« 日米株価暴落と公的資金投入のあり方 | トップページ | デリバティブ金融危機の津波は残存する »

2008年10月12日 (日)

三浦和義元社長死亡の深層

ロサンゼルス銃撃事件で米当局に逮捕された三浦和義元社長(61)の自殺が報じられた。三浦元社長が逮捕されたのは、2008年2月22日金曜日だった。

この直前、2008年2月19日に海上自衛隊イージス艦「あたご」が、千葉県の漁船「清徳丸」に衝突し、「清徳丸」が船体をまっぷたつに切断され、乗船していた2名の漁師が死亡する事件が発生した。

自衛隊によるインド洋での米軍への給油活動を定める旧テロ特措法は、2007年11月1日に有効期限が切れた。海上自衛隊はいったんインド洋から撤退した。政府が2007年10月17日に提出した法案は2007年11月13日に衆議院で可決されたが、2008年1月11日に参議院本会議で否決された。

福田政権は同法案を同日再可決して法律が成立し、自衛隊によるインド洋での給油活動が再開されることになった。日本国内では、政府が衆議院の数の力に頼り、参議院の決定を無視して給油法案を可決成立させたことに対する批判が渦巻いた。

海上自衛隊のイージス艦衝突事件は、こうした状況下で発生した。インド洋での給油活動を日本に強制しようとしていた米国にとって、最悪のタイミングでの事件発生だった。

事件が発生したのは火曜日だった。日本のメディアは連日イージス艦事件をトップニュースで伝えた。石破防衛相の引責辞任も当然の流れになった。週末の情報報道番組はイージス艦事件、給油法の是非をめぐる論議一色に染まることが確実な情勢だった。

そこに、突如降ってわいたニュースが三浦元社長のサイパンでの逮捕だった。テレビ報道はイージス艦事件報道から、三浦元社長逮捕報道に全面転換した。単なる偶然とは考えられない。

三浦氏の逮捕は、一事不再理の原則から判断して、明らかに無理筋だと考えられる。三浦氏は常識的な法律解釈からすれば、当然釈放されるべきものであったと考えられるが、早期に釈放すれば、不自然な逮捕の背景に対する疑惑が取りざたされる可能性が高かった。米国は三浦氏を早期に釈放できない状況に追い込まれたと考えられる。

時間をかけて審理しても、有罪立証するには、あまりにも無理があり過ぎたと考えられる。釈放もできず、有罪にもできない、難しい情勢のなかで、三浦氏自殺の突然の報道が伝えられた。

私の2005年裁判における第2回公判では、事件の数多くの不自然な事実と疑惑が明らかにされた。疑惑を伝える大規模な報道が予想されたが、公判当日の朝、突然、国松元警察庁長官狙撃事件の容疑者が逮捕された。報道はこの逮捕報道に完全に占領された。結局、逮捕された容疑者は勾留期間を経過して、証拠不十分で釈放された。事件発生から長い年月を経た段階での逮捕で、結局、証拠不十分とされた逮捕は、不自然さを象徴するものだった。

三浦元社長は、イージス艦による漁船轟(ごう)沈事件、あるいはテロ特措法の犠牲になったのではないだろうか。政治権力は恐ろしい存在であることを知っておかなければならない。

人気ブログランキングへ

ランキング

« 日米株価暴落と公的資金投入のあり方 | トップページ | デリバティブ金融危機の津波は残存する »

警察・検察・司法(1)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦和義元社長死亡の深層:

» あなたたちが犯罪者とならないために〜法律の落とし穴 [あなたたちが犯罪者とならないために]
数年前から「ある罪名」の検挙件数が急増していることをご存知ですか?検挙さ れるのは「普通の人達」です。罪名すら知らずに「検挙します」と告げられ、犯 罪歴を残しています。あなたの家族を守るために、一読を! [続きを読む]

» 深刻化する世界経済と三浦和義の闇 [連山改]
 金融危機への対応を協議するため、欧州連合(EU)15か国による首脳会議が12... [続きを読む]

» 陰謀?三浦和義逮捕のタイミング&自殺がうそくさい [ROUTE・G DRIVE AFTER DEATH]
例えば、起こってしまった事件を取り消す事は出来ないが、ちょうど時期を同じくして同じくらいの大きな事件が起こればメディアの目がそちらに向いて、先に起こっていた事件が薄まるという事態がよくあるのだ。 だから先に起こったニュースのすぐ後に起こる同規模の事件を、もしかしたら先に起こってしまった事件をぼかす為の陰謀ではないのか?とする考え方はよくあるのだ。 2003年7月26日の未明に、「イラク特措法」が成立した。 イラク特措法が成立 参院委、強行採決で混乱 自衛隊のイラク派遣を可能に... [続きを読む]

» 三浦和義氏自殺! サイパンでの逮捕、ロスへの移送、そして自殺が仕組まれたものでないことを願います [タクシードライバーの資格(司法書士&社労士)挑戦日記+α]
いわゆる「ロス疑惑銃撃事件」の三浦和義元社長(様々な呼称がついていますが、最高裁では無罪が確定していますので、「氏」又は「元社長」が適切と思います)が、移送されたロサンゼルス市警の収容施設で自殺しました。 「疑惑の銃弾」事件では、限りなく「クロ」に近い「グレー... [続きを読む]

» のどかな海と三浦和義さん [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
一時的な低気圧の通過で、午後から雨がちになる予想...だったけど、いまは満月の4日前、午前中はがんがん潮が下げていて透明度が悪いから、ダイビングのスタートは遅い午前となる。というわけで、下げ止まりを待って入ったお昼時のゴフヌー・チャネルではマンタに振られてしまった。それに予報どおりに雲が増えてきて、雨も降り出した。 次に潜るサイト(ポイント)のオプションをいろいろ挙げてゲストに伺うと、小物でまったり・のんびりのナマコ・ヘブンをご指名、そうです、こんな天候、海況には、こういう場所がいちばん楽しめ... [続きを読む]

» 三浦和義氏の怪死 [喜八ログ]
2008年10月11日、米国ロスアンゼルスの拘置所で「怪死」した三浦和義さんのご冥福を祈りますとともに、ご遺族の方にお悔やみを申し上げます。 [続きを読む]

» 詠む 獄死の報に痛恨の念 [千恵子@行政書士]
たぶん、今年いちばんの衝撃。三浦さんの獄死。● マスコミに叩かれるたび闘いし 三浦和義 自死は有り得ず● ロス市警 三浦殺しに絞首刑 「あれは自殺」に非難轟轟● うそつくな 自殺自殺とロス市警 十分の間に二段ベッドか?● 死ねるのか 二段ベッドは留置所の 気付かれぬ隙わずか十分彼については、稿を改めて後日。... [続きを読む]

« 日米株価暴落と公的資金投入のあり方 | トップページ | デリバティブ金融危機の津波は残存する »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ