2017年1月18日 (水)

鳩山政権叩きに似ているトランプ政権叩き

米国では1月20日に第45代米国大統領にドナルド・トランプ氏が就任する。 メディアは相変わらずトランプ叩きを続けているが、米国の主権者が選挙でトランプ氏を選出した以上、その結果に対して一定の敬意を払うことは必要ではないか。 米国には「ハネムーンの100日」と呼ばれる風習がある。 新しい政権が軌道に乗るまでには、ある程度の時間を要する。 政権交代後の新政権の最初の100日間は、報道機関のみならず野党も新政権に対する批判や性急な評価を避けるという紳士協定がある。 これを「ハネムーンの100日間」と呼ぶ。 しかし、今回のトランプ新政権に対して、米国の主要メディアはこの風習を無視している。 日本では、2009年に誕生した鳩山政権に対して、メディアは政権発足当初から攻撃的な姿勢を示し続けた。 2001...

» 続きを読む

2017年1月17日 (火)

政治権力と一体化する司法権力の横暴

22年前の1月17日は寒波が到来して寒い日だった。 東京の天候は、昨日、1月16日と似た寒さの厳しい月曜日だった。 22年前は早朝に阪神淡路大地震が発生した。 あれから22年の月日が流れた。 多くの方が犠牲になられたが、心から哀悼の意を捧げたい。 この1月16日に TPP交渉差止・違憲訴訟第7回口頭弁論が開かれた。 寒さのなかにもかかわらず、多くの市民が参集された。 裁判を指揮する東京司法裁判所の 中村さとみ裁判長は、 重要な論点を残したまま、 原告と被告が書面でのやり取りをすることも合意したなかで、突如、審理を打ち切ることを宣告した。 審理は裁判長の独断で打ち切られた。 原告は裁判長の忌避を申し立てたが、忌避請求は却下されることになるだろう。 判決期日が提示され、次回期日に判決が示されるこ...

» 続きを読む

2017年1月16日 (月)

TPP浮遊霊の復活ゾンビの暴走を絶対許さない

本日、2017年1月16日(月)午後2時半~4時半の予定で TPP交渉差止・違憲訴訟の第7回口頭弁論が開かれる。 私たちのいのちとくらしを蝕むTPP ハゲタカのハゲタカによるハゲタカのための条約であるTPP 日本農業、国民医療、労働者の生存条件を破壊するTPP 日本の主権者は連帯して、この「百害あって一利のない」TPPを完全に成仏しなければならない。 米国でトランプ氏が大統領に就任する。 トランプ氏は大統領就任初日にTPPからの離脱を宣言することを公約にしている。 米国が参加しなければTPPは発効しない。 「TPPは死んだ」 状態にあるが、まだ、浮遊霊として現世をさまよっている。 このTPP浮遊霊が憑りついて、ゾンビのように日本国民を苦しめることがないよう、この際、しっかりと除霊しておかねば...

» 続きを読む

2017年1月15日 (日)

TPP浮遊霊を除霊するため1.16東京高裁に集結

2017年1月16日(月)午後2時半~4時半の予定で TPP交渉差止・違憲訴訟の第7回口頭弁論が開かれる。 第6回口頭弁論期日は11月14日であった。 裁判所は11月14日の結審を目論んでいたのか、強引な訴訟指揮を試みたが、原告弁護団が徹底抗戦し、この1月16日期日が設定された。 TPP交渉差止・違憲訴訟の会の案内を転載させていただく。 TPP交渉差止・違憲訴訟 第7回口頭弁論期日へのご参加のお願い https://goo.gl/tIytL7 日頃より原告・会員の皆様には、TPP交渉差止・違憲訴訟に対して物心両面からご支援をいただき誠にありがとうございます。 弊会は、東京地方裁判所に1,582名の原告が提訴を行い、昨年9月7日を皮切りに本年11月14日まで6回の口頭弁論が行われ、第7回期日は...

» 続きを読む

2017年1月14日 (土)

安倍首相会見よりは格段に健全なトランプ会見

1月20日に第45代米国大統領に就任するドナルド・トランプ氏が1月11日に記者会見を行った。 会見ではCNNの記者が発言を求めて声を張り上げたが、トランプ氏はこの記者を指名しなかった。 それでもCNN記者は納得せず、大声で発言を求め続けた。 このことについて、トランプ氏を批判する主張を提示するメディアが多いが、日本と比べればトランプ氏の対応ははるかに優れている。 CNNの記者が次期大統領の記者会見で、少なくとも自由な発言が許されているのである。 日本の情報空間の息苦しさ、情報統制に比べれば、米国の空間ははるかに開けている。 首相官邸で頻繁に記者会見が開かれる。 NHKがその模様を実況中継することも多い。 安倍首相の記者会見の場合、質問する者があらかじめ決められていることがほとんどである。 そ...

» 続きを読む

2017年1月12日 (木)

トランプ新大統領経済政策への冷静な評価

保護主義が悪で自由貿易主義が善との決めつけは間違っている。 経済学者のリカードが明らかにしたように、それぞれの国が得意な生産物の生産に特化して余剰な財を交換し合うという意味での貿易は全体の効率を高める。 この意味での自由貿易にはメリットがある。 自由貿易自体が否定される対象でもない。 しかし、近年問題とされている自由貿易主義、言い換えれば「新自由主義」と呼ばれるものは、上記の国家間の財の取引を行うという意味での自由貿易を超える含意を有している。 その最大の特徴は、 資本の移動 と 労働力の移動 という分野を含めて、 これを完全に自由にしてしまうとの意味を含んでいるからだ。 一言で表現するなら、 世界統一市場 世界単一市場 を形成してしまうということである。 このことがもたらす最大の弊害は、 ...

» 続きを読む

2017年1月11日 (水)

主権者は反核・反戦・反格差の旗の下に集結しよう

2014年12月総選挙と2016年7月総選挙の間には重要な変化が観察される。 比例代表選挙の得票率を見てみよう。 2014年12月総選挙では 自民  17.4 公明   7.2 自公  24.7 民主   9.6 野党計 28.0 だった(いずれも%、全有権者数に対する得票率)。 これが2016年7月参院選では大きく変化した。 自民  19.6 公明   7.4 お維新  5.0 こころ  0.7 与党系 32.8 民進  11.5 共産   5.9 野党計 19.9 つまり、2016年7月参院選では、与党系政党の得票率が上昇しているのである。 最大の要因は維新が野党系から与党系に鞍替えしたことである。 維新は2014年12月の選挙で8.3%の得票率を得ているが、民主との一部合流などの紆余曲...

» 続きを読む

2017年1月10日 (火)

大事なことを曖昧にするから災いが生じる

大事なことを決めるときには、 「あいまいさ」 を残すべきではない。 その 「あいまいさ」 がのちに問題になることが多いからだ。 2015年12月28に日韓両国の外相が行動発表を行った際、私は12月29日に、 ブログ記事「日韓合意、日本政府謝罪明記でも玉虫決着」 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-99db.html メルマガ記事「日韓合意あいまい決着が問題を再燃させる懸念」 http://foomii.com/00050 と題する記事を掲載した。 日本政府は韓国の日本大使館前に設置されている従軍慰安婦少女像の撤去を韓国政府に求めている。 このことに関して外相共同発表を行ったのだが、 少女像の撤去を確約するものにはなっていなかっ...

» 続きを読む

«問題根源は2015/12の日韓玉虫合意文言にある

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ