2016年2月14日 (日)

第二次安倍政権で経済が良くなったというウソ

明日2月15日午前8時50分に昨年10‐12月期のGDP統計が発表される。 国会では、安倍晋三首相が、第二次安倍政権が発足してから日本経済が本格的に改善したと盛んにアピールしている。 しかし、大多数の国民に、日本経済が本格的に改善したとの実感はない。 たしかに、安倍政権が発足してから株価は上昇した。 野田佳彦氏と安倍晋三氏による2012年11月14日の党首討論。 この党首討論で野田佳彦氏が衆議院解散を宣言して、ここからアベノミクス相場が始動した。 この11月14日の日経平均株価終値が8664円だった。 そして、日経平均株価は昨年6月24日に20868円まで上昇した。 たしかに株価は大幅上昇した。 しかし、これをピークに株価は反落。 この週末、2月12日の日経平均株価終値は14952円だった。...

» 続きを読む

2016年2月13日 (土)

54兆円損失解消棒に振り新たに18兆円の損失

アベノミクスは当初、 金融緩和 財政出動 成長戦略 の3頭立てであった。 米国金利が上昇してドル高の基調が生まれていたから、日本の追加金融緩和政策が効いたように見えた。 ドル高=円安が進行して日本株価が上昇した。 同時に見落とせないことは、安倍政権が政権発足直後に13兆円規模の補正予算を編成したことだ。 内容には問題がある。 利権支出満載で、国民の生活を底上げする政府支出がほとんど盛り込まれなかったからだ。 それでも、財政政策の基本スタンスを超緊縮から積極に転換した効果は大きかった。 結局のところ、財政金融政策を総動員して日本経済の改善を生みだしたのだ。 これと円安が重なり、日本株価を上昇させた。 このまま日本経済を安定飛行体制に移行させるべきであった。 ところが、安倍政権は2014年に政策...

» 続きを読む

2016年2月12日 (金)

安倍政権は結局政策大転換に追い込まれる

円高と日本株価下落が進行すると、 日本のメディアは、 「安全資産として日本円が買われている」 「世界経済のリスクが高まり株価が下落している」 と報道する。 それでは、2013年から2015年にかけて、 円安と日本株価上昇が進行したときに、 「危険資産を回避する行動が強まり、日本円が売られている」 「世界経済の回復期待が強まり株価が上昇している」 と説明していたか。 違う。 「アベノミクスの政策対応が好感されて、円安と株高が進行している」 と伝えていた。 そうであるなら、 「アベノミクスの政策対応が嫌気されて、円高と株安が進行している」 と伝えるべきだろう。 NHKはニュース報道のなかで、 「リスク回避の行動が強まり、安全な資産を買う動きが強まり、日本円が上昇しています」 などと、断定する原稿...

» 続きを読む

2016年2月10日 (水)

政策失敗を伝えない政治的不公平のNHK

2月9日、日経平均株価が918円下落して16085円に達した。 2月10日には、ついに16000円を割り込んだ。 1月21日終値の16017円をも割り込んだ。 1月29日に、日銀はマイナス金利導入を決めた。 円安を誘導し、株高を誘導するための政策決定だった。 しかし、日銀のこれまでの説明に反する政策決定であり、しかも、日銀内部で強い反対意見が表出されたものだ。 日銀の政策決定会合で議決権を持つメンバーは9名いる。 そのうち、5人が、安倍政権が任用した者だ。 この5人だけが賛成して新政策を決定した。 日銀が政治権力の支配下にあり、政治権力の力だけで金融政策を決定している現実が鮮明に浮かび上がった。 しかし、このマイナス金利導入の市場へのプラス効果は3日間しかもたなかった。 賞味期限3日の政策に...

» 続きを読む

2016年2月 9日 (火)

敗色濃厚を安倍一強に書き換える大本営メディア

安部政権の下り坂が止まらない。 2012年12月の政権発足以来、曲りなりにも「上り坂」が続いたが、昨年6月から8月にかけて頂上に到達。 そこから「下り坂」が始まっている。 「下り坂」の先には「まさか」が控えている。 1942年6月のミッドウェー海戦 1942年8月のガダルカナル島の戦い で日本軍は敗北し、第二次大戦は完全な「下り坂」に転じた。 しかし、日本のメディアは 連戦連勝 の虚偽報道を展開し続けた。 日経平均株価は 2015年6月24日に 20868円 2015年8月10日に 20808円 2015年12月1日に 20012円 をつけた。 この株価が 2016年1月21日に 16017円 2016年2月9日前引けで 16168円 に下落している。 3A1S(安倍、麻生、甘利、菅)と呼ば...

» 続きを読む

2016年2月 8日 (月)

「平成の売国」=TPPに和服で署名の支離滅裂

2月4日にニュージーランドでTPP最終合意文書への署名が行われた。 日本からは「政治とカネ」のスキャンダルで引責辞任した甘利明氏の代わりに、高鳥修一内閣府副大臣が出席した。 この高鳥修一氏が2011年5月11日に、自身の公式ブログに 「TPPについて(平成の売国)」 と題する記事を掲載している。 https://goo.gl/9MxFBa この記事に高鳥氏は次のように記述している。 「私はTPPについて国家主権の放棄であり、平成の「開国」どころか平成の「売国」だと考えている。 政治家の中にもいろんな考えや判断があるけれど、TPP問題は日本を守る断固とした決意のある「保守政治家」か否かのリトマス試験紙みたいなものだ。」 高鳥氏はTPPが「平成の売国」であるとの認識を示している。 実際に、201...

» 続きを読む

2016年2月 7日 (日)

アベノミクス失敗という不都合な真実

アベノミクスは全体として失敗している。 2012年12月に発足した第二次安倍政権が打ち出した経済政策を、安倍政権自身がアベノミクスと命名して宣伝した。 アベノミクスは三つの政策から成り立っている。 第一が金融緩和、 第二が財政出動 第三が成長戦略 である。 金融緩和はインフレ誘導、円安誘導を目的に掲げられたもの。 消費者物価上昇率を2%にまで引き上げることが公約として示された。 円安誘導は、当初の安倍晋三氏の発言で明示されていたが、米国などが、他国の自国通貨切下げ政策に対する批判を強めたため、 「円安誘導のための金融緩和」 という説明は使われなくなった。 しかし、当初、安倍晋三氏が円安誘導を目指すことを公言していたことは事実である。 第二の政策が財政出動であり、安倍政権は政権発足直後に13兆...

» 続きを読む

2016年2月 6日 (土)

賞味期限3日日銀政策と安倍政権の下り坂

1月30日付ブログ記事およびメルマガ記事 「政治支配下日銀のマイナス金利政策賞味期限」 http://goo.gl/uBWJ6y 「黒田日銀のマイナス金利導入政策に関する考察」 http://foomii.com/00050 に、 「マイナス金利導入で、目先は局面の変化があり得るが、弥縫(びほう)策の域を出ない」 と記述した。 安倍政権が甘利明経済相の「政治とカネ」スキャンダルに伴う閣僚引責辞任で根幹が揺らぐなかで、安倍政権支配下に置かれている日銀が政治的に動いた。 安倍政権が起用した日銀政策決定会合のメンバーだけが賛成して、マイナス金利導入を決めた。 極めて筋の悪い政策決定である。 その政策決定による円安誘導・株高誘導の効果は3日しかもたなかった。 賞味期限3日の悲惨な政策決定になった。 ...

» 続きを読む

«安倍政権の凋落に歯止めがからない気配濃厚

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ