2014年9月18日 (木)

埋立承認撤回提唱喜納昌吉氏を岡田克也が攻撃へ

11月16日に投開票日を迎える沖縄県知事選。 最大の争点は辺野古海岸を破壊して米軍基地を建設することの是非である。 沖縄県民は2010年の知事選で、 辺野古米軍基地建設=NO の意思を明示した。 辺野古海岸のある沖縄県名護市の市民は、2010年以来、4度実施された市長選、市議選で、すべて、 辺野古米軍基地建設=NO の意思を明示してきた。 これが、沖縄県民、名護市民の意思である。 日本が民主主義制度を採用している以上、この状況下で辺野古海岸を破壊して米軍基地を建設することは正当性を持たない。 誰が考えても分かることだ。 この民主主義を破壊している人物が3名いる。 仲井真弘多氏、菅義偉氏、安倍晋三氏である。 仲井真氏は昨年12月に、辺野古海岸埋立申請を承認した。 仲井真氏は2010年の知事選で...

» 続きを読む

2014年9月17日 (水)

臨終を迎えた民主党

2014年9月16日は民主党の命日になった。 民主党は岩手県盛岡市で開催した両院議員総会で新体制を決定した。 海江田万里氏は代表職にとどまり、 代表代行 岡田克也氏 幹事長 枝野幸男氏 政調会長 福山哲郎氏 国対委員長 川端達夫氏 常任幹事会議長 大畠章宏氏 が決定された。 代表代行 高木義明氏 両院議員総会長 直嶋正行氏 は留任となった。 海江田氏は自身の続投と引き換えに、民主党を悪徳10人衆残骸と連合直系議員による支配体制を容認する姿勢を示した。 民主党が悪徳民主と正統民主に分裂して、正統民主が主権者勢力と連携する路線は消滅した。 悪徳民主は自民党とほとんど差異がない。 連合直系勢力も、米官業による日本支配を容認する勢力で、自民党の路線と差異がない。 民主党は名実ともに自公勢力と同類の政...

» 続きを読む

2014年9月16日 (火)

日本経済を支える中小企業を支える方策

10月3日(金)および10月4日に講演を行う。 10月3日の講演会については、すでに9月8日付ブログ記事で紹介させていただいているが、これとは別に、10月4日の午後1時半から東京メトロ・表参道駅近くの南青山会館で講演をさせていただく。 合わせてご案内させていただく。 10月3日講演会は、『月刊日本』主催講演会。   場所は東京・永田町の衆議院第二議員会館1階・多目的会議室 開場:午後4時半、開演:午後5時。 参加費は無料。 演題は 「強欲資本の手先になり下がる安倍政権」 参加ご希望の方は、 『月刊日本』03-5211-0096 までお申し込みを賜りたい。先着順、定員に達し次第、受付を終了させていただく。 10月4日(土)の講演会は 「銀行の貸し手責任を問う会」 主催。 講演会タイト...

» 続きを読む

2014年9月15日 (月)

「埋立承認撤回」拒否は辺野古基地建設容認と同義

菅義偉官房長官は、沖縄県名護市辺野古海岸を破壊して米軍基地を新たに建設する計画について、 「最大の関心は沖縄県が(辺野古沿岸部の)埋め立てを承認するかどうかだった。知事が承認し粛々と工事しており、もう過去の問題だ。争点にはならない」 との認識を示し、次のように発言した。 「過去18年間で、県知事も市長も移設賛成の方がいた。そうした経緯の中で、仲井真知事が埋め立て承認を決定した。そのことで一つの区切りがついている」 ジュゴンが生息し、サンゴで覆われた、かけがえのない美しい辺野古海岸を破壊して、必要のない巨大な米軍基地を日本の費用負担で建設して米国に上納することについて、仲井真弘多沖縄県知事が埋立申請を承認したから、これで決着したと述べている。 民主主義を根底から否定する、暴言である。 そこには...

» 続きを読む

2014年9月14日 (日)

菅官房長官が明示した辺野古基地建設中止の条件

負けないこと 投げ出さないこと 逃げ出さないこと 信じ抜くこと 駄目になりそうなとき それが一番大事 負けないこと 投げ出さないこと 逃げ出さないこと 信じ抜くこと 涙見せてもいいよ それを忘れなければ (立川俊之作詞作曲『それが一番大事』) http://www.youtube.com/watch?v=OOX1Sbb3FqU 沖縄県名護市の辺野古海岸で、沖縄県民が辺野古の海を守るために体を張って行動している。 海上保安庁は一般海域で活動する市民を威嚇し、暴力行為を働いていることが伝えられている。 http://twitcasting.tv/iwj_okinawa1/movie/99423220 安倍政権は沖縄県名護市の辺野古海岸を破壊して米軍基地建設に着手しているが、実力行使は沖縄県の仲井...

» 続きを読む

2014年9月12日 (金)

吉田調書公開で不可避になる東電幹部の刑事責任

吉田調書と吉田証言で吉田が重なり、混乱してしまうが、20011年3月11日の東日本大震災に伴って発生した東京電力福島第一原子力発電所の放射能事故に関するヒアリングをまとめた調書の一部が公開された。 とはいえ、一部が黒塗りになっており、調書が完全開示されたわけではない。 安倍政権に都合の良い部分は公表され、都合の悪い部分は黒塗りにされている可能性は十分にある。 このことを念頭に入れておかなければならない。 中日新聞が「東電慢心 対策先送り」の見出しとともに報道した吉田昌郎元東電福島第一原子力発電所長の調書記載内容には重大な証言が含まれている。 伝聞証拠にはなるが、この資料が重要参考資料のひとつとして取り扱われることになる可能性がある。 最も重大な新事実は、津波対策の不備について、東電の勝俣恒久...

» 続きを読む

2014年9月11日 (木)

原発再稼働は事故影響受ける全住民同意不可欠

9月23日、東京新宿区にある代々木公園で 反戦・反原発中央大集会 が開催されることが決まっていた。 これに合わせてデング熱報道を展開して、代々木公園を閉鎖した。 ウィルスを有するヒトスジシマカを代々木公園に、何者かが放出したことも考えられる。 誰かが人為的にウィルス保有蚊を放出したのでなければ、デング熱の発生源を代々木公園と推測することは難しいのではないか。 真偽のほどは確かめられなければならないが、安倍政権は日本の主権者が正当に示威行動を行うことを極度に恐れている。 原子力規制委員会の田中俊一委員長は、 「原発が安全だとは言わない」 と発言しつつ、原発再稼働を許容している。 このような背徳者は、日本の主権者が罷免できるように制度を改めるべきである。 パブコメなど、何の意味もない。 悪政・暴...

» 続きを読む

2014年9月10日 (水)

天誅下さるべき沖縄県民冒涜する菅官房長官妄言

安倍晋三政権の菅義偉官房長官が、安倍政権が推進している沖縄県名護市辺野古海岸における米軍基地建設について、許されざる暴言を吐いた。 民主主義の根幹をまるで理解しない、横暴な言動を示す菅義偉氏は即刻官房長官を罷免されるべきである。 横暴な政治運営を続ける安倍晋三政権の言語道断の行動が露わになっている。 共同通信は次のように伝えた。 【東京】菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、11月の沖縄県知事選に米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する翁長雄志那覇市長が出馬を表明したことに対し、「昨年暮れに仲井真弘多知事が埋め立てを承認し粛々と工事を進めている。この問題はもう過去の問題だ」と述べ、辺野古問題は知事選の争点にはならないとの見方を示した。 また、知事選で移設反対の候補が勝ったとしても工事には影響...

» 続きを読む

«民意無視の安倍政権暴走は沖縄独立をもたらす

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ