民は分社化を知らないで小泉郵政改革を支持した」と言うのはその通りだろうが。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 今日の和田隆志(民主党・無所属クラブ)の質疑を聞いていて、言いようのないいらだちを感じた。  麻生の「ほとんどの人は郵政民営化が分社化と言うことを知らないで支持したんじゃないでしょうか」と言うのは、この点関しては正直に本当のことを言っている。  マスゴミがあげて、小泉のワンフレーズ郵政選挙を後押しし、内容を伝えると言うジャーナリストとしての基本的な事をやらず国民の多くが目をふさがれていたにしろ、結局は、大多数の馬鹿な国民が小泉のワンフレーズ郵政選挙を内容も知らず、ただ「郵政民営化するのかしないのか... [続きを読む]

» 小泉出てこい、俺はお前と勝負したい、このイカサマの糞野郎!!! [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 自Endポスターバナーの第49作目です。右上の小泉の口は麻生自民党ポスターの口を合成。サングラスをかけた小泉はブッシュと会った時のプレスリーサングラス。  幅370px、縦も370pxタイプ。  ↓下のバナーをクリックすると、上のバナーがもっと大きい、幅550px、縦550pxで出ます。 ※今日のお勧めブログ記事はネットゲリラ(有利な時と場所で戦闘開始の)さんの所の、2009/02/12 ケケφはアメリカ様のご用聞きです。コメントを含めて参考になります。まだまだ日本も捨てたもんじゃないと思いました... [続きを読む]

» かんぽの宿 下請けは切り捨て [東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆]
かんぽの宿下請け食堂は解約(2009年2月13日 TBS) Watch kampo shitauke kaiyaku|View More Free Videos Online at Veoh.com メリルリンチが作った譲渡の要綱には「雇用の継続」が入っていましたが、 それは元公務員まで、民間業者の下請けは関係なかったんですね。 40年間親子2代でサービスに努めた業者も「はい切捨て」 彼らのこの先なんて、知ったこっちゃありません。... [続きを読む]

» これが、なぞの美人不動産鑑定士奥田かつ枝氏、ただし頁は消され、リダイレクトで飛ばされます理事長竹中平蔵のacademyhills [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 低気温のエクスタシーbyはなゆーさんの、下記エントリーにブログ連鎖・協働作業します。 2009年02月12日奥田かつ枝氏は「竹中平蔵アカデミー」で講師をしていた http://alcyone.seesaa.net/article/114094827.html 「問題は、彼女が取締役を務める緒方不動産鑑定事務所など3社が02年に共同出資して設立した『アースアプレイザル』という会社です。奥田氏が社外取締役を務める同社は、07年8月に3億4500万円の第三者割当増資を行っていて、その割当先にオリックス・... [続きを読む]

» 「笑っちゃうくらいあきれた」小泉純一郎 [喜八ログ]
「郵政民営化を堅持し推進する集い」と称する自民党議員連盟に関するエントリです。 [続きを読む]

» かんぽの宿を返せ!63→18小泉郵政シンパの人数・・ [パタリ]
63人が18人に・・ これ、なんの人数か分かります? 小泉の「 郵政民営化を堅持し推進する集い 」と称する自民党議員連盟の出席者数で-す。 12/9発足時はなんと63人 まだこのときは小泉のゴイコウを信じていたアホウがコ-ンなにいたんだ・・ 念のために言っておくけど去年の12/9だよ! さて、今年の2/12はなんと18人・・! まだこんなにいたんだ・・ まあ、顔ぶれを見ればナットク! 小池、塩崎、タケベ・・はは・・大笑いメンバ-だ・・ まだ小泉のゴイコウを信じてるのか・・ね。 カメちゃんを始めとする... [続きを読む]

» 「日本のネットはゴミの山」by竹中平蔵大臣元秘書官 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
DIAMONDonline:岸博幸のクリエイティブ国富論:「かんぽの宿」騒動で分かった! 賛否両論なき日本のネットはゴミの山 皆さんもグーグルやヤフーで“かんぽの宿”を検索してみてください。検索結果の最初の数ページを開いてみると、驚くまでに同じような内容、具体的にはオリッ...... [続きを読む]

» 自民党は、真っ二つに割れて、互いに小沢一郎氏に擦り寄っている。 [『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu]
鳩山邦夫氏等は「郵政改革などの小泉構造改革」を否定する方向で国民新党を含めて民主党保守派に擦り寄り、小泉グループは「給付金問題」を槍玉にあげて麻生氏の首を出して民主党リベラルに擦り寄る。 小沢一郎氏は、悠然と、洞ヶ峠で良いのであろう。 基本的には、日本の財界の意見が真っ向から対立した「舞浜会議」に亀裂の起源があり、ここの議論に戻るべきであろう。 Artist SiteMore Videos 参考:  植草一秀の『知られざる真実』 2009年2月12日 (木) ... [続きを読む]

» 政界と外資とヤクザのコラボレーションは日本を蝕む原因となっている。その中心人物が小泉元総理 [リアルの現在]
小泉元総理は麻生内閣を早期解散に追い込んで、「かんぽの宿」疑惑を胡散霧消させる賭... [続きを読む]

» 木村愛二氏「小泉首相の婦女暴行レイプ事件の名誉毀損訴訟の経緯と判決」SPダイジェスト版ご紹介 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
今日は木村愛二氏「小泉首相の婦女暴行レイプ事件の名誉毀損訴訟の経緯と判決」SPダイジェスト版を改めてご紹介します。 ※概要 http://worldforum.web.fc2.com/ 『ワールド・フォーラム・動画ライブラリー』 ワールドフォーラム2004年8月講演 「小泉の婦女暴行レイプ事件の名誉毀損訴訟の経緯と判決」 ジャーナリスト・国際情報総合分析研究所 木村 愛二 氏 国際情報を世界中から集め、事件-の背後に隠された真相の追究と総合分析では現代日本 の第一人者である行動する... [続きを読む]

» 不透明な財政保障・五輪招致と石原東京都知事 [狐と狸とカラスどもに怒りを]
76歳。れっきとした後期高齢者。 思いこみが強く、人の意見を聞かず、他人がバカに見えて仕方がない。 自分の意志が国家の意志だと錯覚している。 東京五輪暗雲 石原知事が民主に逆ギレ (nikkansports.com 2/7) 16年五輪の東京招致に、暗雲が漂い始めた。石原慎太郎都知事(76)は6日、招致活動の“お墨付き”となる国会決議が得られないことを明かし、強い不快感を示した。国会が採択した決議を入れた文書を12日までに国際オリンピック委員会(IOC)に提出するはずが、国会は動かず間に合わな... [続きを読む]

« 「かんぽの宿」詭弁を弄する竹中氏と「郵政利権化」の策謀 | トップページ | KYキング小泉元首相と「報道ステーション」の誤算 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ