2016年4月30日 (土)

円急騰・日本株急落で気になる連休後金融市場

ゴールデンウィークの連休入りと同時に金融市場の波乱が拡大している。 4月27-28日の金融政策決定会合で、追加金融緩和が決定されるとの観測が広がっていたが、もともと追加緩和策が決定される可能性は低かった。 日銀が追加金融緩和決定を見送ったことで、28日の日経平均株価は 前日比282円高の17572円の高値を記録した後、 前日比638円安の16652円まで下落し、 前日比624円安の16666円で引けた。 下4桁が6並びの数値となったが、 1996年6月26日の終値が22666円となって、これを起点に1998年10月9日の12879円まで2年3ヵ月にわたる株価暴落が始動したことが思い起こされる。 今回の日銀政策決定会合で追加金融緩和が決定される可能性がなぜ低かったのか。 それは、現在の日銀が中...

» 続きを読む

2016年4月28日 (木)

数式版「オールジャパン参院選勝利の方程式」

私たちの目の前には私たちの未来を左右するような重要問題が山積している。 原発、戦争法、TPP、基地、格差 これらの問題について安倍政権はいま、主権者多数の意思とは逆の方向に日本を強引に誘導している。 この現状に対して、多くの主権者が憤りを感じている。 それが 「安倍政治を許さない!」 という言葉に端的に示されている。 問題は、主権者のこの意思を現実の政治に反映させることである。 安倍政権が暴走している直接的な背景は、この政権が衆参両院の多数議席を占有していることだ。 衆議院では3分の2を上回る議席を占有している。 今年の夏に実施される参院選で、安倍政権与党が参院でも3分の2以上の議席を占有するなら、この政権は暴走を加速し、憲法改定に突き進むだろう。 緊急事態条項が制定され、安倍政権がナチスド...

» 続きを読む

2016年4月27日 (水)

安倍政権が全面推進する米国による日本収奪

日本政治のメインテーマは 「日本収奪」 である。 日本政治が日本収奪を推進していることは驚きであり、また悲しむべきことであるが、残念ながらこれが現実である。 日本収奪は三つの側面から推進されている。 1.日本郵政の収奪 2.自衛隊の米軍指揮下への編入 3.TPP 小泉竹中政権が強引に強行した郵政民営化。 その本質は米国資本による日本収奪である。 そして、その収奪利権に多くの関係者がハイエナのように群がった。 その氷山の一角が「かんぽの宿」である。 「かんぽの宿」は日本郵政に帰属する不動産資産のひとつだが、日本郵政は日本有数の不動産所有企業である。 日本郵政が保有する不動産資産も、もちろん日本収奪の重要なターゲットのひとつだった。 元郵政省高官で日本郵政公社常務理事、日本郵政副会長を務めた中央...

» 続きを読む

2016年4月26日 (火)

参院選重要争点は原発・TPP・消費税になる

衆議院補欠選挙結果を受けて参院選に向けての戦略が再度論じられることになる。 自公勢力は薄氷を踏む勝利になった。 本来は、町村氏の弔い選挙であり、娘婿である和田氏の絶対的な有利が伝えられていた。 しかし、結果は僅差での勝利。 TPP国会審議が止まり、熊本地震発生が有権者の心理状態を大きく変化させた。 党首討論もなくなった。 こうした偶然の要素も加わって自民候補が辛勝したが、基本的に互角の勝負になった点が重要である。 したがって、自公勢力としては、 1.共産党を含む野党共闘体制の構築を可能な限り妨害する 2.投票率が高まらないように注力する ことを参院選戦術の基本に据えることになるだろう。 これに対して、安倍自公政権に対峙する勢力は、 1.共産党を含む野党共闘体制の強化 2.投票率が上昇するよう...

» 続きを読む

2016年4月25日 (月)

北海道5区惜敗だったが安倍政治終焉方程式見えた

4月24日に投開票日を迎えた北海道5区と京都3区の衆議院議員補欠選挙は次の結果に終わった。 衆院北海道5区補選確定得票数 当 135,842 和田義明 自新=[公][こ]   123,517 池田真紀 無新=[民][共][社][生] 衆院京都3区補選確定得票数 当 65,051 泉健太 民元=[社]   20,710 森夏枝 維新    6,449 小野由紀子 こ新=[改]    4,599 田淵正文 無新    2,247 大八木光子 諸新      370 郡昭浩 無新 投票率は、 北海道5区  57.63% 京都3区   30.12% だった。 北海道では、安倍政権に対峙する勢力が共闘した。 勝たねばならない選挙であったが惜敗した。 残念であるが、明日に希望をつなぐ選挙になった。 京都...

» 続きを読む

2016年4月24日 (日)

競争社会で見失っている本当は一番大切なこと

昨年の7月21日付ブログに 「「今だけ金だけ自分だけ」の対極にある真の政治家」 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-d103.html と題する記事を掲載した。 メルマガ第1197号タイトルは 「人間の幸福破壊するグローバル強欲巨大資本」 ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ氏を紹介した記事である。 上記記事冒頭にこう記した。 「ホセ・ムヒカという人物がいる。 知っている人はそれほど多くないだろう。 1935年生まれの80歳の男性。 ウルグアイの首都モンテビデオの貧困家庭に生まれた。 4度逮捕され、2度脱獄したが、1972年に最後に逮捕されたときには、軍事政権が終焉するまで13年近く収監された。 このホセ・ムヒカ氏が2010年3月...

» 続きを読む

2016年4月23日 (土)

「安倍政治を許さない!」市民連帯で選挙に勝つ

4月24日、北海道5区と京都3区で投開票日を迎える。 争点は 「安倍政治を許さない!」 の是非である。 この選挙戦のさなかに熊本で大地震が発生した。 そのために、選挙の争点がぼけた感は否めない。 しかし、地震に直結する問題に、原発の問題がある。 北海道でも泊原発の再稼働が計画されている。 北海道5区には自衛隊の駐屯地があり、自衛隊関係者が多数居住している。 政府の職員であるから、基本的には政治権力の決定に逆らいにくい土壌がある。 安倍政権に対峙する主権者は、 「市民がひとつにつながれば政治を変えられる」 の言葉で連帯し、共闘している。 この姿勢が極めて重要になる。 安倍政権与党は衆参両院で多数議席を占有し、横暴な政治運営を続けているが、選挙において主権者多数が支持した政権ではない。 現行の選...

» 続きを読む

2016年4月22日 (金)

サソリ毒に汚染されたTPPという名の地獄行き列車

昨日、4月21日(木)正午から、 衆議院第二議員会館多目的会議室 において、 「TPPを批准させない 4.21院内集会」 http://nothankstpp.jimdo.com/ が開催された。 主催は「TPP批准阻止アクション実行委員会」 で、集会開催に当たっては、 全国保険医団体連合会(保団連) https://hodanren.doc-net.or.jp/ が事務局機能を担ってくださった。 集会では、 TPP阻止国民会議代表世話人、TPP交渉差止・違憲訴訟の会会長で前日本医師会会長の原中勝征氏が冒頭にあいさつをされた。 また、集会の締め括りには、 日本保険医団体連合会会長の住江憲勇氏が、TPPが医療にもたらす問題点の核心について説明をされた。 さらに、TPP批准阻止運動の中心を担われ...

» 続きを読む

«TPP批准断固阻止するため市民が連帯し闘い抜く

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ