« 「独立自尊外交」について | トップページ | 刑事事件控訴審判決(全文)掲載 »

2008年6月27日 (金)

山口正洋氏によるねつ造記事掲載問題

  

山口正洋氏が事実無根の内容をブログに記述したねつ造記事掲載問題について、高橋清隆氏ライブドアPJニュース記事を掲載してくださった。

  

私は毎日産経朝日の全国紙各社が、山口氏を有力ブロガーとして記事に紹介、あるいは雑誌の連載記事を担当させている一方で、福島中央テレビ関係者による山口氏のブログ記事盗用問題を大きく報道したことを踏まえ、ねつ造記事掲載問題について責任ある対応を示す必要があると主張してきた。

  

しかし、これまでのところ、山口氏もメディア各社も適正な対応を示していない。高橋氏は客観的な視点から問題を正確に伝えているので、同氏によるシリーズ記事をご高覧いただきたい。また、高橋氏は地球環境問題についても5月に記事を掲載されている。

毎日新聞社は、山口氏をアルファブロガーとして記事で紹介した磯野彰彦氏が所属するデジタルメディア局が監督する英文サイト「毎日デイリーニューズ」上の英文記事コーナーを「内容が不適切だった」として閉鎖し、関係者を処分したことを6月24日に明らかした。この不祥事発生のなかで磯野氏は6月25日にデジタルメディア局長に昇格した。この点については「カナダde日本語」の美爾依さんが詳細に伝えてくださっている。

  

私は本ブログで磯野氏に対して質問を提示し、磯野氏も質問を閲覧したことを毎日新聞社サイトで明らかにされたが、現在までのところ、十分な対応を示されていない。

 

朝日新聞社は高橋氏の取材に対し、山口氏の連載記事掲載について、読者から問い合わせは来ていないと回答したとのことだが、これは虚偽と考えられる。私が確認している範囲でも、高橋氏が取材した時点で、朝日新聞に申し入れはすでに行われている。

メディア・コントロールの重要な問題として、この問題について、今後も適正な対応を求めてゆきたい。

  

人気ブログランキングへ

ランキング

« 「独立自尊外交」について | トップページ | 刑事事件控訴審判決(全文)掲載 »

「ぐっちーさん」こと山口正洋氏」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口正洋氏によるねつ造記事掲載問題:

« 「独立自尊外交」について | トップページ | 刑事事件控訴審判決(全文)掲載 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ