2017年6月22日 (木)

憲法に則り臨時会召集しもりかけやま疑惑解明を

6月21日午後4時より、参議院議員会館講堂において 森友・加計問題の幕引きを許すな! 国家権力の私物化を許さない! 安倍やめろ!!緊急市民集会 が開催された。 主催は森友告発プロジェクト。 暴風が吹きすさぶ中で開催された集会であったが、会場に入りきれない市民が集結して熱気あふれる討議が行われた。 安倍内閣の支持率が急落している。 政権崩壊劇の幕がはっきりと切って落とされたと言ってよいだろう。 森友・加計・山口のアベ友三兄弟疑惑は深まる一方で、安倍政権は説明責任を果たそうとしない。 説明責任を果たせば政権の犯罪が明らかになるから、説明不能に陥っているというのが実情であろう。 森友疑惑は、時価10億円は下らないと見られる国有地を1億3400万円の安値で近親者に払い下げたという、典型的な政治腐敗事...

» 続きを読む

2017年6月21日 (水)

東京都議選での自民党惨敗必至の情勢

小池百合子東京都知事が築地・豊洲問題についての方針を発表した。 いったん豊洲に移転したうえで築地を再整備して、5年後に築地市場を再開するというものだ。 小池知事は アウフヘーベン というドイツ語を用いて 正・反・合 空白を という「止揚」という考え方であることを強調した。 豊洲移転派は、 「まずは豊洲にいったん移転」 の方針を歓迎せざるを得ない。 築地残留派は豊洲移転に反対の意思を示しながらも、5年後に築地市場再開の方針には基本的に歓迎の意思を示さざるを得ない。 小池流のしたたかな方針表明であると表現することができるだろう。 ただし、細目は明確でないため、この方針が今後、換骨奪胎されぬよう、監視を強める必要がある。 築地を再整備する場合、移転しない場合には営業を継続しながら工事を行わなければ...

» 続きを読む

2017年6月20日 (火)

首相学芸会会見が際立たせる安倍氏器量の小ささ

安倍首相が通常国会閉幕に合わせて記者会見した。 メディアは安倍首相が謝罪したことを大きく取り上げるが、こんなものは記者会見でも何でもない。 単なる「学芸会」だ。 記者からの質問は事前に提出されており、安倍首相は役人が書いた答弁を読んでいるだけだ。 Leader ではなく Reader なのだ。 しかも、会見で質問したのは、 幹事社の毎日新聞とTBS 自由質疑になって質問権を与えられたのは、 ロイター NHK 日経 フジ の記者であり、御用会社の御用記者しか質問権を付与されていない。 TBSは幹事社で質問権を付与されたのだから、TBS元ワシントン市局長の山口敬之氏に対して発付された準強姦罪容疑での逮捕状が菅義偉官房長官の元秘書官で警視庁刑事部長だった中村格氏によって握りつぶされた事案について質...

» 続きを読む

2017年6月19日 (月)

権力私物化を許さない!6.21院内緊急市民集会

各社の世論調査で内閣支持率の急落が伝えられている。 世論調査そのものに問題があり、世論調査の数値そのものは実態と乖離していると考えられるが、調査における時系列での変化には実態を反映する部分があると思われる。 時系列の変化で見ると、各社調査の内閣支持率が急落している。 森友・加計・山口の「アベ友三兄弟」疑惑が噴出し、安倍首相が 「かかわっていたなら総理大臣も議員も辞職する」 と明言したにもかかわらず、安倍首相は真相を明らかにすることなく、 「逃げの一手」 で対応している。 主権者国民はこれらの問題についての政府の説明を納得しておらず、 安倍政権の行動に問題があると判断している。 また、共謀罪創設については、 組織犯罪集団の定義や犯罪準備行為の定義があいまいであることが国会審議で露呈し、 罪刑法...

» 続きを読む

2017年6月18日 (日)

消費税率を5%に戻し格差拡大に歯止めかける

私たちが日本政治を刷新するためにはどうしたらよいのか。 答えははっきりしている。 民主主義を活用することだ。 私たちには1人1票という参政権が付与されている。 この1人1票という参政権を有効活用して政治を刷新するのだ。 現状に目を向けると、政治刷新など困難ではないかとの声が浮上するが、それは杞憂である。 現に、2009年に私たちは無血の平成維新を実現した。 このときは、既得権勢力のその後の巻き返しで、政治刷新の大業を果たすことができなかったが、失敗の教訓を踏まえて、再チャレンジすればよい。 失敗を活かして成功に導くことが大事だ。 2014年の総選挙で安倍自民党の得票は全有権者の17.4%に過ぎなかった。 6人に1人程度しか安倍自民党には投票していない。 同じ政権与党の公明党への投票を合わせて...

» 続きを読む

2017年6月16日 (金)

安倍政権退場最速の道は昭恵夫人への尋問実現

通常国会が実質的に閉幕し、心ある主権者の大半が安倍政権の暴虐行為に絶望的な思いを強めている。 2012年12月の第2次安倍内閣発足後、この政権は国会における「数の力」を楯にして横暴の限りを尽くしてきた。 特定秘密保護法 刑事訴訟法改悪 共謀罪創設 の「弾圧法制」を強行制定した。 集団的自衛権行使を禁ずる憲法解釈を憲法改定の手続きを経ずに勝手に変えて、これに基づいて戦争を推進する 「戦争法制」 も強行制定した。 さらに、 2012年12月総選挙で 「TPP断固反対!」 と大書きしたポスターを貼り巡らせて選挙を戦ったにもかかわらず、選挙から3ヵ月も経たぬうちに 「TPP交渉への参加」 を決定し、 TPP発効に向けて暴走を続けてきた。 これに連動して、農業競争力強化支援法制定、主要農作物種子法廃止...

» 続きを読む

2017年6月15日 (木)

安部暴政の暴行暴虐に泣き寝入りはやめよう

安倍自公政権の本性をむき出しにした共謀罪強行採決が実行された。 参議院の委員会採決をすっ飛ばして、委員長が本会議で中間報告し、本会議で採決を強行するという暴挙が示された。 参議院委員会での審議時間はわずか17時間50分。 衆議院の審議もまったく不十分だったが、それでも時間数では30時間25分だった。 参院法務委員会で採決を強行すれば、当然のことながら、委員会室は採決を阻止しようとする野党議員の実力行使と怒号で騒然とした状況になる。 他方、安倍政権は森友・加計・山口の「アベ友三兄弟」疑惑に対して、まったく説明責任を果たしていない。 「逃げ」の一手で、巨大疑惑に蓋をしようとする姿勢が鮮明である。 7月2日には東京都議選が投開票日を迎える。 都議選告示は6月23日だ。 国会会期を延長すれば、都議選...

» 続きを読む

2017年6月14日 (水)

横暴極まる安倍腐敗暴政を許さない!

通常国会の会期末を控えて与野党攻防が激化しているが、安倍政権は国会における「数の力」だけを盾に横暴極まる国会運営を誘導している。 下品なトップには下品な提灯持ちが付くものである。 前川喜平前文部科学省事務次官について 「面従腹背という前川前次官は官僚のクズ」 などと表現する元公務員の発言が御用新聞に掲載されたらしいが、 市民は冷静に、 「どっちがクズか」 よく考えるべきだろう。 前川氏が強調したのは 「公平、公正であるべき行政が歪められた」 ことである 公務員が上司の意向を踏まえることは間違っていないし、当然のことだが、 公務員の職務として何よりも重要なことは行政事務を 「公平、公正、中立」 に執行することである。 安倍政権は行政のこの大原則を歪めている。 自分の個人的な近親者に対して「利益...

» 続きを読む

«安倍昭恵氏の説明責任が果たされていない

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ