« 「世論を笑う者は世論に泣く」ことになる麻生首相 | トップページ | 渡辺喜美氏第三極の狙いは本格政権交代の阻止 »

2009年1月13日 (火)

自民離党の渡辺喜美氏をめぐる権謀術数

自民党の渡辺喜美元行革相が1月13日午後、自民党に離党届を提出し、記者会見を行った。麻生首相の政権運営に対して反対の意向を表明したが、麻生首相が真摯(しんし)に批判を受け止めなかったことに抗議し、政治家としての「義命」により自民党を離党することを決意したとのことだ。

「義命」とは「大義よりも重い道徳の至上命令」を意味するとのことだが、渡辺氏が本当に「天下り根絶」などの「大義」を追求しているのか。「天下り根絶の大義」なる「偽名」により離党した可能性はないのか。慎重な見極めが求められる。

渡辺氏が麻生首相を批判する対象は、
①国民がまったく評価していない定額給付金を強行実施しようとしていること
②官僚の「天下り」について、「渡り」を容認する姿勢を示していること
③「天下り」の「渡り」を容認する文言が政令に書き込まれたことを容認していること
などである。

麻生首相が「景気対策のポイントはスピード、迅速に」と主張しながら、第2次補正予算案の国会への提出を2009年にまで先送りしたことについても、渡辺氏は、年内に提出すべきだったこと、提出しないなら総選挙を実施すべきだったことを主張してきた。

渡辺氏の主張は正論である。私が本ブログで主張してきたこととも基本的に重なる。

定額給付金の撤回、天下りの根絶は、民主党をはじめとする野党の主張とも重なる。

素朴な疑問が浮かび上がる。そうであれば、渡辺氏は自民党を離党して民主党と連携することが自然である。小選挙区制の選挙制度の下で、政治勢力は二大政党に収斂(しゅうれん)する傾向を有している。渡辺氏が自民党に見切りをつけ、同時に渡辺氏が主張する政策の基本方向が民主党と同一であるなら、渡辺氏は民主党に移籍するのが自然である。

ところが、渡辺氏の口から民主党との連携が明確には示されていない。「離党」は「復党」の道を閉ざすものでないことも伝えられている。いずれまた、自民党に復党する可能性も取りざたされている。

渡辺氏を中心に「偽装CHANGE新党」を創設し、反自民票が民主党に集中して流れることを妨害する策略が企(くわだ)てられている可能性を否定できない。

渡辺氏は「天下りの根絶」と発言するが、渡辺氏が安倍政権や福田政権の下で実行しようとした制度改革は「天下り根絶」からは程遠いものだった。各省庁があっせんする「天下り」は禁止するが、官民人材交流センターに天下りあっせんを移し、この人材センターによる「天下り」あっせんを公式に認めるものだった。

「特権官僚」を制度的に根絶するには第一種国家公務員制度を廃止するしかない。しかし、渡辺元行革相がそのような抜本策を実現させようとした痕跡(こんせき)はない。

渡辺氏が「天下り」根絶への第一歩として、改革の端緒を開いたのなら理解できる。民主党が国家公務員制度改革に賛成したのも、抜本的な制度変更への第一歩として当面の制度改正を位置付けたからだ。

渡辺氏が本当に「天下り根絶」を目指すなら、民主党と合流して、天下り根絶実現を目指すべきだ。次期総選挙で野党が圧勝すれば、「天下り根絶」を実現することは十分に可能になる。渡辺氏の今後の行動がきわめて重要になる。

福田政権の末期に、小泉元首相が自民党と民主党を横断するメンバーでの会合を開いたことがあった。「小泉一家」、「小泉チルドレン」、「民主党内市場原理主義者」を束ねたものだった。

「小泉一家」とは小泉元首相-中川秀直氏-武部勤氏-小池百合子氏-山本一太氏-竹中平蔵氏に連なるグループである。「小泉チルドレン」を取りまとめているのは飯島勲元秘書である。「民主党内市場原理主義者」とは前原誠司氏を中心とするグループである。これらに江田憲司氏-高橋洋一氏-岸博幸氏-寺脇研氏などによる「脱藩官僚の会」および橋下徹大阪府知事-東国原宮崎県知事などの「自民系知事グループ」が連携して、「第三極」の創設を目論む動きが存在すると考えられる。

民主党は党としての方針として、「市場原理主義」を排除して「セーフティネット再構築」を重視するスタンスを明確にした。次期総選挙における第一の争点は「市場原理主義VS人間尊重主義」であり、民主党は「人間尊重主義」に軸足を置くことを明確に定めた。しかし、民主党内部に少なからず「市場原理主義者」が存在する。これらの民主党内「市場原理主義者」は民主党を離脱して、「小泉一家」と合流するべきだ。

「小泉一家」を中心とする自民党内「市場原理主義者」勢力は、米国資本と手を結び、外国勢力に巨大な利益を供与する政策を実行してきた。「市場原理主義」と「対米隷属外交」がこの勢力の政策基本方針になっている。また、小泉一家は2001年から2006年にかけて政権を担いながら、「天下り」を完全に擁護してきた。「改革」の言葉とは裏腹に、小泉一家は「天下り温存」の政策スタンスを示し続けたのだ。

渡辺喜美氏は「天下り根絶」と口にしながら、実際の行動では「天下り温存」を確実に確保してきた。こうした経緯を踏まえて、渡辺氏が「小泉一家」、「小泉チルドレン」、「民主党内市場原理主義者」、「脱藩官僚の会」、「自民系知事グループ」と連携して第三極を形成するなら、その狙いは間違いなく「本格的政権交代阻止」に置かれることになるだろう。

「政官業外電の悪徳ペンタゴン」はこれまでに築いた巨大な「利権構造」を死守しようと懸命である。次期総選挙で小沢一郎代表が率いる民主党が大勝し、本格的な政権交代が実現すれば、「悪徳ペンタゴン」が築いてきた巨大利権構造が根幹から破壊される可能性が高いのだ。この本格的政権交代の阻止が「悪徳ペンタゴン」の至上命題になっている。

敵を欺くにはまず味方を欺く-これ権謀術数の第一歩と心得よ」とは、「小泉一家」参謀を務めた飯島勲氏の言葉だ。行革相時代の渡辺喜美氏の行動は「天下り廃絶を唱えるように装いながら天下りを温存しようとするもの」だった。

次期総選挙で本格的な政権交代が生じる可能性が高まるなかで、「悪徳ペンタゴン」が「偽装CHANGE新党」を立ち上げ、反自民票が民主党に集中するのを阻止し、「自公+偽装新党の連立政権」を樹立して、巨大利権構造の本格破壊を回避しようとしているとの仮説を否定することが出来ない。

「偽装新党」は民主党などの野党との連立さえ視野に入れている可能性がある。その目的も、巨大利権の本格的破壊の回避である。

渡辺氏が本当に「天下り根絶」を追求するなら、「天下り根絶」方針を明確に提示している民主党に合流するか、民主党と提携するべきだ。これが渡辺氏の行動が「真正CHANGE」を追求するものか、「偽装CHANGE」の「偽名によるもの」であるかを見極める「踏み絵」になる。

渡辺氏が民主党との協調を否定するなら、渡辺氏を中心とする行動は「偽装CHANGE」である可能性が確実である。マスメディアが渡辺喜美氏をヒーロー扱いすることも、「偽装」であることを示唆(しさ)するものだ。渡辺喜美氏の今後の行動を、最大の警戒感をもって注視することが求められる。

ブログランキングのクリックお願いします!

人気ブログランキングへ

ランキング

« 「世論を笑う者は世論に泣く」ことになる麻生首相 | トップページ | 渡辺喜美氏第三極の狙いは本格政権交代の阻止 »

偽装CHANGE勢力」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/27108666

この記事へのトラックバック一覧です: 自民離党の渡辺喜美氏をめぐる権謀術数:

» 渡辺喜美議員を評価しません [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
自民党の渡辺喜美議員が自民党を離党すると報道され、新聞によっては新党結成の可能性が取りざたされています。 政局を話題にすることが... [続きを読む]

» 派遣村 速報レポートby 加藤登紀子さんの Tokiko Blog PART1/2のご紹介 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
今日は、加藤登紀子さんの『Tokiko Blog』の YouTube動画をご紹介します。 この動画では、ボランティアと主催者のインタビューから始まっていて神戸震災時を思い出すようなシーンになっています。 あと、私もときおり遊びに行っているブログ『ヘンリー・オーツの独り言』のヘンリーさんこと大津さんが、加藤登紀子さんと会話するシーンが納められており、きくちゆみさんの名前がでるなど、とても和やかな雰囲気が伝わってきます。 ということで動画をご覧ください。 ※加藤登紀子さんの『Tokiko... [続きを読む]

» 渡辺はコイズミのポチ?偽装「天下り廃止」に警報発令中!!! [パタリ]
渡辺はコイズミのぽちの可能性が高い。 植草さんのブログ「知られざる真実」をお読みの賢明な皆さんは騙されないだろうが・・ もし、本気で天下りを廃止しようと思うなら、 自民党と本気で決別して、 「天下りが一番」の自民党を潰すために、民主党と手を組むべきだ。 テレビで言っていたが、自民党の規約では、 除名処分だと復党は出来ないが、 離党なら復党可能だそうだ。 実際にポッポのあほな弟も復党して、大臣としてアホズラを晒している。 しかし、コイズミや渡辺も脳がない・・ 植草さんの読みどおりに動いている・・・ 誰... [続きを読む]

» 渡辺喜美氏のパフォーマンス? よく理解できないこの時期の単独離党 [タクシードライバーの資格(司法書士&社労士)挑戦日記+α]
様々なメディアでは、自民党を離党した渡辺喜美氏に対して期待の声が寄せられているようです。 そして、渡辺氏が「天下り根絶」に担当大臣として粉骨砕身してきたものを、麻生太郎首相によって棚上げにされたかのようなデマまで流し、渡辺喜美氏を時代の救世主のように持ち上げよ... [続きを読む]

» 支持層が堅いと言われている公明党が、社民+共産を大幅に下回りショックを受け幹部陣は顔色を失っているようだ。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 麻生内閣70%不支持、支持率19%に下落ばかりが注目されているけれど、それ以上に政治関連の記者の話題になっているのが公明支持の急落らしい。  昨日のTBSラジオで共同通信のデータを元に武田一顕記者が紹介していた。「共同通信のデータは調査数が多いので信頼性が高い」とも、。  公明党2.2%に対して、共産党3.6%、社民2.4%で、共産+社民合計は6%。これがどれだけ衝撃的な数字かは2ヶ月前の時事の世論調査と比べれば分かるでしょう。その時点では公明党が4.2%、共産・社民は共産1.4%+社民0.8%で... [続きを読む]

» マスコミは麻生や自民党を甘やかすな [狐と狸とカラスどもに怒りを]
経済が一番の課題、というわりには今頃こんな動き。 太陽光など促進する国際機関 政府、オブザーバー参加へ (asahi.com 1/13) 政府は13日、太陽光・風力発電、バイオ燃料などの利用促進を目指して今月発足する国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の設立総会にオブザーバー参加することを決めた。これまでは参加に消極的だった米国に歩調を合わせていたが、オバマ次期米大統領が地球温暖化対策を重視しているため、方針を転換した。将来は正式に加盟することも視野に検討する。  IRENAは26日、ド... [続きを読む]

» くさい芝居はもう沢山だ! [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 昨日の仕事帰りに、駅のベンチに置いてあった夕刊フジ(1月17日付最終版)トップの、「『喜美新党』旗揚げ」の見出しに目が行き、12面に掲載の当該記事を読んでみました。  それによると、自民党を離党した元行革担当相の渡辺喜美が、無所属衆院議員の江田憲司らと、脱官僚主義や地域主権などを柱とした新党結成を模索しているのだとか。他にも、政府の道州制ビジョン懇談会座長を務める江口克彦(PHP総合研究所社長)や、評論家の屋山太郎などが、この「喜美新党」への参加に意欲を示しているとも。  何の事はない。道州制... [続きを読む]

» あまりにも馬鹿すぎるアホウ太郎のバカぶりは偽装チェンジの前座かも。油断するとB層ブームで再び痛い目に会う可能性もある。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 麻生が字が読めないのだって、空気を読めないのだって、常識がないのだって、庶民の心なんて全然分からないのだって、とっくの昔に自民党の中では分かっていたはずです。  まるでギャグみたいな、あまりにも馬鹿すぎて、あまりにもお粗末過ぎておかしいとは皆さん思わないですかね。  次に登場する、偽装チェンジ(実は自民党の別働隊)を引き立てるための前座、あるいは布石とは考えられないですかね。  麻生を嗤っているだけで、油断していると手酷い痛い目にあうような気がしています。  アホウ太郎のバカぶりは偽装チェンジの前... [続きを読む]

» 「みんなで偽装」党 渡辺喜美代表への”脱官僚依存と郵政問題について”の質問 [父さんの日記]
たしか11月5日であったと思う。久しぶりに THE JOURNAL にアクセスし [続きを読む]

« 「世論を笑う者は世論に泣く」ことになる麻生首相 | トップページ | 渡辺喜美氏第三極の狙いは本格政権交代の阻止 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ