2014年4月25日 (金)

日米首脳会談最大の成果はTPP大筋合意の不成立

オバマ大統領が2泊3日の訪日日程を終えて離日した。 日本を出発したオバマ氏は韓国に到着した。 韓国訪問後、オバマ大統領はマレーシア、フィリピンを歴訪する。 4月24日に日米首脳会談が行われ、共同記者会見が実施されたが、日米共同声明の発表は先送りされた。 安倍首相は記者会見でTPP閣僚交渉を継続して、その結果を踏まえて共同声明を発表するとしていた。 TPP交渉の大筋合意を成立させて、これを共同声明に盛り込むことを目論んだのだが、この目論見は成就しなかった。 結局、TPP交渉は物別れに終わり、この内容を含む共同声明が発表された。 共同声明では、尖閣について次の表現が盛り込まれた。 「米国は,最新鋭の軍事アセットを日本に配備してきており,日米安全保障条約の下でのコミットメントを果たすために必要な全...

» 続きを読む

2014年4月24日 (木)

安保適用範囲だが尖閣日本領有否定した米大統領

オバマ大統領が来日し、4月23日夜には、東京銀座の「すきやばし次郎」で安倍首相が主宰した非公式夕食会に出席した。 食事の効用は大きい。 オバマ大統領はすしが好物とのことで、食事のメニューに限って言えば、すきやばし次郎のすしは極上のおもてなしになったと思われる。 とはいえ、食事は食事、政治は政治、でもある。 日本外交の立て直しが急務である。 日米関係が急激に悪化しているが、その原因は安倍政権の極右行動にある。 米国は東アジアの平和と安定を希求しているが、安倍首相の靖国参拝は、この目的に適合しないとの見解を示している。 安倍首相は米国の牽制を無視して靖国神社に参拝した。 これに対して「失望」のメッセージを発した米国に対して、衛藤晟一首相補佐官が「失望しているのは日本」のコメントを発表した。 また...

» 続きを読む

2014年4月23日 (水)

オバマ大統領が安倍首相に贈る「新三本のイヤ」

米国のオバマ大統領がアジア諸国を歴訪する。 訪問国は日本、韓国、マレーシア、フィリピンである。 オバマ大統領は昨年10月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席および東南アジア諸国歴訪の予定を土壇場でキャンセルした。 米国内の財政政策協議が難航し、政府機関閉鎖の危機が迫ったためである。 今回の歴訪は、米国のアジア重視の姿勢を改めて示すためのものである。 訪日日程は当初1泊2日であったが、安倍政権が強く求めて、2泊3日の日程に変更された。 日本側はオバマ大統領を国賓として迎えたいとして、24日は宮中晩さん会も開催されることになった。 しかし、オバマ大統領は迎賓館には宿泊せず、ホテルオークラに滞在する。 また、ミシェル夫人は今回のオバマ大統領歴訪に同行しない。 日本サイドが国賓での訪日...

» 続きを読む

2014年4月22日 (火)

「主権者のための政治」確立の目標は変わらない

昨日、4月21日(月)午後8時から、UIチャンネルで、 鳩山友紀夫元首相との対談生放送に出演した。 テーマは、 「主権者が日本を取り戻す」 http://ch.nicovideo.jp/eaci/blomaga/ar509700 アーカイブ映像を視聴できるので、ぜひご高覧賜りたい。 鳩山友紀夫元首相が民主党代表に就任したのが5年前の5月である。 小沢一郎代表が西松謀略事件の影響で民主党代表を辞任した。 日本の既得権益は岡田克也氏を後継代表に就任させようと画策したが失敗した。 民主党新代表には鳩山友紀夫氏が就任し、この年の8月30日に実施された総選挙に大勝して、政権交代の大業が成就された。 それから4年半の時間が経過した。 政権交代によって実現が期待された日本政治の刷新は破壊され、旧政が復古し...

» 続きを読む

2014年4月21日 (月)

NHK放送受信料支払い凍結運動を支援しよう

「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」 http://kgcomshky.cocolog-nifty.com/ が4月17日、17日、NHK会長の籾井勝人氏が4月中に自ら辞任しない場合、受信料を今後半年間支払わないよう視聴者に呼びかける運動を始める、と発表した。 4月2日付の本ブログ・メルマガ記事 「情報先進県沖縄のNHK受信料支払率は5割未満」 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/nhk5-eccf.html 「「あべさまのNHK」に「みなさまの受信料」は不要」 http://foomii.com/00050 に記述したように、NHKの放送受信料を支払っていない世帯は数多く存在する。 日本で唯一の情報先進県と言ってよい沖縄県の受...

» 続きを読む

2014年4月19日 (土)

2009年政権交代の原点に立ち返って現実を観る

4月21日(月)午後8時から、UIチャンネルで、 鳩山友紀夫元首相との対談が生放送される。 テーマは、 「主権者が日本を取り戻す」 http://ch.nicovideo.jp/eaci/blomaga/ar509700 会員は全篇を視聴できる。 鳩山政権の誕生から4年半の時間が経過した。 鳩山政権はわずか8ヵ月半の時間で終焉し、その後に菅直人政権、野田佳彦政権、安倍晋三政権が誕生して現在に至っているが、日本は主権者にとって良い国になったと言えるか。 安倍晋三氏は2012年12月の総選挙で 「日本を取り戻す」 のスローガンを掲げたが、その意味は、 「米国が日本を取り戻す」 の意味であったのだと考えられる。 1.フクシマの事故がいまなお進行中であり、深刻な健康被害が広がっていると見られるなかで...

» 続きを読む

2014年4月18日 (金)

原発・TPPの重大テーマがゴシップで隠蔽される

本質的に重要なテーマが陰に隠れ、その場限りのゴシップニュースに目が奪われる。 本質的なテーマに人々の目が向かうことを回避したい勢力にとって、この種のゴシップニュースは恰好の隠れ蓑になる。 2009年8月30日の決戦の総選挙。 主権者勢力が既得権勢力に勝利を収め、政権交代の大業が成就した。 しかし、選挙直前の情報空間を占拠したのは酒井法子の麻薬問題だった。 2010年7月11日の参院選。 民主党がこの選挙に勝利すれば、「ねじれ」が解消した。 日本は新しい時代に移行したはずである。 しかし、メディアは「ねじれの解消の重要性」など、ひとかけらも報道しなかった。 小鳩政権からクーデターによって権力を強奪した菅直人氏は、突然、消費税増税を公約に掲げた。 主権者が菅直人政権に罵声を浴びせたのは当然のこと...

» 続きを読む

2014年4月17日 (木)

STAP細胞不正を安倍政権が切込めない裏事情

STAP細胞問題が重要であるのは、主権者国民の血税がばら撒かれることと表裏一体の関係を為しているからである。 安倍政権は6月二発表する予定の成長戦略のなかに、 科学技術振興 と 女性の社会進出促進 を盛り込む予定にしていた。 この政治の事情を背景に、STAP細胞を「利用する」目論見が存在していたのだと思われる。 安倍首相は本年1月11日に兵庫県神戸市中央区にある、理化学研究所:発生・再生科学総合研究センターを視察した。 神戸新聞ニュースサイトには、顕微鏡を覗き込む安倍首相と、いま話題の笹井芳樹副センター長、野依良治理研理事長、山中伸弥京都大教授が一枚の写真に収められて掲載されている。 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201301/0005663243...

» 続きを読む

«オバマの3日滞在と主権者利益交換は許されない

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ